2017. 12.31(日)本年も皆様には大変お世話になりまして感謝申し上げます。明年も一所懸命頑張って参りますので、引き続き宜しくお願い致します。
2017. 12.29(金)今回の訪中の最終日、まだまだ仕事です。二階幹事長はじめ幹部の先生方は王毅・外交部長(外務大臣)の朝食会に出席。その後の昼食会形式で支樹平・質検総局長との会談に同席しました。質検総局は、国務院の直属機関で、中国で販売または輸出入される商品の品質や安全性を検査、認証する機関で、動植物の検疫も所管しています。二階幹事長から日本米の対中国輸出拡大と原発事故による食品輸入規制の撤廃・緩和について申し入れが行われ、両案件とも前進が見られる思いますが、詳細は後日、公表の予定です。北京や上海などの大都市では日本食の需要が大きくなっており、日本産米への関心が高くなっているとのことで、日本側として質検総局に対しては真摯かつ迅速に対応していく必要があります。今回の訪中を通じて、二階幹事長の外交力の大きさと相互交流の重要性を実感、立場や主張の違いがあっても、直接会っての交流や対話の積み重ねの中で確固とした信頼関係を築いていくことの重要性を痛感しました。
2017. 12.28(木)午後は、人民大会堂で楊潔篪・国務委員との会見、習近平・国家主席への表敬に同席させていただきました。本当に貴重な体験で、人民大会堂入り口と内部の控え室等の写真、中国側から贈呈された習近平・国家主席との記念撮影写真を私の携帯カメラで撮影したものをご覧下さい。夕方には、李小林・中国人民対外友好協会会長との会見に同席し、唐家璇・中日友好協会会長主催の夕食会に参加しました。
2017. 12.28(木)午前中に二階幹事長の中国共産党中央党校での講演が行われました。「世界の中の日中関係〜日中『共創』の時代」を演題に、田中角栄元総理の日中国交正常化交渉を振り返り、二階外交における中国との関係、防災と国土強靭化での連携の必要性、互恵をさらに深化させて共創へ向けての提言、世界の中の日中関係の位置付け、そして相互信頼と相互理解の重要性を説かれました。会場では約500人の中央党校生(将来の中国共産党幹部候補生)が熱心に聴講し、質疑も行われました。日中国交正常化当時、私は小学校3年生でしたが、NHKの特番ニュースをめぐっての父とのエピソードを思い出し、二階幹事長の講演を聴きながら、亡き父に感謝の念で一杯なり、目頭が熱くなりました。
2017. 12.27(水)午後、福州から北京に移動、北京到着後は、各分野に分かれて先方政府との協議を行いました。私は、住宅・城郷建設部総設計部に伺い、当方からは、「木構造設計規範」(我が国の建築基準法に相当)改定の申し入れを行いました。先方からは、既に改定の決裁は下りており、公布に向けた印刷手続き中で、来年8月1日に施行するとの明確な回答が得られました。我が国ん木材輸出が飛躍的に伸びることが期待され、二階幹事長訪中の大きな成果です。また、先方から2012年以来途絶えている日中農村整備技術交流の再開を強く求めら、これも再開に向けて動き出すと思います。その後、二階幹事長が名門清華大学から名誉教授の称号が授与され、邱勇・清華大学長主催の夕食会に参加しました。
2017. 12.27(水)早朝、朝食勉強会でスタート、私が司会を務め、画家の絹谷幸二先生と和歌山県の仁坂吉伸知事から講話をいただきました。その後、空海大師が唐遣使として中国に向かう途中、嵐に遭い流されて辿り着いた福州で約1ヶ月間滞在して修行した福州開元寺を訪問しました。
2017. 12.26(火)日中与党交流協議会は、福建省の省都福州市で開催され、政治セッションでは、両国与党の使命について活発な意見交換が行われました。引き続き行われた人的・文化交流セッションでは、民意の絆を強化する観点から、両国民間友好基盤を固める必要性を共有しつつ、意見交換が行われました。そして、閉幕式が行われ、今回の協議会の成果として日本側の自民党、公明党と中国側中連部の国際担当部局が詰めに詰めて作成された共同提言が取りまとめられました。この提案の実行に向けて双方で着実に歩みを進めることが大切です。
2017. 12.26(火)武夷山で文化交流会に参加、武夷香江茗苑を訪問し、孔子研究で著名な北京師範大学の于丹教授の「至誠の道は、万邦を調和することになる」という演題の講義を美味しいお茶を飲みながら拝聴しました。近代的な高速道路、新幹線で移動中の田園風景には未整備の農地が広がり、土地改良の視点から中国の今後の解決すべき課題があるような気がしました。武夷山から福建省の省都福州へ移動後の午後からは、第7回日中与党交流協議会の政治セッション、人的・文化交流セッションが行われました。
2017. 12.25(月)経済セッション終了後に廈門から武夷山に移動しました。福建省にある山水の名勝、お茶の名産地として有名で、中国人が一生に一度は訪れたいとされる景勝地。会議の合間の気分転換で九曲渓の筏下りに参加し、感動で心身が洗われるようでした。
2017. 12.25(月)引き続き廈門、7時から朝食勉強会を行い、第7回日中与党交流協議会に出席しました。宋濤・中国共産党中央対外連絡部(中連部)部長、二階・自民党幹事長、井上・公明党幹事長の基調講演の後に、経済セッションが開幕しました。「協力レベルを向上させよう:「一帯一路」建設がもたらすチャンス」をテーマに、榊原・経団連会長のスピーチをはじめ日中双方でスピーチを行い、自由討議を行いました。報道等からの外聞でなく、双方が胸襟を開いで直に交流することが重要であると強く再認識した協議会でした。
2017. 12.24(日)会議の後、鼓浪嶼(コロンス島)を船上から見ることができました。この島は、アヘン戦争後、列強諸国の共同租界が造られた島で、本年世界遺産リストに加えられました。海上からは、厦門の発展の状況がよく理解でき、夜景も綺麗で、日本からの直行便があり、観光客も伸びてきてます。
2017. 12.24(日)中国厦門(アモイ)に到着、早速、廈門自由貿易試験区委員会との意見交換会、第7回日中与党交流協議会に参加しました。中国が強力に推進する一帯一路構想へ日本がどのように関わっていくか、経済界のスタンスを経団連の榊原会長が述べられました。厦門は自由経済特区で、また一帯一路構想の起点であり、既に鉄路でハンブルクなどの欧州の都市と直結おり、その発展は港湾、空港ともに凄まじく、肌で勢いを感じた次第です。
2017. 12.24(日)クリスマスイブですが、第7回日中与党交流協議会に参加させていただき、中国に行って参ります。後日、ご報告いたします。皆様、良いクリスマスをお迎えください。
2017. 12.23(土)天皇誕生日宴会のご招待をいただき、妻とともに皇居に参内させていただきました。素晴らしい経験をさせていただき感激でした。
2017. 12.22(金)今年度補正予算と来年度当初予算の政府案が閣議決定。土地改良関係予算の内容は、既に報告しましたが、私のストレート通信等で改めて関係者にお伝えしました。今日は、自民党TPP・日EU等経済協定対策本部の会議に出席、①TPP11及び日EU・EPAの状況について②日EU・EPA及びTPP11の経済効果分析等について、政府の説明を聞きました。農林水産関係については、分析試算は試算として受け止め、影響と対策をしっかり見極め、状況に応じた機動的対応が重要です。午後からは、明日の天皇誕生日とともに訪中の準備。今日も各地から多くの方々が私の事務所に来られましたが、生憎、不在にしており、失礼しました。
2017. 12.21(木)自民党領土に関する特命委員会・離島振興特別委員会・有人国境離島関係地域の保全・振興を推進する議員連盟合同会議に出席、関係予算案・補正予算案等について意見交換、引き続き離島振興特別委員会で関係予算案・補正予算案について意見交換しました。午後からは、各種予算の分析や各省からの説明、訪中に向けた勉強などを行いました。事務所には今日も多くの方々が来られ、皆さん、予算確保の見通しに本当に明るく生き生きとしています。感謝です。
2017. 12.20(水)自民党地方創生実行統合本部の会議で、①まち・ひと・しごと総合戦略、②平成30年度地方創生関係予算および平成29年度地方創生関係補正予算の状況、③平成30年度地方創生関係税制改正(報告)について意見交換しました。引き続き自民党憲法改正推進本部で、議論の整理と論点取りまとめの意見交換に参加、また、12/24から29まで中国で行われる日中与党交流協議会に向けた勉強会に参加しました。今日も各地から多くの方々が私の事務所に来られました。感謝です。
2017. 12.19(火)午前中に自民党北方調査会北方領土隣接地域の振興等に関するPTで北方領土隣接地域振興対策の現状等について意見交換しました。午後からは、農林関係合同会議で平成30年度農林関係予算について、齋藤農水大臣から財務大臣との折衝結果が報告されました。引き続き農村基盤整備推進議員連盟総会が開かれ、二階会長の下で今年度補正予算と来年度当初予算を合わせて5,800億円(補正1,452億円、当初4,348億円)が確保されることが確認され、今年度分が5,772億円(補正及び当初)だったので、28億円の上積み、それも当初予算での増額となりそうです。これも全国各地の関係者の方々の要請活動と関係国会議員の先生方のご努力、二階幹事長はじめ与党幹部の先生方のご理解など、多くの関係者の思いの結集の成果です。今後は、しっかりと事業効果を出していかなければなりません。
2017. 12.18(月)自民党の各部会で今年度補正予算と来年度当初予算の財務省との折衝状況が報告され、大臣折衝に臨む大臣を激励する会合が開催中です。農林水産関係は、先週終えたので、今日は自分なりに予算の細部と制度の拡充等の内容をチェックしました。今日も各地から多くの方々が私の事務所に来られ、感謝です。
2017. 12.16(土)盛岡で恩師の藤井克己先生(元岩手大学学長)のお別れ会に出席し、弔辞を捧げさせていただきました。まだ64歳の若さでのご他界で残念でなりませんが、藤井先生のご冥福を心からお祈りいたします。大学時代の恩師や事務室でお世話になった方々にもお会いでき、師走の盛岡は、空気がキリット寒かったですが、快晴でした。
2017. 12.15(金)早朝、自民党沖縄振興調査会及び美ら島議員連盟合同会議で平成30年度沖縄振興関係予算編成の意見交換、水産関係合同会議で平成30年度水産関係予算案及び平成29年度水産関係補正予算案の意見交換、平成30年度水産関係税制改正の結果報告を水産庁から受けました。その後、農林関係合同会議で、平成30年度農林関係税制改正、平成29年度補正予算、平成30年度農林関係予算、平成30年度農林水産省組織・定員の4項目について意見交換し、大臣折衝に向けて齋藤農林水産大臣を激励しました。午後からは、自民党女性局幹事会で熊本地震の被災地視察で熊本を訪問、蒲島知事との意見交換、熊本城の復興状況の視察などを行い、最終便で東京に戻ってきました。
2017. 12.14(木)午前は自民党農業基本政策検討委員会で土地改良制度の今後のあり方等について農水省から説明と意見交換、続いて内閣第一部会・内閣第二部会合同会議で、平成29年度補正予算案と平成30年度予算案審議、東日本大震災復興加速化本部総会で「風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略」と平成30年度予算案について意見交換をしました。また、自民党畜産・酪農対策委員会と農林関係合同会議で、平成30年度畜産物価格及び関連対策を農林水産省から報告を受け、現場も財政も厳しい中で、ギリギリの中での調整で現場の意向も反映された結果になり、予算もいよいよ大詰です。昼には、郷土秋田の先輩、金田勝年先生を励ます会に出席しました。
2017. 12.13(水)早朝、自民党畜産・酪農対策委員会で平成30年度畜産物価格等について、引き続き中山間地農業を元気にする委員会で、①現地視察報告②中山間地農業ルネサンス事業の状況等について意見交換しました。私からは、今年度の新規事業の中山間農業ルネサンス事業の使い勝手向上に向けた意見を述べました。昼には、参議院農業・農協研究会の勉強会、続いて農林水産流通・消費対策委員会で米の新規需要の推進について、関係団体からヒアリングと意見交換。午後からは、自民党参議院政審クールジャパン戦略推進PT、税制調査会小委員会と続きました。税制は森林環境税(仮称)創設を含め、ほぼ要望通りの決定、関係者一体のご努力の成果です。事務所には兵庫県議会議員の皆様はじめ多くの方々が事務所に来られ、慌ただしい中にも充実した一日でした。
2017. 12.12(火)早朝、農林関係合同会議、水産関係合同会議で平成29年度補正予算(案)の主要項目として、TPP関連と日EU・EPA関連の対策、防災減災対策など、しっかりとした補正予算措置が議論されました。午後は、税制調査会小委員会で政治的判断を伴う重要案件の処理案が示され、長年の林業関係者の悲願であった森林環境税(仮称)の方向性も明かになりました。その後、参議院農林水産委員会で、畜産物等の価格安定等に関する質疑と畜産物価格等に関する決議を行いました。夕方は、土地改良建設業協会理事会後の懇談会で挨拶、引き続き福井照代議士の政経パーティーに出席しました。
2017. 12.11(月)特別国会も閉会、自民党の各種会合の合間をぬって滋賀県で近畿地区の農業農村構造改革推進研究会で約1時間講演しました。国会で質疑をし、自民党内で都市を基盤とする議員も含め議論を行い、こうした場で講演後に農家や消費者の皆様から色々な意見を伺い、この繰り返しの中でより良い政策の実現を目指していきます。
2017. 12.8(金)早朝から自民党国土強靱化推進本部で国民の保護に資する緊急避難施設の確保についての議論に参加、また、今日は特別国会の実質的な審議の最終日で、参議院本会議が開かれ、各委員会で採決された議了案件が全て可決成立しました。午後は、自民党税制調査会小委員会で、森林吸収源対策に係る地方財源の確保、地方消費税の清算基準、地方税源の偏在是正、たばこ税、観光財源の確保、関税について審議、税制は奥が深く、しっかりと勉強しなければ議論についていけません。会場は緊張感でピリットした中でも大福餅が差し入れられ温かさの感じる一面もありました。今週も張り詰めた日々でしたが、夕方に秋田県横手市長が来られました。
2017. 12.7(木)自民党農林水産業・地域の活力創造本部会議で活力創造プラン(改定案)が示され、サトウキビ等甘味資源作物価格の単価水準維持、農林関係合同会議で予算編成大綱基本方針、農林関係予算編成大綱を審議、参議院農林水産委員会で競馬法改正の質疑が行われ全会一致で可決と続きました。午後は、自民党水田農業振興議連で齋藤農水大臣に予算・制度の要請に伺い、その後、各種打合せを行い、夕方から夜にかけては各種懇談会に出席、今日も楽しく有意義に過ごさせていただき感謝です。
2017. 12.6(水)本日は、終日党務に専念、どの会議も国民生活に直結する重要なもので、沢山の意見が出され、活発な議論が行われました。早朝、自民党野菜・果樹・畑作物等対策委員会で、さとうきび等甘味資源作物をめぐる状況について意見交換、引き続き畜産・酪農対策委員会で畜産物価格をめぐる状況について意見を交換、昼前には自民党米作りプロジェクトの収穫祭に参加しました。お昼以降は、税制関係の会議で、まずは内閣関係合同会議の勉強会、その後、自民党税制調査会小委員会でのいわゆるマルバツ等審議、そして、政調全体会議で、「新しい経済政策パッケージ(案)」についての審議に出席しました。
2017. 12.5(火)自民党政調全体会議で、新しい経済政策パッケージ(案)と平成30年度予算編成の基本方針(案)が示され議論、その後、農林関係合同会議で卸売市場を含めた流通構造の改革のとりまとめ(案)が議論を経て了承されました。昼には、全国漁連・信漁連会長・漁済組合長合同会議で熱い要請をお受けしまし、引き続き水産関係合同会議で卸売市場を含めた流通構造の改革についてのとりまとめ(案)が了承されました。午後からは、参議院農林水産委員会が開かれ、食料安全保障を主なテーマに林業、水産業も含めて、全国の皆様から頂戴したご意見などを集約して約40分間質問しました。偶然にも今日、国会に来られていた私の地元、大仙市協和の方々から傍聴いただきました。
2017. 12.4(月)参議院本会議で、安倍総理はじめ閣僚ご出席の下、平成28年度決算に関する審議が約2時間20分、その後、決算委員会で麻生財務大臣から決算に関する報告、河戸会計検査院長から会計検査の結果報告がなされました。その後、自民党内の会議や事務所内の会議を経て、自民党女性局関東ブロック会議懇談会に出席、華やかで活気のある会でした。
2017. 12.3(日)日比谷図書文化館で開催された「岩手大学三陸復興・地域創生推進機構首都圏向け報告会」に参加、恩師である広田教授のプレゼンでは、地域コミュニティの問題を現地の実例に即して分類、整理され、今後の方向性を示しておられました。津波被害で強制的に失われたコミュニティは、再生でなく創造ということで生活する方々の目線に立って大学、行政などが連携していくことが重要です。人口減少著しい農山漁村集落のコミュニティ対策にも参考になるものです。今日の東京は素晴らしく、久々に日比谷公園を少し散策し、事務所で資料整理を行いました。
2017. 12.2(土) ずっと前からの約束を果たし、秋田の中学時代の仲間が集まる会に出て本当に楽しい時間を過ごしました。同じ会場で多面的機能支払の活動組織の反省会が行われており、挨拶に伺ったら活発な意見交換になり、これまた有意義でした。寒い秋田を後にして夜に帰京しましたら、今日、宿舎の掃除と洗濯をしてもらった妻から近くの紀尾井町清水谷公園の紅葉の写真が送られて来ました。今週も慌ただしかったですが、成果の多い毎日でした。
2017. 12.1(金) 今日から師走、早朝、自民党所有者不明土地問題特別委員会で、対処法案について議論しました。その後、奈良県で土地改良連絡協議会等の研修会で講演し、引き続き京都でも土地改良関係者に講演を行いました。いずれも米政策の今後の動向についてで、多くの方々に真剣にお聞きいただき、感謝でした。奈良では、ご多忙の中、荒井知事を表敬、まさに土地の所有と利用に関する課題について問題提起いただきました。強行軍でしたが、夜に久々に自宅に帰りました。
2017. 11.30(木) 早朝、自民党農林関係合同会議で森林環境税創設に向けた集会、全国より多くの関係者が参集し、同税創設への熱い思いの共有を確信しました。その後、参議院予算委員会に出席、午後からはJA大阪関係者の二階幹事長への要請に同席の後、自民党本部で税制調査会小委員会で森林の吸収源対策に係る地方財源の確保などの審議が行われました。夕方には各種打合せの後、秋田県仙北平野土地改良区役職員研修に参加し、意見交換を行いました。事務所には、茨城県の方々をはじめ多くの皆様が来られ、有意義な一時でした。
2017. 11.29(水) 早朝、自民党農林関係合同会議で卸売市場を含めた流通構造の論点整理議論、その後、北海道農業建設協会・農業土木測量設計協会の皆様と意見交換、引き続き自民党所有者不明土地特別委員会幹部会、卸売市場議員連盟緊急集会に参加と続きました。昼には自民党畜産振興議員連盟総会で日EU・EPAにおける畜産物への影響などについて意見交換、午後には、テレビ中継された参議院予算委員会、全国農地海岸保全協会総会に副会長として出席しました。夕方には秋田県農業委員会の皆様、北海道オホーツク・宗谷地方の農業委員会の皆様との意見交換、懇親会に参加し、地域事情により異なる農業委員会の状況などについて勉強させていただきました。事務所には、今日も徳永北海道弟子屈町長はじめ多くの方々が私の事務所に来られ、感謝です。
2017. 11.28(火) 早朝、自民党憲法改正推進本部で教育関係の意見交換、その後、自民党農業基本政策検討委員会でハウス等の農地の農地法上の取扱い、相続未登記農地の取扱い、米政策の見直しとりまとめの議論を行い、農林関係合同会議で了承されました。午後からは、農林水産関係団体委員会役員会、秋田県選出議員と町村長との意見交換会、北海道農業土木測量設計協会懇談会と続き、また、岐阜県の野島県議会議員、郡上市の市長、市議会議員の皆様はじめ多くの方々から地域の実情を聞かせていただき、勉強になり感謝です。
2017. 11.27(月) 26日は移動日で雪の秋田から快晴の東京に戻り、久々に自宅に帰り散髪して気分を一新。27日は、自民党農林部会税制要望に関して農林・林業対策の勉強会、続いて自民党税制調査会小委員会で各部会重点要望ヒアリングと議論。午後からは参議院自民党幹事長室主催の勉強会と毎日が勉強の連続です。夕方には全国農村整備建設業協会理事会、青森県土地改良関係の方々との懇談会と続き、今日も慌ただしくも充実した一日でした。事務所には今日も多くの方々が来られ、感謝です。
2017. 11.25(土) 娘の高校のグローバル教育の研究会で、高校生と保護者の皆様に、日本の歴史を学ぶこととグローバルな課題への対応について、かんがい排水技術者の立場から、アフガニスタンでのペルシャワール会の中村哲氏の活躍、江戸時代に完成した農業用水の取水技術を交えてキーノートスピーチをさせていただきました。その後、快晴の東京を後に秋田に向かい、大雪で新幹線が一時運休する程でしたが、地元秋田県大仙市協和で行われた国政報告会には支障なく移動でき、御法川信英衆議院議員、石井浩郎参議院議員、中泉松司参議院議員にもご参加いただき、盛会のうちに終えることができました。地元の私の後援会長である茂木隆・大仙市議会議長はじめ、旧協和町から選出されている橋本五郎・大仙市議、渡邉秀俊・大仙市議など多くの方々に感謝です。静かな雪の秋田で、久々にゆっくりと夜を過ごしました。
2017. 11.24(金) 午前中に自民党農林関係合同会議で卸売市場を含めた流通構造の議論、その後、農業基本政策検討委員会でコメを巡る状況について意見交換し、主要論点の取りまとめを行いました。昼間には松山空港に飛び、愛媛県土地改良関係役職員研修会で講演、愛媛は、みかんの大産地ですが、敢えて他の地域と同様、米の話をさせていただきました。同県西条市では、国営で水田の整備が行われており、収益性の高い農業にダイナミックに転換していくことが期待されています。また、愛媛県は今年台風災害があり、災害復旧作業に献身的に従事されている方々を激励し、19時過ぎの飛行機で東京に戻りました。夕食には、愛媛名物の鯛めしいただき、大満足でした。
2017. 11.22(水) 早朝、新たな米政策等に係る秋田選出議員意見交換会、自民党国会対策委員会に出席後、参議院本会議に望みました。昼には国営農業水利事業促進協議会東海協議会懇談会に出席し、愛知県、岐阜県、三重県の方々と意見交換の後、引き続き参議院本会議の各党の代表質問に出席しました。本会議後は自民党水産関係合同会議で卸売市場を含めた流通構造の議論、夕方には秋田県仙北建設業協会の皆様からの要請を受け、意見交換を行いました。今日も事務所を不在がちでしたが、多くの方々が私の事務所を訪問され、感謝です。
2017. 11.21(火) 早朝、自民党農業基本政策検討委員会で農業用ハウス等の税制特例や相続未登記農地について、引き続き農林関係合同会議で卸売市場を含めた流通構造の論点について意見交換、消費者問題・食育調査会合同会議で食品ロスの削減の推進に関する法律案骨子について議論、森林整備・治山事業促進議員連盟では、山地災害の発生状況や新たな森林管理システム等について認識の共有が図られました。今日は、特別国会の参議院本会議で安倍総理の所信表明演説に対する質疑があり、本会議終了後、昼には東日本大震災復興本部で再生支援機構法改正法案の審査、卸売市場議員連盟の勉強会と続きました。三重県漁港漁場協会の皆様の要請もお受けし、夕方には栃木県宇都宮市で栃木県土連農業農村整備を推進する会で講演と、今日も慌ただしい中にも、内容の濃い一日でした。
2017. 11.20(月) 早朝秋田から東京に戻り、各種会議に出席しました。自民党北海道総合振興特別委員会では、H28.8災害への提案・要望、全国土地改良施設管理事業推進協議会通常総会、自民党TPP・日EU等経済協定対策本部ではTPP等関連政策大綱改訂案について意見交換、そして、秋田県大仙市首都圏企業懇話会、河合雅司さん著の講談社「未来の年表」記念パーティ、秋田県農業共済組合連合会懇談会と続きました。今日も多くの方々に事務所に来ていただき、充実した一日でした。
2017. 11.19(日) 秋田で、自民党女性局北海道・東北ブロック会議に出席しました。秋田県連からは小田美恵子女性局長(秋田県議)、原幸子女性局次長(秋田県議)、加藤鉱一幹事長(秋田県議)が出席、出席された各道県の方々から地域毎の多様な課題をお聞きし、本当に勉強になりました。自民党本部からは太田房江女性局長(参議院議員・比例)と白須賀貴樹女性局副局長(衆議院議員・千葉13区)、そして私(女性局次長)の3人が参加しました。会議での熱心な議論の後の秋田県連有志の方々による余興は素晴らしかったです。
2017. 11.18(土) 福島から仙台に移動して高校の同窓会に出席、初対面の方々や案外出身地が近い方、宮城支部長を務めておられる隣のクラスの友人などがおられ、やはり同窓会は良いものです。その後、盛岡に移動して宿泊、駅を降りたら肌を突くような寒さ、懐かしい感覚です。
2017. 11.17(金) 自民党税制調査会勉強会で、約1時間、税制要望のある事項について勉強、引き続き内閣第一・第二合同会議、地方創生実行統合本部に出席、久々に午前中はじっくりと腰を据えて中身の濃い議論や勉強ができました。特に税制では、森林環境税(仮称)の創設が極めて重要かつ緊急な課題であり、地方創生も待ったなしの重要課題で「ひとまちしごと創生総合戦略」改定に向け地に足のついた検討が必要です。午後からは参議院本会議が行われ、安倍総理大臣の所信演説の後、夕方には福島に移動し、福島市長選に立候補している桜田葉子候補の応援を行いました。
2017. 11.16(木) 自民党農林関係合同会議で税制要望重点事項の確認と議論、続いて農業基本政策検討委員会が開かれ、コメを巡る状況について農水省からの説明を聞き、意見交換を行いました。私は一貫して、農家所得の向上を図ることが重要で、食料安全保障の視点からの水田フル活用対策の恒久的実施とともに、それを可能とする土地改良の重要性を主張しており、米価から生産コストを差し引いた所得の最大化を図ることに主眼を置いた政策の実施が大切だと考えています。昼には秋田市長会との意見交換、その後自民党憲法改正推進本部会議、漁港漁場漁村整備促進議員連盟臨時総会、所有者不明土地等特別委員会等へ、夕方には世界かんがい遺産登録証伝達式懇親会に出席し、祝意と敬意を表させていただきました。今日も多くの方々が自民党幹事長室や私の事務所に来られ、多くの課題に対する解決の方向について意見交換しました。
2017. 11.15(水) 自民党農林関係合同会議で、流通構造について自由討論、都市農業関係合同会議では都市農地の貸借の円滑化に関する法律案や特定生産緑地に係る税制改正要望について議論、また、所有者不明土地等特別委員会幹部会では検討状況や運営について意見交換を行いました。午後は、全国の土地改良関係者が一堂に会して「農業農村整備の集い」が開催されました。与野党問わず多くの国会議員の皆様にご臨席いただき、農業農村整備の重要性と予算確保の緊急性について認識を共有できました。その後、齋藤健農林水産大臣と木原稔財務副大予算確保の要請、夜は関係者と懇談会で各地の実状や課題について率直な意見交換ができ、濃密かつ有意義な一日でした。今日も多くの方々が事務所に来訪され、感謝です!
2017. 11.14(火) 早朝、自民党北方調査会で意見交換、その後、農林部会合同会議で卸売市場を含めた流通構造について関係者よりヒアリングを行いました。また、TPP・日EU等経済協定対策本部で、ベトナム・ダナンにおけるTPP閣僚会合の結果について政府側から報告がなされました。夕方には秋田県選出議員懇談会(国の施策・予算に関する提案・要望)が行われ、意見交換を行いました。事務所には、今日も多くの方々の来訪、各省からレクにも来られ、感謝です
2017. 11.13(月) 朝から多くの方々が私の事務所に要請活動に見え、午後には各省からのレク対応。水産や所有者不明土地問題等について深めることができました。また、恒例の島根県農業農村整備事業意見交換会で県議会議員や市町村長の皆様と有意義な意見交換、夜には私の初任地である佐賀県唐津市の方々と懇談(上場(うわば)会に出席)しました。
2017. 11.12(日) 秋田で、参議院議員の石井浩郎先生を励ます会に出席、今季初めてコートを着て新幹線での往復でした。励ます会には、秋田県選出の国会議員衆参5名に私も加えさせていただき6名が参加し、竹下亘自民党総務会長がご来賓として出席されました。参議院議員二期目の石井先生は、自民党秋田県連会長であり、益々のご活躍を期待される会場の盛り上がりでした。途中、盛岡で姫神山が見え、秋田駅周辺でサングラスをかけたウサギちゃんに遭遇。
2017. 11.11(土) 私自身、第3回から出席している思い出深いふるさと会・第33回東京協和会総会・懇親会です。地元大仙市から老松市長、茂木議長はじめ多くの方々が上京、私の兄、姉も出席して久々に兄弟が揃い、妻も叔母も出席し、大変、賑やかな会になりました。和気あいあいの心温まる会、役員の方々には、大変なご苦労をおかけし感謝で一杯でした。
2017. 11.10(金) 一便で羽田空港に戻り自民党本部に直行し、自民党農業政策検討委員会でコメをめぐる状況について農水省からの説明、団体ヒアリング、意見交換を行いました。私からは、現場の農家への農水省情報の伝達不足、水田フル活用対策を食料安全保障の観点から実施すべきことを強調しました。昼には自民党東日本大震災復興加速化本部総会に出席、「東日本大震災からの復興の状況に関する報告」について議論しました。午後からは、福島の安積疏水土地改良区の方々が世界かんがい遺産に認定された施設のPR等で来所、また、久し振りに自分の説明資料のデータ更新や各種補正、来訪された農水省の現役やOBの方々との議論で、頭の中がリフレッシュしました。
2017. 11.9(木) 朝から自民党農林関係合同会議で、平成30年度税制改正要望に関する関係団体からのヒアリングを行い、意見交換しました。森林環境税(仮称)に関する意見が多く出され、私からは、緩むことなく情報共有して気運を盛り上げて不退転の覚悟で同税創設に一致団結する必要性と国と地方との役割分担を明確にしたロードマップの必要性を強調しました。昼前に半島振興促進大会に出席し、熊本飛び、関係団体への挨拶回りの後、熊本県土地改良推進協議会のメンバーとの意見交換、熊本県議会の農村基盤整備促進議員懇話会の先生方との意見交換、熊本県農業農村の集いと、どれも内容が濃くて素晴らしく、濃密かつ有効なスケジュールを組んでいただき、熊本の方々には、本当に感謝です。農業農村の集いには、妻も同席して多くの方々にご挨拶でき、大感激でした。
2017. 11.8(水) 午前中、森英介代議士、林会長と県土連幹部の皆様と共に、千葉県土連の予算確保の要請活動に同席して麻生財務大臣室に伺いました。その後、特別国会の開会式、午後は、長崎県土連の皆様の二階幹事長への要請活動に同席しました。事務所には、秋田林業土木連合会の皆様や宮城県の土地改良関係の方々など多くの方々が来られましたが、農水省などからのレクのため、要請への対応に時間が取れずに失礼しました。
2017. 11.7(火) 都市農業の現場の課題を勉強のため、大阪府泉佐野市に伺いました。都市農業と言えば首都圏、それも東京の農業が注目されがちですが、東京と大阪の農業は異なります。設立50周年を迎えた泉佐野市土地改良区は、約70ヘクタールの受益地の殆どが市街化区域内農地で、農地や水利施設の整備は国庫補助が適用されず、基本的には大阪府単独事業で対応してきました。都市農業に関しては、2015年(平成27年)4月に都市農業振興基本法が制定され、都市農業の政策的な位置付けが変わり、多様な役割を適切に発揮できるように都市農業の振興を図ることが明確に位置付けられ、今後、税制、予算制度等の充実を図っていくことが必要です。現地視察や意見交換会の結果等を踏まえてしっかりと対応していきます。それにしても水ナスの漬物は絶品でした。
2017. 11.6(月) 長野県内4か所で国政報告会を開催。東信地域は東御市、南信地域は伊那市、中信地域は松本市、北信地域は長野市での開催、コメ政策に関する話を中心に講演、熱心にお聞きいただき感謝でした。合間に、昨年ご逝去された中原前長野県土連会長(元駒ヶ根市長)の仏前にお参りをさせていただき、ご冥福をお祈りいたしました。秋晴れの中、南アルプスの眺望は感動的でした。
2017. 11.5(日) 敬愛する秋田の大叔父が亡くなり、弔問に伺いました。祖父の末弟で96歳での大往生でしたが、私は祖父の弟で20歳代で川崎市で亡くなった大叔父によく似ており、大変可愛がられました。大叔父の生まれた年・大正10年(1921年)は、平民宰相といわれた原敬氏が東京駅で暗殺された年で、大叔父は大変な激動の時代を生き抜いたのであり、ご遺体に最敬礼し、心から感謝し慰労させていただきました。故郷秋田はまさに秋本番、季節は確実に巡っていきます。みちのくの小京都角館は、そろそろ冬支度の様相でした。
2017. 11.4(土) 自民党米作りプロジェクトで稲刈りです。青梅の水田で二階幹事長、林幹雄幹事長代理、金田勝年幹事長代理、西川公也元農水相、森山裕元農水相、野村哲郎農林部会長はじめ13名の国会議員と栽培管理を行っていただいた農家の方々、JA西東京の関係の皆様など総勢50名を超える賑やかな稲刈りでした。久々に手刈り、約40年振りに1条刈バインダーを操作、ハサ掛けも久し振りに行い、額に汗をしている農家の方々のご苦労を共有することが大切だと改めて実感しました。青梅の水田は、10アール区画で収量は10アール当たり6俵(360kg)強だとのことですが、度重なる台風にも倒伏させることなく立派に栽培管理された農家の方々に感謝でした。秋の晴天の中での稲刈りは遠い昔の田舎の雰囲気そのもので懐かしく、微笑ましく、心温まる一日を過ごさせていただき、只々感謝、宿舎での洗濯まで充実感いっぱいでした。
2017. 11.2(木) 久々に自民党内での会議です。は林政対策委員会、農林・食料戦略調査会、農林部会合同会議で各案が議論され了承されました。私からは、森林環境税(仮称)の創設に当たり、その使途について市町村の弱体化している体制支援に充てることができるように要望しました。午後からは、TPP・日EU等経済協定対策本部が開かれ、4つの議題について、政府側の説明に対して質疑がなされました。私からは、②総合的なTPP関連政策大綱の改訂に関連して自民党の政権公約の実現が重要で改正大綱に基づく補正予算の措置が不可欠であることを述べました。
2017. 11.1(水) 11月です。特別国会が招集され、初めて首班指名の投票をさせていただきました。この国の平和と安寧、国民の健康と繁栄を祈りつつ、しっかりと投票いたしました。衆参の本会議前に自民党の両院議員総会、昼には自民党本部前での岡山フェアに法被を着て応援、夕方には、田村憲久先生の政経パーティーに出席と続きました。
2017. 10.31(火) 長崎県農業農村整備事業推進大会で講演、その後、長崎県土連設立60周年記念式典と祝賀会に出席し祝辞を述べさせていただきました。推進大会の講演は30分の時間を頂戴し、我が国の食料と農業、特に米政策について私の持論をお話しし、800人を超える方々から熱心にお聞きいただき感謝でした。各都道府県に土地改良事業団体連合会が設立されたのは、昭和32年の土地改良法改正に基づくもので、長崎県土連は本邦第1号の認可により昭和32年に設立され、長崎県の土地改良にかける熱意が伺えます。祝賀会では地元の諫早農業高校生による太鼓が披露され、お祝いムードが最高潮、私の妻も参加させていただき、多くの方々にご挨拶出来、準備等にご苦労された長崎土地連の方々をはじめ多くの関係者の皆様です。こうした推進大会や記念式典、祝賀会を通じて関係者の意識の共有し、先人へのご努力と敬意を払いつつ、今後の展望を描いていく上で意義深いものだと感じた次第です。
2017. 10.30(月) 新潟県長岡市で執り行われた故長島忠美先生のお別れ会に参列しました。旧山古志村長としてのご活躍は全国的に有名ですが、最後にお会いしたのは、8月5日の新潟県柏崎市でした。三富佳一県議の地方議員在任50周年記念式典に自民党新潟県連会長として出席されており、「俺の挨拶は短くするから、進藤さんにその分やるから。しっかりやってよ。」と温かい配慮の言葉をいただき、帰りに握手したのが最後となりました。後継の泉田先生と連携させていただき、農業農村政策をしっかりと受け継ぐことをお誓いし、長岡を後にしました。帰京後は、土地改良大分女性の会の皆様と意見交換し、青森県の森林組合連合会の皆様、土地改良事業団体連合会の皆様、熊本県土地改良事業団体連合会の皆様と懇談いたしました。
2017. 10.29(日) 自民党米作りプロジェクトの稲刈りの予定でしたが、台風の影響による雨で順延、雨の日を利用して自宅で衣替えをし、夜になってから宿舎に運び込みました。冬に向けて身体もならしていかなければなりませんが、大好きな秋が短くなった気がして残念です。
2017. 10.28(土) 富山県で高岡市土地改良区総代会研修会で米政策について講演の後、大学の同窓の皆様と鳥獣被害や人手不足の中での草刈り作業の困難性など富山の中山間地域の厳しい現状と対応策について意見交換しました。夕方には富山県耕地課設立90周年記念祝賀会に出席しました。これまでの富山の土地改良の歩みがスライドや冊子で取りまとめられており、素晴らしい祝賀会でした。120名を超える方々が参加し、先輩から現役の後輩に歴史を語り継ぎ、更に新たな展開を模索する温故知新は極めて意義深いことです。農水省から出向された方々も出席され、沢山のエピソードなどの思い出話に花が咲いていました。
2017. 10.27(金) 今日も在京で事務所を中心に各種打合せです。各地から多くの方々が事務所に来訪され、感謝です。いよいよ特別国会、緊張感をもって臨んでまいります。
2017. 10.26(木) 終日事務所で執務をしました。今日も多くの方々が事務所にお見えになりました。各地域における事業の必要性や効果を分かりやすく説明いただき、いつも感心します。こうした説明を受けた地域に実際に足を運ぶこともありますが、現場で自分の目で見ると、また違った感覚で事業を捉えることができるケースが多いと感じてます。全ての地区に足を運ぶのは困難ですが、可能な限り自分の目で見て耳で聞いて、次になすべきことを一緒になって考えていくことが大切だと思います。

2017. 10.25(水) 静岡県沼津市で、約4,300人参加の第40回全国土地改良大会静岡大会に出席しました。大会前に都道府県水土里ネット会長会議が開催され、私からは、全国を巡回しての農政の感触として最も関心が高い米政策について状況説明や私の考えを報告しました。土地改良大会は、二階会長、川勝静岡県知事、杉山静岡県議会議長など多くの方々が参加され、大盛況でした。事例発表も懇親会も素晴らしく、会場は華やかで明るい雰囲気、小谷あゆみさんの司会も素晴らしかったです。来年は、宮城県での大会、会場には伊達政宗公に扮する武者も歓迎に来られました。
2017. 10.24(火) 全国土地改良政治連盟理事会で、今回の衆議院選挙の総括を行いました。私の参議院選挙後の状況も含め各地から色々な意見が出され、有意義な理事会でした。今日も各地から多くの方々が事務所に来訪されました。感謝です!夕方には、山本有二前農林水産大臣の政経パーティーに出席しました。厳しい選挙戦を通じて、高齢化等によるここ数年の農山漁村の急速な衰退を実感された旨のコメントがありました。全国の農山漁村で同様なことが起きていますが、これを肌で実感し、課題の重さと深さを受け止め、山本前大臣のご指導も賜りながら、今後の対策を進めてまいります。
2017. 10.23(月) 久々に議員会館の事務所です。総数で10議席減の状況下で改選前議席と同じ284議席をお預かりしたという凄い結果となりました。これも同志の皆様が懸命にご自身の政策を有権者の方々に訴えご理解をいただき、ご家族も含めて支援者の皆様の献身的なご努力の成果だと思います。個人的には、議席は個人のものでなく、主権者たる国民の皆様からお預かりしたもので、その歴史と重みを片時も忘れることなく、国家、国民のために仕事をしなければならないと、自らに言い聞かせています。
2017. 10.22(日) 投票日です。昨夜、最終便で秋田から羽田空港に戻り、宿舎に帰りました。今日は、横浜の叔父の3回忌の法事で妻と息子の3人で伺いました。妻には久々に会いましたが、愛犬も含め家族の健康に感謝です。また、姉や叔母、従兄弟達にも会え、ようやく日常に戻った感じでした。叔父の冥福を祈りつつ、自宅に帰り衆議院選挙と柏市長選挙の投票を行いました。妻の話だと期日前投票は相当混雑していたとのことですが、今日はスムーズに投票を終えることができました。投票締め切り後、続々と開票結果が伝えられ、政権与党の安定多数が確実。ご支持いただいた多くの皆様に感謝で一杯です。
2017. 10.21(土) 衆議院選挙まであと1日、秋田で午前中は御法川信英先生、午後からは富樫博之先生の応援を行いました。秋らしい中での選挙戦最終日でしたが、今まで触れたことのない秋田の素顔を見ることができたような気がします。最後は、富樫先生の事務所で締めの挨拶をさせていただき、最終便で東京に帰りました。
2017. 10.20(金) 宮城県、岩手県の応援に回りました。宮城県大崎市内と涌谷町内において勝沼栄明先生の応援を行いました。街宣車から農地の整備状況や水利施設の状態が目に入りましたが、やはり施設の老朽化が顕著で、対策の必要性が高まっています。午後からは盛岡に移動し、高橋ひなこ先生の応援を行いました。庁前で街頭演説、矢巾町内5ヶ所で行われた個人演説会で応援演説を行いました。夜に盛岡を後にして秋田県大曲に宿泊しました。
2017. 10.19(木) 熊本で、野田毅先生、坂本哲志先生の選挙事務所に激励に伺い、木原稔先生の応援を街頭で行いました。午後からは、2017ため池フォーラムin熊本に出席し、全国ため池等整備事業推進協議会会長代行の初仕事として祝辞を述べさせていただきました。ため池は老朽化や耐震不足などの課題、歴史、伝統文化との関わりの深さ、などから全国一律でなく地域特性を踏まえた整備のあり方やため池の多角的な機能を増強しつつ後世に引き継ぐことが重要です。
2017. 10.18(水) 朝一便、北九州空港経由で北九州の中山間地域の状況や古賀市の都市近郊農地、 筑後川中流域の農地、大木町の低平農地など多様な福岡の農村地域を一日かけて廻りました。行橋では、キャッチボール通信を読んでおられる婦人から声を掛けられ、感謝、感激でした。夜は、熊本に移動し、熊本地震からの復旧・復興の集いに参加、多くの農業土木技術者が全国から支援に駆けつけていただき、本当に感謝です。そして、八代に移動して尊敬する金子恭之先生の選挙事務所に激励訪問させていただきました。
2017. 10.17(火) 昨夜のうちに高知から羽田空港経由で新潟まで移動して朝から活動です。うってかわって晴天の秋空ですが、新潟も稲刈りが大幅に遅れ、クズ米が2割近く出ているとの話も聞きました。新潟でも米の平成30年度問題について、自分なりの考えをお伝えしました。米の輸出振興を図る話題や水田フル活用の推進に関する話などもお聞きし、水田整備などの土地改良の計画通りの実施が不可欠との強い要請がありました。
2017. 10.16(月) 高知では、農業関係者から、TPP参加に踏み切った現政権への不信感が大きいとの声がありました。例外なき関税廃止のTPPの原則に風穴を開け、各国のセンシティブな品目に配慮することが確認されたことから参加に舵を切ったと説明しても、納得してもらえないのが実情です。こうした不信には、対策の内容なども含めて丁寧な説明が必要であることを痛感しました。
2017. 10.15(日) 朝一便で庄内空港から羽田空港に戻り、千葉県内を回り色々な声をお聞きしました。米の生産調整については、やめるのではなく、飼料用米や大豆、麦などを水田に作付けする場合の助成措置である水田利用の直接交付金は、水田フル活用対策として、拡充、継続される予定です。自民党の政権公約では、これらの助成を恒久的に確保と明記しており、現場に広がる不安を払拭する努力が必要です。雨の千葉を後にして、南国高知に向かいました。
2017. 10.14(土) 午前中は秋田の南秋田郡で金田勝年先生の応援、午後からは山形県酒田市に移動し加藤鮎子先生の応援をさせていただきました。庄内地方も稲刈りが遅れてます。特に直播の米は、刈り取りが遅れているようです。
2017. 10.13(金) 秋田で、御法川信英先生の応援に駆けつけ、県南を回りました。秋らしい天気でしたが、稲刈りが遅れ気味です。夜は、高校の同窓会な初めて参加、懐かしい先生方や先輩、若い後輩の方々にもお会いできて有意義な会で、昨年の参議院選当選のお祝いとして、お米をいただきました。感謝です。
2017. 10.12(木) 宿泊した北見を後に、移動途中で徳永弟子屈町長のご配慮で国営農地防災事業の現場を視察、事業実施済みの農地と未実施の農地では格段の差が見られ、事業効果を目の当たりにしました。その後、釧路で伊東良孝先生の応援を、帯広で中川郁子先生の応援を行いました。
2017. 10.11(水) 新千歳空港から札幌市内に向い、高木宏壽先生、吉川貴盛先生の応援、再び新千歳空港から女満別空港を経て網走、北見と武部新先生の応援を行いました。そろそろ冬支度の雰囲気の中、先生方のご健闘をお祈りするのみです。
2017. 10.10(火) いよいよ衆議院選挙公示。私としては、農林水産業関係の各党の公約を比較する中で、自民党の公約の目指す方向と実現可能性をしっかりと説明し、ご理解を得ながら、多くの選挙区を回り応援する予定です。今日は、京都から滋賀に移動し、三重県を訪問、滋賀では、街頭で小寺ひろお候補の応援を行いました。
2017. 10.9(月) 和歌山県で、素晴らしい天気の中、県内の土地改良関係者に農政の動向について講演を行いました。その後、大阪、京都で衆議院選挙に向けて開設している先輩議員の事務所を訪問し、激励させていただき、京都の伊吹文明先生の事務所を訪問、実物大の伊吹先生にお出迎えいただきました。
2017. 10.8(日) 兵庫県内を巡回、朝から丹波市、宍粟市、三田市、たつの市、南あわじ市等の土地改良関係者にコメ政策等について講演しました。晴天の中、多くの方々に熱心に私の話をお聞きいただき感謝でした。夕方、新神戸駅から新大阪経由で和歌山県みなべ町に移動し宿泊です。
2017. 10.7(土) 愛知県で、前衆議院議員の伊藤忠彦先生と鈴木淳司先生にもご同席いただき、JAあいち知多で行われた農政勉強会で講演をさせていただきました。私の持論・食料安全保障に基づく我が国の農政のあり方について、考え方をご披露し、多くの方々に熱心にお聞きいただき、感謝でした。食料をキーワードに芋づる式に出てくる多くの課題や問題点の丁寧な解決の大切さ、大地、水、気候などまだまだ人智の及ばないものへの謙虚さなどを考えながら、私の思いを語りました。その後、兵庫県篠山市に向かいました。
2017. 10.6(金) 栃木県で、土地改良関係者と懇談、土地改良予算の動向、米政策の展開方向などを説明し、意見交換。今年の栃木は、まだ稲刈りが終わってない地域も見られ、夏場の天候不順で収量の落ち込みが心配されます。自民党農林・食料戦略調査会長・西川公也先生のご活躍の様子や今後の更なるご指導の必要性などもお伝えし、長野県佐久市で木内均先生の決起集会で応援演説の後、名古屋に移動しました。
2017. 10.5(木) 地元秋田で、朝から大仙市内を挨拶回りして、御法川信英先生の選挙事務所に伺いました。いよいよ闘いの始まりです。大仙市での集会の後、大館市まで移動、二階幹事長に同行、菅官房長官も出席され、金田勝年先生の決起集会に臨みました。集会前に大館市の子供たちと二階幹事長が親しく交流、激務が続く中で子供たちを包み込む幹事長の優しい笑顔が印象的でした。集会後に青森空港から羽田空港に帰ってきました。
2017. 10.4(水) 仙台市で土地改良関係の懇談会を行った後、同志である勝沼榮明先生の石巻市での決起集会に二階幹事長に同行しました。勝沼先生は、医師であり元陸上自衛隊予備自衛官でもあった気骨のある政治家で、自民党北海道連主催HOKKAIDO政治塾参加で衆議院比例北海道ブロック、自民党宮城5区支部長として比例復活で2期目の当選を果たされ、今回の衆議院選にチャレンジ予定です。勝沼先生の更なるご活躍を祈りつつ、秋田県大曲に移動しました。
2017. 10.3(火) 快晴の中、土地改良関係の方々に国政報告を行いました。とかく農政は米政策に偏り過ぎとの意見もありますが、果樹王国山梨にとっては樹園地整備をはじめ果樹振興政策の充実が欠かせません。今日お聞きした色々なご意見を今後の政策形成に活かしていきます。山梨の皆様、本当に有り難うございました。
2017. 10.2(月) 午後、地元の千葉県柏周辺の土地改良関係の方々に国政報告、お忙しい中で、お集まりいただき感謝です。夕方、事務所には京都大学の渡邉教授、Com aquaの河合局長、熊本大学の濱准教授も同行され、農業農村工学を取り巻く国内外の学際的な状況について、貴重な情報をご教示をいただき意見交換しました。
2017. 10.1(日) 秋田市で開催された自民党政策集団「水月会」のセミナーに参加、所属する富樫先生の激励に伺いしました。石破先生の講演もあり、秋田の方々に語りかけるような説得力のある政策論であり、勉強させていただきました。秋田から東京に移動して、秋田県人会連合会芸能大会懇親会に駆けつけ、懐かしい秋田民謡を思い出しまながら、亡き祖父や父、近所の方々の顔が浮かび、自分を育ててくれた方々に感謝の日でした。
2017. 9.30(土) 大分で、自民党大分県連政治塾で、約40名の塾生に食料安全保障の必要性を中心に我が国の食料と農業について約40分講演しました。地方議会の議員の方々や学生も参加してましたが、食料安全保障の視点を踏まえ、農業と農村の振興をしっかりと担っていただく政治家になっていただくことを期待しています。折角の大分、国土交通省の直轄ダムである大分川ダムの工事現場や竹田市はじめ県内の農村地帯を視察、帰路には、木付親次県議に大分空港まで送っていただき、宮城県ご出身の奥様が主導しておられる「ふるさと市場R213」で記念撮影しました。国東地域で採れた新鮮な農産物や加工品が一杯でした。
2017. 9.29(金) 長崎県で、畑地帯総合整備事業で整備された飯盛、三会原、有喜南部、山田原地区などを視察しました。畑地の整備(区画整理と水の確保)を契機として、じゃがいも、大根、生姜、花などの作付が盛んになり、後継者が多く残って地域の活気が出てきており、子供の数が増えている地区もあります。日頃から土地改良の必要性を熱く語っていただいている加藤寛治先生にもご同行いただき、地方創生に果たす土地改良の効果を噛みしめながらに大分に向かいました。
2017. 9.28(木) 衆議院が解散されました。私も農林水産業や農山漁村の振興政策を中心に可能な限りご説明し、自民党の政策にご理解いただき、ご支援が得られるように努力する覚悟です。午後からは、予定通り長崎に向かい、波佐見町で開催されている全国棚田サミットに出席、超党派国会議員の棚田振興議員連盟を代表して、鶴保庸介会長(参議院議員)からのメッセージを届けました。農林水産省中山間地域振興課長当時に出席が叶わなかった素晴らしいサミットに参加でき、多くの旧知の方々ともお会いして、感無量でした。
2017. 9.27(水) 午前中の各種打合せに続き、午後一番に自民党水産関係合同会議に出席、水産物の卸売市場の現状など食品流通を巡る状況について、農水省からの説明、関係団体の皆様の要望などをお聞きし、机上論ではなく、常に「血が通う」市場、物流の大切さを実感しました。その後、宮城県に移動し、土地改良関係のサマーセミナーで講演、私なりの食料安全保障の考え方に基づく米政策の方向性を話しました。宮城の方々の真剣な眼差しを忘れることなく、緊張感を持って更に研鑽して参ります
2017. 9.26(火) 午前中に自民党水田農業振興議員連盟総会で、水田農業政策の確立に向けて意見交換。 私からは、水田フル活用施策を食料安全保障の観点から政策的に位置付け、骨太の政策体系を示すことの重要性を訴えました。午後からは、宮崎県を訪れ土地改良関係者と意見交換、慌ただしい中にも、自分なりの政策的な考えを整理できた一日でした。
2017. 9.25(月) 熊本で土地改良関係者との意見交換を行い、財務副大臣・木原みのる(稔)代議士の政経セミナーに出席しました。熊本県民の期待が大変大きく会場は超満員。益々のご活躍をご期待申し上げ、熊本の皆様方の熱いご支援をお願いします。夕方には、荒木泰臣嘉島町長の全国町村会長ご就任のお祝いの会に出席しました。熊本県土地改良事業団体連合会会長を務められており、多くの土地改良関係者がお祝いに駆けつけ、私自身も熊本県在職当時から今に至るまで温かくご指導いただきました。荒木会長の益々のご活躍とご健勝をお祈りいたしております。また、全国町村会の藤原忠彦前会長(長野県川上村長)も、長野県土地改良事業団体連合会会長であり、これまでのご労苦に感謝と今後のご指導をお願いする次第です。翌朝の会議があり、最終便で帰京です。
2017. 9.22(金) 自民党女性局役員会に出席、引き続き次長を拝命、農林水産業と農山漁村の振興を図る上で女性の視点や活躍を今後も重視していきます。午後からは、秋田で開催された金田前法務大臣を慰労する会に出席しました。「テロ等準備罪処罰法」の成立に尽力され、我が国の「国際組織犯罪防止条約」(TOC条約)の締結、発効に貢献されたほか、120年振りの民法改正と110年振りの刑法改正も成し遂げられた金田前法務大臣には、郷土秋田の先輩としてのご労苦に最大限の敬意を捧げさせていただきました。久々に飛行機から雲間の鳥海山を見ることが出来ました。
2017. 9.21(木) 午前中、自民党農林関係合同会議で時国会へ提出予定の農林水産省関係の3法案の審議を行い、流通を巡る情勢について意見交換しました。何れも重要法案であり、党内で議論と手続きを進め、どのような局面でも早急に国会に提出できるように環境整備しておくことが重要です。午後は、茨城県土地改良事業団体連合会の山口武平会長にお会いし、96歳を超えておられる山口会長の豊富なご経験から、大所高所のご指導を賜り、益々のご健勝をお祈りしつつ、茨城を後にしました。
2017. 9.20(水) いよいよ秋の雰囲気、今日は自民党憲法改正推進本部で緊急事態条項の議論、その後、都市農業対策委員会、都市農業研究会合同会議で都市農地の賃借の円滑化に関する法律案の条文審議を行いました。夕方には、山形県土地改良事業団体連合会の佐貝会長がお見えになり、意見交換、その後、チリ共和国独立207周年祈念祝賀レセプションに出席しました。パトリシオ・トーレス大使ご夫妻がお出迎え下さり、感激でした。生憎、所用があり短時間で退席しましたが、微力ながら両国間の友好増進に尽力させていただきます。
2017. 9.19(火) 列島縦断の3連休大型台風18号の被災された方々に心からお見舞い申し上げます。午前中に今臨時国会に提出予定の農林水産省関係の法律、昼には卸売市場議連で卸売市場の抜本見直しの勉強を行いました。夕方には、東北土地改良建設団体連絡協議会の皆様と意見交換、実際の現場で何が起きているか、課題解決に何が必要なのか、多くのことを考えさせられました。
2017. 9.16(土) 故郷・秋田県大仙市で過去最多の185チームの参加した第39回全県500歳野球大会開会式に出席いたしました。少年野球発祥の地と言われる大仙市では本当に野球が盛んで、私もこうした環境で幼いときから育ってきました。開会式では花火の街らしく昼花火で開会に花が添えら、私の実家のあるチーム、NN(農業農村整備)野球団も出場、私と同年代以上の方々のプレーに大いに刺激を受けた素晴らしい大会でした。午後からは、予定を変更して急遽、盛岡に行き恩師の故藤井克己先生の通夜に参列いたしました。藤井先生は岩手大学学長、岩手県総合計画審議会長や東日本大震災津波復興委員長、いわて産業振興センター理事長などを歴任されましたが、64歳の若さでのご逝去で、残念でなりません。温厚な藤井先生のご冥福を心からお祈りいたします。
2017. 9.15(金) 山梨県で、土地改良の建設関係者と、その後、土地改良区理事長の皆様と意見交換を行い、土地所有者不明土地の問題や水利権の問題、中山間地域振興の問題など幅広く奥の深い課題が話題となりました。午後からは、やまなし水土里ネット女性の会発足式で挨拶、引き続き土地改良関係者に国政報告を行い、果樹王国山梨県ですが、敢えて米政策の現状と方向性を話題に据えました。会場からは、土地改良区の果たす役割と施設管理に要する農家負担軽減の重要性を強調するご意見などが出され、山梨での色々なご意見は、この国の農業・農村の将来を真剣に考えた地域の生の声としてしっかりと受け止めさせていただきます。夕方には東京経由で一気に秋田へ移動です。
2017. 9.14(木) 山口市内の名田島地区を視察、同地区は藩政時代からの干拓地で圃場整備がなされた地区は耕地利用率が200%ですが、既存の排水施設の老朽化対策とともに排水施設の新設も検討されるなど排水対策が課題です。山口県の学校給食は、名田島で生産された米と麦(パン)で賄われており、素晴らしいことです。その基盤を支えているのが土地改良であり、しっかりとした対策を講じなければなりません。その後、土地改良事業団体連合会女性の会総会後の講演、昼からは下関管内と美祢管内で国政報告会を行いました。台風の通過が予測され、農作業が忙しい中で、多くの方々にお集まりいただき感謝、あらためて故吹田県土連会長のご冥福をお祈りしながら山口を後にしました。
2017. 9.13(水) 都市農業振興の予算や税制、法律等の勉強、与党技術士議員連盟関係の打合せの後、秋田に向かい、秋田県農業公社主催の農地中間管理事業現地研修会で講演しました。故郷であり米の大生産地の秋田で、米政策を真正面から議論することは、やや勇気がいることですが、米の平成30年度問題をどのように捉え、どう乗り切るのか、答えは一つではないでしょうし、地域地域の実情に応じて答えは複数あるのかもしれません。また、食料安全保障の観点から我が国の食料供給の体制整備の制度と予算というロジックが重要で、骨太の中心論を国民の皆様にご理解いただくことも不可欠です。事例発表も素晴らしいものでした。皆で頑張っていかなければなりません。秋田から羽田経由で山口へ、機内から霞ヶ浦、利根川、印旛沼が綺麗に見え、機内のコーヒーブレイクで一息です。
2017. 9.12(火) 島根県東部地域の安来、松江、雲南、出雲、斐伊の各地区で5会場で私の国政報告を行いました。稲刈り前のお忙しい中、多くの方々にお集まりいただき、米政策や中山間地域振興、林業政策に至るまで幅広く現状と今後の展望を報告、熱心に私の話をお聞きいただき感謝で一杯でした。島根県は中山間地域が多く、色々なご意見も賜り、農山漁村の維持なくして我が国の国土の維持はできず、島根の景色を見て島根の方々と交わり、農山漁村は日本の命綱の思いを強くしました。引き続き強く訴えて参ります。
2017. 9.11(月) 午前中、全国ため池等整備事業推進協議会総会に出席、故吹田会長の後任に西村康俊兵庫県土連会長が選任され、私は副会長に就任、直ちに会長の職務代理を仰せつかり、農村地域の防災減災対策にとって重要なため池対策への重責に身の引き締まる思いです。午後からは、鳥取に飛び土地改良関係者と意見交換を行い、八頭町の田中農場で田中会長と意見交換しました。貴重な現場の声を得て、私の考え方を自らチェックしつつ、因美線郡家駅から鳥取駅経由で松江に向かう列車の車中で、改めて今後の農政の方向性を自分なりに展望。鳥取の皆様に感謝です!
2017. 9.10(日) 釜石市から新花巻駅、大宮駅を経由して富山に向かい、富山県土地改良事業団体連合会の故河合常則会長の約千人が参列された荘厳な通夜に出席しました。喪主であるご子息の挨拶の中で会長の日記が紹介され、地方を思う政治家河合会長の真髄を垣間見、ただただ感動するのみで、自らを省みつつ河合会長のご冥福をお祈りして東京に戻りました。
2017. 9.10(日) 宮古市に宿泊して引き続き岩手県の漁港調査、まずは鈴木俊一大臣のご地元・山田町役場に伺い、甚大な津波被害から復興した「鯨と海の博物館」視察後、釜石市の箱崎漁港を訪問しました。箱崎地区では日頃の訓練の賜物で小中学生に犠牲者が出なかった訓練の重要性を認識、漁港では、ご婦人の皆様が美味しいイカ焼きやホタテ焼きなどをご馳走してくれ、ご婦人の皆様の温かい笑顔を頼もしく感じつつ、早期の復興を心に誓いました。その後、私は途中で離脱し富山に向かいました。
2017. 9.9(土) 自民党漁港漁場漁村整備促進議員連盟の現地調査で岩手県宮古市を訪問、宮古市魚市場で昼食をとり、東日本大震災で大きな被害を受けた田老地区を視察しました。たろう観光ホテル跡での津波の映像、宮古観光文化交流協会の「学ぶ防災ガイド」の取組、防潮堤の建設を視察、津波による惨事が二度と繰り返されることがない対策の必要性を痛感、また宮古市重茂漁港での漁業協同組合の方々、女性部や青年部との意見交換では、水産業や漁村の振興に漁港の果たす役割は極めて大きいことを身をもって痛感しました。
2017. 9.8(金) 栃木県、青森県、岩手県の土地改良関係者と意見交換、今夏の日照不足で東北地方の太平洋側の稲の作柄について、青森県、岩手県の一部地域でやませの影響、宮城県県北の中山間地域では不捻等による減収の声がが聞かれる等の話題があり、今後の収穫の状況を注視する必要があります。今日は、久々に盛岡に宿泊、岩手山には雲が、北上川の流れは、今も昔も変わりません。
2017. 9.7(木) 早朝、秋田県横手市の山城水系土地改良区の役職員の皆様と面会、先般の秋田の豪雨災害で被害を受けた水田の今後の農業経営の継続と発展に向けてのほ場整備の新規事業化について理事長から改めて強い要請がありました。午後は、滋賀県土地改良事業団体連合会の皆様から予算確保の要請、米政策の展開方向に対する不安の声、農業水利施設は老朽化の課題等を詳しくお聞きしました。夕方には、都城市出身の故持永和見元衆議院議員の通夜に妻と参列、感謝とご慰労の心を込めて、ご冥福をお祈り致しました。
2017. 9.6(水) 宮城県美里東部土地改良区の阿部理事長、役職員の皆様が国会に来られ、勝沼榮明代議士とともに、土地改良から農政一般、経済政策、水田活用の直接支払交付金の問題など広範な意見交換を行いました。その後、超党派の棚田振興議員連盟総会で、来年度の関連予算の要求状況、月末の長崎でのサミット等について意見交換、私からは、既存制度から考えるのではなく、現場で棚田へのビジョンを検討し、それに即した制度の制改定の必要性を述べました。午後からは、青森県土地改良事業団体連合会東青下北支部の役員の皆様と意見交換のあと、空路、秋田大潟村へ、北海道・東北地区の土地改良事業団体連合会OB会に出席、永年現場で土地改良と向き合ってこられた方々から経験と知見に基づく幅広い意見を聞くことができ、感謝です。
2017. 9.5(火) 引き続き北海道、旭川に移動して建設業関係の皆様と農業関係の皆様に2回に分けて、それぞれ講演、来年度概算要求では、旭川管内の農業農村整備予算は、直轄予算事業費ベースで100億円を超える要求、各地区とも事業の早期完了が不可欠で要求額の満額確保を強く望む多くの声が寄せられました。東川町では、町長はじめ土地改良区、JA、農業委員会などの幹部の皆様から国営農地再編事業の新規地区採択を要請する強い声があるなど、第3期北海道開拓とも言える農作業の効率化と農産物の品質向上に必要な農地と水の持つ機能の更なる向上、即ち土地改良を行わないと次世代に北海道農業を引き継げないと言う要請には説得力があり、是非とも実現しなければなりません。旭川空港周辺の傾斜地ほ場でのじゃがいもの収穫を体験し、作業効率の向上と雨による土壌侵食防止のため早期に傾斜を緩くする畑地帯総合整備事業の実施の必要を痛感、作業体験をセットいただいた前田旭川土地改良区理事長とご家族に感謝です。
2017. 9.4(月) 快晴の札幌で500人を超える方々が参加しての北海道土地改良セミナーに講師として出席、農政、特に米政策の方向と今後の土地改良についてお話しました。懇談会では、もう少し予算の話や環境保全型農業や地域政策の話を聞きたかったという声など、次につながる貴重なご指摘を頂戴、我が国の食料供給基地北海道の将来を見据えた北海道農業の振興への気持を新たにしました。
2017. 9.2(土) 午前中、久留米市で鳩山二郎代議士からのお声掛かりで土地改良事業の勉強会を開催、首長さんはじめ100人を超える多くの農業関係の方々が出席、私からは、農政の展開方向に即した土地改良事業の在り方を中心に講演させていただきました。午後からは、九州北部豪雨災害被害の朝倉市の山田堰土地改良区管内の3連水車をはじめ、ため池の被災状況を視察、全体として復旧は進んでいますが、特に農地と農業用施設の復旧はまだまだです。関係者の血の出るような努力で3連水車の復旧がなされ、水田に用水を供給しており、暗中に一筋の光明をもたらしましたが、今後も早期復旧と地域の農業振興に全力で取り組まさせていただく覚悟です。
2017. 9.1(金) 昨日、各省庁から財務省に平成30年度予算の概算要求が行われ、予算の季節が到来。午前中は自民党森林整備・治山事業促進議員連盟、午後からは自民党農村基盤整備議員連盟連で財務省主計局長に予算確保の申し入れを行い、出席した国会議員からは、財政事情の厳しさは承知しているが、国家として必要な予算はしっかりと確保する必要があることを強調、私からも主計局長に予算確保をしっかりとお願いいたしました。予算確保のためには、予算執行による各種効果と今後見込まれる効果を分かりやすく説明し、農山漁村、土地改良、ともに日本の命綱を危うくすることは断固回避しなければなりません。
2017. 8.31(木) 宮城県南の大河原町で約500名の土地改良関係者が参加しての第3回宮城県土地改良大会です。
東北農政局長、村井県知事、西村明宏衆議院議員、和田政宗参議院議員、県議会議員の方々と多くの来賓が出席され、私も来賓の一人として祝辞を述べさせていただきました。各県の土地改良大会とも、農業、農村や土地改良に関係する課題を共有して、各地域で今後の方向性を熟慮する契機となる極めて有意義なものであり、各々厳しい現実に直面しても、一人ではなく皆で一致団結して前に立ち向かって行く、元気を出して前進することを確認する意味で大会の開催意義は大きいものです。

2017. 8.30(水) 約800名の土地改良関係者が参加しての第5回大分県土地改良振興大会に出席しました。副知事はじめ県の幹部の皆様、多くの県議会議員の方々が参加され、米政策を中心に私の見解等について講演させていただきました。会場には、竹田女性の会の皆様もお見えになっていました。その後、地元大分の建設業関係の方々と意見交換を行いました。日程の最後に、宇佐神宮をお参りさせていただき、大分空港から羽田に戻りました。
2017. 8.29(火) 羽田空港から一便で長崎空港経由で会議に参加しつつ、長崎県、佐賀県、福岡県を訪問しました。福岡では、研修会前後に関係者と意見交換、九州北部豪雨災害の復旧の現状と課題、福岡の土地改良の今後の展開方向などの認識を共有させていただきました。その後、新幹線で小倉経由、特急ソニック号で大分へ移動、宿泊しました。
2017. 8.28(月) 自民党農村基盤整備議員連盟総会が開催され、会長の二階幹事長の他30人を超える国会議員が出席され大盛会。予算確保を求める決議文が採択され、後日、財務省に要請することとされました。事務所には、栃木県の土地改良関係の方々が来られ、栃木でも予算不足の訴えがあり、予算確保に向けての覚悟を新たにしました。
2017. 8.26(土) 秋田の大曲花火大会に23年振りに会場で参観、感動でした。豪雨の影響で雄物川河川敷の桟敷席等が水に浸かり、開催が危ぶまれましたが、皆さんの必死の復旧作業で素晴らしい大会となり、ふるさとの花火から元気と力をいただきました。
2017. 8.25(金) 午前中に自民党水産部会・水産総合調査会・水産政策協議会合同会議で、平成30年度水産関係予算概算要求案ほか水産庁の説明、質疑。引き続き農林・食料戦略調査会、農林部会、農政推進協議会合同会議で平成30年度概算要求(案)、農林水産省組織・定員要求、農林水産関係税制改正要望事項(案)について農林水産省から説明。その後農林関係予算について団体要請をお聞きし、質疑を行い、多くの先生から土地改良予算を確保すべきとの力強いご意見をいただきました。また、漁港議連臨時総会にも出席し、午後からは秋田に移動、中泉松司参議院議員の国政報告会に参加、岸田文雄政調会長、松山政司国務大臣も出席され大盛会でした。
2017. 8.24(木) 朝から主に農林水産省関係の来年度予算概算要求の考え方について、関係部局から説明、意見交換、日頃お聞きしている現場の課題解決のため予算額は十分なのかの視点でチェックしていきます。午後からは、自民党水産拡大合同役員会で水産関係の来年度予算概算要求について水産庁から説明、意見交換を行いました。
2017. 8.23(水) 秋田県八郎潟町土地改良区の方々の要請、その後、自民党地方創生実行統合本部で、平成30年度地方創生関連予算概算要求、地方経済の現状及び地方創生関連施策の現状についての政府側から説明、質疑がありました。私からは、「全国持続可能性市町村リスト&マップ」の公表内容を紹介しつつ今後の対応を質問、また、地方創生に果たす地域の建設業関係の方々の役割の大きさを指摘しました。午後は、JA北海道の幹部の方々と今後の米政策の方向等について有意義な意見交換、夕方には秋田選出国会議員と秋田県13市議会議長・事務局長との意見交換会に出席しました。今日は「志帥会」の先輩・故長島忠美代議士の御霊に焼香をさせていただき、先生の温かい眼差しとお言葉を思い出しつつご冥福をお祈りいたします。
2017. 8.22(火) 自民党農林・食料戦略調査会、農林部会合同会議で、農林水産省から平成30年度概算要求重点事項(案)の説明と質疑、私からは、現場を回って指摘を受けた多くの声を代弁しました。米の直接支払交付金の廃止後も、米農家の所得が確実に向上するよう米生産コストを徹底的に削減、高収益作物作付による農家の所得向上につなげる基礎となるのが土地改良です。平成30年度予算では、制度と予算の裏付けをもって実効性あるものとして、農家の方々にご理解いただけるよう整理していくことが必要です。
2017. 8.21(月) 午前中富山県議会の農林水産関係議員の皆様と意見交換、平成30年度予算では米政策の展開方向への不安と戸惑いの払拭が必要です。夕方には仙台で大学の同窓会、今年は若手も方々の参加も多く頼もしく感じました。
2017. 8.20(日) 川崎市秋田県人会納涼大会に出席、50人を超える方々の出席で、回を重ねご挨拶する度に親しさが増し、皆様に感謝です。同郷の川本学神奈川県議、齊藤伸志川崎市議とともに出席させていただき、私からは、あまり報道されていない秋田の豪雨災害の状況などをお話しました。
2017. 8.18(金) 自民党二階幹事長と林幹雄幹事長代理にもお越しいただき、茨城県水戸と土浦で土地改良政治連盟の懇談会を開催いたしました。土地改良に支えられた農業産出額で全国第2位の茨城県は、水利施設の老朽化対策、農地の大区画化などのニーズが高まり、農業のポテンシャルを更に活かして、消費者ニーズに応じた生産の徹底に加え、輸出を真剣に検討しています。そうした方向性にベクトルが一致している茨城県知事候補者の大井川和彦さん、衆議院茨城第6選挙区の政治活動を行っている「国光あやの」さんが駆けつけてくれて、感謝でした。
2017. 8.17(木) 昨日から事務所で活動を再開、17日は秋田で「新たな米政策確立に向けた秋田県生産者大会」に出席しました。米の直接支払交付金を廃止する平成30年度問題への不安の声が多く聞かれ、平成30年度予算では、水田農業の展望を明らかにし、こうした農家の不安へ具体的に対応する必要性への意を強くしました。
2017. 8.13(日) 秋田の実家で墓参り、しっかりとご先祖様を供養しました。夜には集落の青年会主催の演芸大会に出席、前座で、豪雨災害、森林整備、憲法改正などを話題に私の近況報告、プロの民謡の素晴らしさに感動しながら、青年会現役とOBメンバーと懇談し、素晴らしいお盆を過ごしました。
2017. 8.11(金) 故吹田愰前山口県土地改良事業団体連合会会長のお別れの会に出席しました。安倍内閣総理大臣・自民党総裁が実行委員長を務められ、土地改良関係では、野中広務全土連名誉会長、高貝久遠同副会長はじめ多くの方々が参列、あらためて吹田前会長のご冥福を心からお祈り致します。
2017. 8.10(木) 自民党水産関係拡大合同役員会で、平成30年度予算や中西部太平洋まぐろ類委員会北小委員会への提案などについて意見交換。また、自民党農林・食料戦略調査会、農林部会合同会議では、平成30年度概算要求の意見交換、平成29年豪雨及び暴風雨による農林水産関係被害への支援対策報告がなされました。平成30年度予算もいよいよスタート、私からは、米の直接支払支払交付金の廃止を見据えた予算の在り方など、全国を巡回しての意見を述べました。

2017. 8.9(水) 久々に終日事務所で資料のデータ更新や新たな情報の追加等で執務。事務所では、宮崎県の山下県議と地域農業の発展、農地基盤整備の方向性や制度適用の在り方について意見交換、また、奈良県の土地改良関係者、富山県高岡土地改良協議会の方々が要請活動に来られました。やはり、当初予算の確保が不可欠であり、関係者が一体となって事業の必要性と効果について理解を得ていくことが重要です。
2017. 8.8(火) 迷走台風5号の進路と被害を心配しながら、新潟から金沢に移動、北陸農政局で管内の米政策の動向について意見交換の後、午後は大日ダム土地改良連合で、米政策について講演しました。講演後の質疑では、米の直接支払交付金廃止への不安や野菜農家の経営安定対策など現場の実情をお伝えいただき感謝、現場の不安を取り除き、しっかりとした展望が開けるように更に研鑽してまいります。
2017. 8.7(月) 秋田県の豪雨災害対策の要請活動に、秋田選出の国会議員も勢揃いで同行、佐竹知事はじめ県の幹部や市長、副市長の皆様と秋田出身の菅官房長官に要請を行いました。午後からは再び新潟、林業、水産業関係の皆様と意見交換、森林環境税への要望や北朝鮮のミサイルの身近な危険への漁業者の不安の声などをお聞きしました。夕方には、私の新潟後援会主催の国政報告会、妻も参加して暖かいお声をかけていただき、夫婦両輪で皆様の役に立てるように精進していくことを再認識、新潟の皆様に感謝です。
2017. 8.5(土) 新潟県土地改良事業団体連合会の三富佳一会長の地方議員在職50年を祝う会に出席しました。自民党二階幹事長の記念講演があり、長年にわたる三富先生の素晴らしい活動を手本にしなければならない旨の二階幹事長の言葉が胸に残りました。地域主義を実践されてきた三富会長から引き続きご指導を賜り、私も地域主義を貫く中で、しっかりと結果を出せるように精進してまいります。新潟も全国各地も土地改良は途半ば、新幹線から見る長岡の水田は、未整備田が多い状況です。
2017. 8.4(金) 台風5号の動向が気になりますが、上空から徳島市、淡路島、和歌山市、木曽三川を見ながら、大分から中部国際空港に飛び、三重に伺いました。水産関係や林業関係の方々と意見交換、鈴木三重県知事を表敬の後、水土里ネット役職員研修会で講演を行いました。会場からは、土地改良区運営への支援措置の必要性や多面的機能支払制度の総額の上乗せ、特に長寿命化対策の充実を求める声がありました。夕方は、関係団体と懇談し、尊敬する多くの先輩の皆様にお会いし、元気をいただきました。
2017. 8.3(木) 午前中、北海道の土地改良関係の土地改良方々の要請、秋田県から豪雨災害の被災状況や課題をお聞きしてから、大分に伺い、農業土木技術研修会で講演を行いました。会場からは水田農業、中山間地域の農地整備の在り方、米の播種前契約の具体的内容などについて質問や意見がありました。九州北部豪雨災害で日田市の農地も大きな被害が受け、その復旧に大分の農業土木技術者は日夜奮闘されており、会場の方々の目は真剣そのもので、災害から大分の農業を立ち直らせ、明日の農業・農村の基盤を築いてくれる頼もしい皆さんに心の底からエールを送りました。一緒に頑張りましょう
2017. 8.2(水) 昨夜、水戸から富山に移動して、朝から富山県土地改良事業団体連合会に伺い、土地改良区の女性職員の皆様と意見交換、多くの実務的な話題が上がりました。その後、コンクリート二次製品に携わる業界の方々と意見交換、呉羽射水山ろく用水土地改良区で懇談しました。石川県に移動後、石川県土地改良事業団体連合会の役職員研修会で講演、今年度で廃止予定の米の直接支払交付金への不安や施設園芸の労働力不足の問題など現場の切実な声をお聞きし、私なりの考えを述べさせていただき、両県では有意義な一日を過ごさせていただきました。
2017. 8.1(火) 8月です。今日は多くの方々が意見交換や要請に来られました。感謝です。早朝、二階幹事長も出席され、宮城県の土地改良関係者と宮城県選出自民党国会議員との意見交換会で、東日本大震災からの復興の問題、国土強靭化への課題、土地改良施設の維持管理の問題など多岐にわたるテーマについて有意義な意見交換となりました。事務所には、秋田県の日本海沿岸市町村町長会、熊本県と熊本市、芦北町、岐阜県の水資源機構営木曽川右岸施設緊急改築事業関係の皆様、また、中国四国土地改良協議会の皆様の二階幹事長への要請に同席しました。その後、茨城県水戸市で茨城県知事選の候補予定者「大井川かずひこ」さんを囲む会に出席しました。
2017. 7.31(月) 秋田に残り、引続き秋田の被災現場の調査です。被災地の水田は、出穂期の花水(稲の花が咲く時期に必要な水)が重要な時期で、災害で水路が被災し、この花水不足が懸念されています。現場では、花水確保最優先の応急復旧と災害復旧作業を進める必要がありますが、災害制度に精通し現場判断が可能な技術者が不足しており、しっかりとした対応ができる知恵を絞り出す必要があります。調査の後、事務所に戻り、各種打合せや来客対応のあと、夕方は建設業の皆様との意見交換を行いました
2017. 7.30(日) 再び秋田です。自民党農林・食料戦略調査会豪雨災害対策WT(西川公也会長、野村哲郎座長、御法川英文先生、石井浩郎先生、中泉松司先生、藤木眞也先生、進藤)で秋田の豪雨災害の被災地を現地調査しました。このWTは、これまでの多くの災害で現地を見て農家の方々の生の声を聞き、前例にとらわれない効果的な対策を講じてきた実績を持っています。限られた時間の中で、丁寧に現場の要請を聞き取り、可能な限りの応答をし、これをベースに今後の対応を取りまとめていきます。
2017. 7.29(土) 秋田から京都に移動し、京都府土地改良事業団体連合会会長の野中広務先生はじめ京都市周辺の土地改良区の理事長さんたちと意見交換の後、京丹後市に移動し、丹後土地改良区の役員の方々とも意見交換しました。施設の老朽化、分散した施設の維持管理や沈砂地の有効活用、など色々な課題がある中で、若手農業者の活躍や再生産可能な農業の確立のために、地域に寄り添いしっかりと支援していきます。
2017. 7.28(金) 自民党農林・食料戦略調査会豪雨災害対策ワーキングチーム(WT)の初会合で、秋田の豪雨災害と九州北部豪雨災害の現地調査の打合せがあり、秋田の現地調査には私も参加の予定です。午後は、秋田で秋田県土地改良事業団体連合会の高貝久遠会長の叙勲祝賀会に出席し、会長の永年のご功績に心から敬意を表させていただきました。夕方には、私の地元の旧協和町下淀川地区、小種地区、荒川上野地区の状況を視察、明後日の自民党WTでの調査に活かしていきたいと思います。改めて被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
2017. 7.27(木) 自民党国土強靱化推進本部「歴史から国土強靱化の精神を学ぶ」シンポジウムを開催!
午前中、自民党 農林・食料戦略調査会、農林部会、農業基本政策検討PT合同会議で、米先物取引の本上場申請と平成29年梅雨期の豪雨による農業被害検討、自民党治水議連緊急総会に出席、治山と砂防の連携による流木災害の軽減や秋田の豪雨災害の早期復旧について議連の先生方や国交省にお願いしました。午後は、冒頭のシンポジウムで、『井澤弥惣兵衛』~新田開発を支えた紀州流土木工法と情熱~の素晴らしいセミナーの司会を務めさせていただきました。夕方は、南九州畑地かんがい事業推進協意見交換、新潟県西蒲原土地改良区・JA越後中央合同の政策提案会に出席です。

2017. 7.26(水) 大阪で、午前中は所属する自民党政策集団志帥会の夏期研修会で、自己研鑽。研修の合間に、滋賀県の土地改良関係の皆様が二階幹事長を表敬されました。その後東京で、秋田の豪雨災害や九州北部豪雨災害の主に農林水産関係の状況を確認。夕方には、熊本県菊地市土地改良区の懇談会で意見交換を行いました。
2017. 7.25(火) 参議院予算委員会の閉会中継続審査、自民党参議院国対委員会に出席の後、香川県に移動。新装なった香川用水記念会館で、香川県土地改良事業団体連合会本部事務所竣工記念として、米政策の現状と展望を中心に講演、酷暑の中、多くの方々に熱心に私の話をお聞きいただき感謝です。四国各県の相互理解の中で開発された香川用水の歴史は極めて重要で、後世に正しく伝えていくことが大切です。昼には国産小麦粉で作られた讃岐うどんをいただき、夕方には大阪に移動しました。
2017. 7.24(月) 故郷・秋田の被災された方々に心からお見舞い申し上げます。7月22日から23日にかけて、平年の7月1か月分の総降水量の約1.5倍に当たる豪雨に見舞われ、秋田市雄和(旧雄和町)、大仙市協和(旧協和町)下淀川、小種地区や峰吉川地区、隣の旧西仙北町強首地区に大きな被害が出ております。24日は福島県郡山市で国営農業水利事業東北協議会総会で挨拶、その後都内で水資源機構かんがい排水事業推進協議会出席、今日ほど、多くの皆様に、国土強靭化の重要性を強調した日はありません。
2017. 7.23(日) 宮崎県都城市で、私の後援会の皆様が霧島盆地会という素晴らしい勉強会を企画、開催して下さいました。200名を超える方々が参加され、地元宮崎県選出の長峯誠参議院議員と地元都城市選出の山下博三県議会議員の素晴らしい講演が行われ、私自身大変勉強になりました。日帰りの宮崎でしたが、多くの方々の思いを受け止め、私の政治活動の推進力としてまいります。
2017. 7.21(金) 愛知県豊橋市で、豊川用水通水50周年記念研修会で講演、パネルディスカッションにパネラーとして参加、その後、土地改良関係の方々と意見交換を行いました。昭和24年に国営農業水利事業として始まり、昭和36年に愛知用水公団に引継がれ、昭和43年に通水開始、50周年を迎え、地域の農業、工業の今日の発展の礎となっている豊川用水の偉大さを再認識しました。
2017. 7.20(木) 自民党水産総合調査会で、大和堆における違法操業問題、日EU・EPA大枠合意などの意見交換。また、自民党日EU等経済協定対策本部の会合では、日EU・EPA交渉の大枠合意を踏まえた総合的な政策対応に関する基本方針について検討、私としては、農林水産業の体質強化のための補正予算措置の重要性を訴えました。また、秋田県森と水の協会の林野庁への要請、夜の情報交換会にも参加、林業の復活なしに秋田の振興はあり得ません。事務所には今日も多くの皆様が。感謝です。
2017. 7.19(水) 自民党政策調査会全体会議で平成30年度予算概算要求の基本的な方針(案)の財務省からの説明と質疑を行いました。先輩議員の概算要求基準に関する様々な見解をお聞きでき、大変有意義でした。事務所には、石川県、富山県、秋田県の方々が来られ関係要請をしっかり受け止めました。
2017. 7.18(火) 九州北部豪雨の調査状況を踏まえ、関係方面と打合せました。事務所では、水土里ネット千葉女性の会の皆様と女性の視点からの土地改良施設の管理や賦課金徴収事務の課題などについて、意見交換しました。
2017. 7.16(日) 九州北部豪雨災害でお亡くなりになられた方々のご冥福と行方不明の方々が一刻も早く見つかることをお祈り申し上げますとともに、避難所暮らしを余儀なくされている方々をはじめ、被災者の方々に心からお見舞い申し上げます。今回の線状降水帯の凄まじさに驚きますとともに、早期の復旧、復興に全力で取り組むことと、再び悲惨な災害が繰り返されないよう、予防的対策に注力しなければならないことを痛感しております。
2017. 7.15(土) 県営ほ場整備事業(経営体育成基盤整備事業)の実施地区に移動し、現地調査を兼ねて大区画化したほ場整備後の水田の法面で草刈りを行いました。重労働の草刈りを始め、営農や施設管理でのランニングコストの最小化設計にICTやAI等の最新技術を駆使した生産性向上の必要性を痛感しました。午後は、羽越本線で新潟に移動し、加茂市議会議員、安武秀敏先生の講演会主催の夏忘れ会に出席しました。
2017. 7.15(土) 出身地秋田県大仙市で、第1回全国500歳野球大会(野球に燃える親父たちの甲子園)の開会式に出席、宮崎市からは戸敷市長が来られ、大変盛り上がりました。その後、地方創生に大きな役割を期待されている大学時代からの旧友・小松社長の(株)花火創造企業を訪問しました。
2017. 7.14(金) 早朝、東北治水事業に関する意見交換会に出席、異常気象の問題が現実となっている中で計画的な治水対策の必要性を訴えました。その後、滋賀県土地改良事業団体連合会の皆様の自民党二階幹事長への要請に同行、午後は農水省の方々と意見交換の後、猛暑真っ只中、秋田に移動しました。
2017. 7.13(木) 午前中に九州土地改良連絡協議会、三重県土地改良関係の皆様が来られ、土地改良事業の具体的効果や予算不足による地域での影響などをお聞きしました。午後は、山形で土地改良関係の方々に米政策を中心に今後の農政の方向性について、事実関係をベースに私なりの考えをお伝えし、方向性を先導していく政治の役割を痛感しました。
2017. 7.12(水) 本当に多くの皆様が私の事務所に来られ、自民党二階幹事長への要請にも同席しました。①効率的な営農のための大区画化や排水改良、②老朽化した農業用用排水施設の早期改修、③防災の観点でため池の耐震化や地すべり対策などを早急に実施、いずれも各地域にとって深刻なこれら3つの課題解決のために土地改良予算要請を行わなければなりません。
2017. 7.11(火) 自民党日EU等経済協定対策本部で関係府省からEPA大枠合意の説明、案外知られていないEUに比して不平等だった輸出入の改善も含め、合意内容を私なりに現場でしっかりと説明し、関係者の生の声を聴いて酪農等の体質強化のための国内対策の積極的推進が必要です。事務所には今日も多くの方々においでいただきました。
2017. 7.10(月) 斎藤洋明衆議院議員からの呼び掛けで、西川公也衆議院議員と山田俊男参議院議員とともに新潟で農業関係者と意見交換、水田整備が遅れている地域での畑作物転換の課題等、各地での濃密な意見交換ができ有意義な一日でした。西川先生の日EUのEPA交渉から帰国直後の臨場感溢れるコメントは勉強になりました。
2017. 7.9(日) 宮城県石巻市で、同志の勝沼榮明衆議院議員の政経セミナーに参加、自民党二階幹事長も出席され、多数の方々の参加で会場が熱気に包まれ、大盛況でした。古川から石巻までの移動中、大区画に整備された水田で素晴らしい大豆の集団転作を見ることが出来、復旧、復興に向けて走り回った当時を思い出し、更なる復興の加速化に向けての尽力を肝に銘じました。
2017. 7.8(土) 自民党秋田県羽後町支部主催「第3回夏期大学」で今後の食料と農業政策について講演して質疑。北部九州の豪雨災害の深刻な大災害に衷心よりお見舞いの気持ちを持ちながら秋田県羽後町の西馬音内(にしもない)の盆踊りや端縫ダイニングでの食事等、地域の伝統と食に触れながら、懇談会に出席した後、宮城県古川まで移動しました。
2017. 7.7(金) 54回目の誕生日、多くの方々に心暖まるお祝いを頂戴し感謝しつつ、早朝、熊本市からの国の施策等に関する重点政策提案会出席、その後、山形県日光川土地改良区の方々と面会し意見交換しました。午後の関東農業土木技術士会主催の研究会では、私の国政報告の内容をご報告し、先輩の皆様からご指導いただきました。講演終了後、空路秋田に向かい、地元の自民党協和支部総会に出席し、久々に実家で熟睡。生まれた家が残っており、そこで眠れる幸せをかみしめました。
2017. 7.6(木) 徳島県土地改良理事長会で国政報告、土地改良関係者との懇談を行いました。途中の飛行機からの美しい渥美半島、徳島の蓮根畑のハウスと露地物の出荷調整を見聞できました。
2017. 7.5(水) 自民党水産部会・水産総合調査会・水産政策推進議員協議会・水産政策協議会の合同会議で、水産団体から来年度予算要望等の聴取と意見交換、沿岸漁業振興検討WTの開催と続きました。また、自民党二階幹事長への九州土地改良協議会と細田総務会長も同席されての島根県土地改良推進協議会の予算確保要請に私も同席しました。午後には、会津若松市で土地改良推進協議会主催の講演会、喜多方市で国営農業水利事業福島県協議会主催の講演会で講演、雨上がり清々しい会津で英気を養わさせていただきました。
2017. 7.4(火) 午前中、自民党北方調査会で日露共同経済活動に関する官民調査団の結果報告、午後は、日EU等経済協定対策本部会合で、日EU等経済協定対策本部のとりまとめ等が確認され、総理に対して自民党対策本部として申し入れました。午後は山本農水大臣に、静岡県中川土地改良区の要請に城内実代議士と同席、また、九州土地改良協議会の山本農水大臣への要請にも同席、山本大臣には、地元の声をよくお聴きいただき、本当に懇切丁寧にご対応いただき感謝です。事務所には宮崎県の方々が要請活動に来られ、私が不在でしたが偶然居合わせた妻が対応、夕方には、山形県今野川土地改良区の方々、九州土地改良協議会の皆様と懇談、今日も多くの方々に感謝です。
2017. 7.3(月) 午前中、山形県因幡堰土地改良区の皆様と議員会館で意見交換、その後、女性活躍を国際的に推進する議員連盟設立総会に出席、昼は国営土地改良事業関東協議会の皆様と意見交換、夕方は近畿水土里ネット連合会から政策提案がなされました。厳しい中にも、色々な知恵を互いに出し合いながらの前進が必要です。
2017. 7.2(日) 自民党にとり非常に厳しい結果の東京都議選の事実は厳粛に受け止めなければなりません。現職都議の同志の方々が、涙を飲む姿を目の当たりにし、やるせない気持ちと無念な思いで一杯ですが、自分事として真摯に受け止め、しっかりと国政に取り組む決意を新たにしました。
2017. 7.1(土) 隠岐の島町から海士町に移動して国政報告会を開催、若い農業者の方々が多く、近年、移住が多い海士町を実感、水産業の課題や農業の水不足の問題など様々なご意見を伺いました。そして、西ノ島町、知夫町に高速船で移動して、関係機関やご支援いただいた方々にご挨拶、古来「隠岐の国」の国と言われてきた活気あふれるエネルギーに元気をいただき、隠岐の皆様に感謝です。
2017. 6.30(金) 自民党日EU等経済協定対策本部で、①各グループのとりまとめ、②日EU・EPA交渉の現状について意見交換の後、空路、島根県隠岐の島に飛びました。隠岐の島町で開催された島根県ルーラルミーティングで講演を行い、パネラーと参加し、我が国の食料自給率と自給力を高めること、地球環境問題との関わり、農家の所得向上に向けての取り組みなどについて私の考えをご紹介し意見交換しました。非常に有意義な一日で島根県の関係者の方々に感謝です。
2017. 6.29(木) 自民党日EU等経済協定対策本部第4グループ(農林水産)取りまとめ(案)の検討、志帥会では、知日派の米国外交官ダニエル・ラッセル(DanielR. Russel)氏による時宜を得た素晴らしい講演と質疑、午後からは、都議選の応援に国分寺市へ参りました。
2017. 6.28(水) 6月28日は、新潟に伺いました。金子めぐみ代議士主催のふるさと対話集会で農政、主にコメ政策に関して、私の考えを紹介し、意見交換しました。午後からは、JA越後中央と西蒲原土地改良区の合同研修会で講演しました。新潟の農家の所得向上に向けて、現状を見つめ将来を展望し、
JAと土地改良区が何をなすべきかについて私の考えを紹介し、関係者と奥深い意見交換ができました。

2017. 6.27(火) 午前中、参議院自民党全議員懇談会で参議院の在り方検討PTとりまとめ案のて意見交換、その後、新たに結成された全国土地改良女性部会の代表の方々と意見交換、全国土地改良施設管理推進協議会の多面的機能研究会で挨拶と続きました。今日も多くの方々が事務所に来られ、感謝です。
2017. 6.26(月) 夕方には、「進藤金日子政経セミナー」を二部構成で開催いたしました。第一部は、西川公也元農林水産大臣に我が国の農業を取り巻く国際情勢についてご講演いただき、第二部は「進藤金日子と将来(あす)を語る会」を開催しました。全国から沢山の方々が、また、多くの国会議員の先輩の方々にご来場いただき、物心両面にわたるご支援に感謝致します。
2017. 6.26(月) 「農業農村整備の集い」に全国から多くの土地改良関係の方々が集い、農業農村整備の推進と予算の確保について意志統一し、関係省庁への要請活動を行いました。私は山本農林水産大臣への要請に同行、集いでは多くの国会議員の皆様から会場に駆けつけていただき本当に力強い大会となりました。
2017. 6.24(土)、25日(日)24日は大学のクラス会、25日は栃木県小山市で土地改良関係者との懇談会に出席、大久保小山市長の市政報告をお聞きし、地産地消実践や田んぼアートの基礎となっているのが土地改良の役割を認識する訪問となりました。
2017. 6.23(金) 自民党日EU等経済協定対策本部会合で各グループの検討状況報告、日EU・EPA交渉の現状説明を受け、午後からは、都議選の応援で国立市に駆けつけました。夜は、大学の同窓会に出席、多くの先輩や後輩たちと情報交換、ご高齢の先輩の元気な姿に安堵とともに元気をいただきました。
2017. 6.22(木) 自民党日EU等経済協定対策本部 第1グループ(外交)で第2回取りまとめ(案)の議論、昼からは志帥会で憲法改正に関する自民党憲法改正推進本部における検討状況などについて勉強会、事務所には、今日も多くの方々が来られました。
2017. 6.21(水) 故吹田先生の告別式に参列、自民党総務部会では地域政策についての有識者ヒアリング、意見交換があり、土地改良区の役割や多面的機能支払、中山間直接支払などの有効性へ期待する意見がありました。その後の水産総合調査会拡大役員会では、沿岸漁業振興検討WTの検討状況やWTO漁業補助金交渉状況などについて意見交換、ヒアリングがありました。終了後、福島市へ移動、農業農村整備事業に携わる建設業の皆様の集会で東日本大震災からの復興の加速化、特に福島の復興の重要性について認識を共有させていただきました。
2017. 6.20(火) 早朝、自民党日EU等経済協定対策本部第4グループ(農林水産)で関係団体よりのヒアリング、自民党水産総合調査会で水産物輸出拡大対応策のフォローアップに参加しました。夕方には、山口県土地改良事業団体連合会会長の故吹田愰先生の通夜に参列後、(公社)土地改良測量設計技術協会懇談会、(公社)日本技術士会定時総会懇親会で多くの技術関係の方々と懇談しました。
2017. 6.19(月) 岐阜県で建設業や林業関係の方々にご挨拶、岐阜市内で土地改良関係の方々に講演、主にコメ政策の今後の展開方向についてお話ししました。空梅雨の様相で、番水の準備に入っている地域がでているとのことです。夕方には自民党郡上市支部の懇談会に出席し、多方面の関係の方々と意見交換を行うことができ有意義な一日でした。
2017. 6.17(土) 川崎市秋田県人会連合会総会に出席、100人に近い多くの秋田県関係者がお集まりでした。川崎市秋田県人会は、戦後に秋田県出身の日本鋼管社員の 集いが発端とのことで戦前日本鋼管に勤務していた私の大叔父のことを思い出しました。後藤会長、佐々木幹事長、川本顧問(神奈川県議)をはじめ、多くの方々に感謝で一杯でした。
2017. 6.17(土) 秋田で、午前中、大仙市協和地区消防訓練大会に来賓として出席、多くの小中学校時の同級生が参加しており地域を守る友達たちに心から感謝です。その後、秋田市に移動し第62回自民党秋田県連大会に出席、参議院自民党の橋本聖子会長の講演は、秋田の方々に大きな可能性と希望を与えるもので、私自身感動しました。会場には顔見知りが多く、清々しい天気の中、秋田を後に帰京しました。
2017. 6.16(金) 早朝、自民党クルーズ船観光振興議員連盟総会、組込IoTイノベーション議員連盟勉強会、日EU等経済協定対策本部会合、農林水産業骨太方針実行PTに出席、その後、参議院農林水産委員会などで請願の審査や調査の継続調査要求書の提出などを決定、また、参議院予算委員会で安倍内閣の基本姿勢について審議、参議院本会議で農業災害補償法改正法案などが可決成立して今国会の審議は実質的に終了しました。夕方には、海外農業開発コンサルタンツ協会(ADCA)の定時総会懇親会に出席し、最終便で秋田へ。
2017. 6.15(木) 夜中の2:31から朝7:46までの参議院本会議の徹夜国会で、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等改正法案が可決成立。その後自民党本部に駆けつけ、8時から自民党日EU等経済協定対策本部第4グループの会合に出席、対EUへの農林水産分野の攻めの姿勢の重要性が認識されました。その後、参議院農林水産委員会で農業災害補償法の改正法案が可決、午後からは自民党日EU等経済協定対策本部第1グループ(外交)の会合で交渉全体の状況を共有し、経団連からのヒアリングが行われました。長い一日でした。
2017. 6.14(水) 早朝、自民党歴史を学び未来を考える本部で「第一次世界大戦と日中対立の原点」を議題とし、奈良岡 京大教授の講話、次いで、自民党日EU等経済協定対策本部第五グループで、日EU・EPAに関する議論、その後参議院本会議で、公職選挙法改正法案、商業捕鯨の実施等のための鯨類科学調査の実施に関する法案などが可決成立しました。そして、山本幸三国務大臣の問責決議案、金田勝年法務大臣問責決議案が野党から出され、約7時間の休憩を挟み、趣旨説明、討論の後、否決されました。更に、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の改正法案について、速やかに法務委員長の中間報告を求めることの動議が与党から出され、可決されました。一方、山本順三議院運営委員長の解任決議案は、否決され、午後9時42分に延会となりました。事務所には、本会議休憩中に多くの方々が事務所に来られ、意見交換を行うことができました。

2017. 6.13(火) 早朝、山東昭子先生が会長、河村建夫先生と太田昭宏先生が顧問の与党技術士議員連盟設立総会開催、その後、参議院農林水産委員会(20回)で、商業捕鯨の実施等のための鯨類科学調査の実施に関する法案を可決、農業災害補償法の改正法案の大臣の趣旨説明と質疑、参考人質疑を経て可決、約6時間に及ぶ委員会でした。委員会終了後、自民党森林整備・治山促進議連、超党派の協同組合振興研究議連総会、夕方には自民党日EU等経済連携対策本部懇談会、熊本県森林組合連合会との懇親会出席と今日も分刻みの充実した一日でした。
2017. 6.12(月) 午前中の各種打合せの後、午後は滋賀県に移動して土地改良関係者に講演、国会における私の活動報告を行いながら、今後の農政の方向、特にコメ政策について私なりの考えをお伝えし意見交換を行いました。集落営農組織の先進地である滋賀も担い手不足問題に直面、全国千差万別の農家の農業経営、環境や伝統文化なども含めた地域経営の事情への国民全体の理解の大切さを痛感しました。
2017. 6.9(金) 早朝、糸魚川大火からの復旧・復興の進捗状況等を議題に自民党災害対策特別委員会、その後、自民党内に発足した「日EU等経済協定対策本部」で役員と今後の運営等を確認、参議院本会議で天皇の退位等に関する皇室典範特例法案が可決成立したほか、住宅宿泊事業法案や畜産経営の安定に関する法律等の一部改正法案などが可決成立。本会議後に麻生財務大臣に対する秋田県の要請活動に同行、午後からは、東京都議選の支援で国立市、国分寺市に。来週はいよいよ会期末の大詰めです。
2017. 6.8(木) 早朝、地方創生実行統合本部で広瀬勝貞大分県知事から大分県の取組みについて講義、意見交換、その後、参議院農林水産委員会(第19回)で、畜産経営の安定に関する法律等の一部改正法案の質疑、討論、可決、議場を後に、自民党農林骨太PTの勉強会、(一社)農業土木事業協会定時総会での祝辞と続き、夕方には、秋田県政策提案・要望説明会に出席、知事はじめ多くの県庁幹部の皆様と意見交換を行うことができ大変有意義でした。
2017. 6.7(水) 午前中は参議院本会議で、冒頭、参議院法務委員の解任決議案の提出と秘訣。引き続き平成27年度一般会計歳入歳出決算等各委員会の審議案件の可決成立。その後、自民党参議院在り方検討PT等各種打ち合わせに出席。また、「CLT(CrossLaminated Timber:直交集成板)議連総会」があり、ヒヤリング、プレゼンがあり今後の土木分野へのCLT活用の勉強になりました
2017. 6.6(火) 早朝、自民党環境部会、環境・温暖化対策調査会合同会議に出席。その後、参議院農林水産委員会(第18回)で畜産経営の安定に関する法律等の改正法案(畜安法)の一般質疑と参考人質疑、引き続き自民党「日EU等経済協定対策本部」発足打合せに出席。夕方には、これまで多くの素晴らしい農業人材を輩出している(公社)国際農業者交流協会の懇親会に出席しました。
2017. 6.5(月) 参議院決算委員会(第10回)で平成27年度一般、特別、政府関係機関核決算を議決し、決算審査措置要求決議等がなされ、国家財政の経理及び国有財産の管理調査のため、会計検査及びその結果の報告を求めることを決定。事務所では、北陸4県の土地改良関係者や沖縄県石垣市の政策提案がありました。
2017. 6.3(土) 昨年同様、名古屋で愛知県の土地改良を支えてこられた方々の定例総会に出席、90歳を超えても矍鑠の先輩を始め、多くの先輩方が心血を注がれた土地改良の世代を越えたストック効果を思いつつ日帰り晴天の旅路でしたが、富士山には雲、国会も愈々終盤です
2017. 6.2(金) 早朝、自民党国土強靱化推進本部で大災害に備える知恵について岩手医科大小川理事長のお話、その後に自民党中小企業・小規模事業者政策調査会下請中小企業・小規模事業者対策小委員会で政府取組のアリング、参議院本会議では、住宅宿泊事業法案(民泊新法)の大臣趣旨説明、質疑、港湾法改正法案と地方自治法等の改正法案が可決成立、引き続き参議院独自の3調査会の中間報告、午後からは都議選応援に、その後、長野市議会新友会懇談会、石川県基幹水利施設管理協議会懇親会に出席しました
2017. 6.1(木) 早朝から自民党競馬推進議員連盟の勉強会に参加、その後、歴史を学び未来を考える本部主催の勉強会、日本海沿岸地帯振興連盟総会参加後、参議院農林水産委員会(第17回)で獣医師等に関する一般質疑、畜産経営の安定に関する法律及び独立行政法人農畜産業振興機構法の改正法案の山本農林水産大臣からの趣旨説明、自民党の農林水産高校を応援する会の総会に出席と続きました。事務所には熊本県の方々、高知県北川村長など多くの皆様が来られました
2017. 5.31(水) 早朝から所有者不明土地等に関する特命委員会に出席、短期集中的の議論で中間取りまとめに、その後、組込IoTイノベーション議連勉強会出席し参議院本会議に、国家戦略特別区域法及び構造改革特別区域法の改正法案の趣旨説明と質疑、引き続き、国民生活・経済に関する調査会(第7回)に出席し調査報告書(中間報告)の審議と続き、夕方、新潟県へ、新潟県土地改良建設業連絡協議会総会・懇親会で多くの関係者の生の声をお聞きし感謝。
2017. 5.30(火) 早朝、自民党所有者不明土地等に関する特命委員会、その後、地方創生実行統合本部の会議で「まち・ひと・しごと創生基本方針2017」についての議論、事務所では、秋田県、沖縄県、和歌山県、滋賀県の方々とじっくりと現場の声や課題をお聞きし意見交換、また、高松市議会の皆様とはため池や小規模農地の整備のあり方で意見交換しました
2017. 5.29(月) 参議院本会議で組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律の改正法案の審議開始で金田法務大臣から趣旨説明、午後からは各種打合せ、夕方に農政課題等に関する要請集会((一社)秋田県農業会議主催)に出席、事務所には戸敷宮崎市長が来られました
2017. 5.28(日) 早朝から北秋田市内の現地視察、綴子地区の大区画圃場での田植えの現場で、平成3年農水省で土地改良長期計画の作成作業を担当し同計画の目玉だった大区画ほ場整備の効果を見て胸踊る思いをしました。同市内の坊沢地区では、農事組合法人による大豆の集団転作、その大豆を使った豆腐工房、高齢者への宅配弁当等の取組み、農地中間管理事業の活用など、地産地消と地域の周年雇用の実現しており、久々の秋田で心身ともに活性化した気分です
2017. 5.27(土) 盛岡から秋田に移動、大潟村経由で北秋田市鷹巣で講演、我が国の食料自給率と食生活の課題、農業のあり方や政策展開の方向について私の考えをお伝えし、懇親会でも地域農業や集落維持の課題、林業政策など広範な課題について意見交換でき有意義な1日でした
2017. 5.26(金) 参議院本会議で、天皇の退位等に関する皇室典範特例法案審査のための特別委員会設置が全会一致で可決、その後、各委員会で約120年振りの大改正である民法改案や農村地域工業等導入促進法改正法案など審議了の法案10本が可決成立、その後、全国大規模農業水利事業協議会総会で講演、自民党かつお・まぐろ漁業推進議員連盟出席、農業農村工学会定時総会出席後、盛岡に移動で岩手大学農学部同窓会の北水会総会懇談会に参加しました

2017. 5.25(木) 早朝、自民党所有者不明土地等に関する特命委員会で問題の早期解決のため関係法の改正等に向けて中間とりまとめを議論、午後は、参議院農林水産委員会(第16回)で農村地域工業等導入促進法改正法案の質疑、で可決、その後、中山間地域振興対策協議会の懇談会に出席しました
2017. 5.24(水) 自民党「日本の豆腐文化を守る議員連盟」(豆腐議連)に出席、食品業界で初めて策定の「食品製造業・小売業の適正取引推進 ガイドライン~豆腐・油揚製造業~」の農林水産省説明、参議院本会議では内閣からの同意人事案件と学校教育法改正法案などが可決成立、自民党志帥会の拡大勉強会で日中知財保護最前線の講義、自民党再生可能エネルギー普及拡大議連と続きました。事務所には秋田県の皆様の政策提案、徳島県阿波市の多面的支払い関係要請に来られました
2017. 5.23(火) 早朝、自民党経協インフラ総合戦略調査特別委員会で二階幹事長から直接中国の状況についてお話も含め質疑、その後、自民党地方創生実行統合本部で「地方大学の振興及び若者雇用等に関する有識者会議・中間報告」等の審議、参議院農林水産委員会(第15回)で一般質疑と農村地域工業等導入促進法改正法案の趣旨説明、また、今日は都道府県水土里ネット会長会議が開かれ、顧問として近況報告を行いました
2017. 5.22(月) 参議院決算委員会(第9回)で約6時間半にわたる審議、決算の参議院の名に恥じないよう、膨大な労力と知見により取りまとめられている会計検査院報告を熟読し、国会議員の視点で緊迫感をもって臨んでいきます
2017. 5.21(日) 富士山を越えて広島へ、神石高原町で農業、林業の現場の厳しい現状を肌で感じつつ意見交換、福山市の土地改良関係者との意見交換、尾道市因島の万田発酵㈱の真摯な姿勢など多くのことを学ばせていただきました
2017. 5.19(金) 早朝、山田修辞参議院議員の朝食セミナーで本川前農林水産事務次官の講演、その後、参議院本会議で、道路運送車両法改正法案、土地改良法等改正法案が可決成立(改正土地改良法は6か月後に施行)、国会内の議員食堂での参議院創設70周年祝賀会には、両院議長、総理、最高裁長官はじめ多くの関係者が出席、夕方には、自民党柏支部総会で柏の皆様にもご挨拶です
2017. 5.18(木) 早朝、自民党所有者不明土地等特命委員会に出席、午後からの参議院農林水産委員会で土地改良法改正法案の質疑で自民党・こころを代表して私が約50分質問、私の専門分野の全国から寄せられた多くの疑問や不安を取りまとめ質問しました。是非とも参議院インターネット中継、録画をご覧下さい
2017. 5.17(水) 早朝、自民党沖縄関係合同会議で今後の沖縄振興策の審議、その後、参議院本会議で介護保険法等改正法案の塩崎厚生労働大臣から趣旨説明、質疑、5案件の条約締結の承認、外国為替及び外国貿易法改正法案など5法案が可決成立、午後からは、水産関係合同会議、TPP総合対策実行本部、都市農業振興小委・研究会合同会議、林政小委員会、農林・食料戦略、農林部会合同会議など慌ただしい中にも内容の濃い自民党内の部会が目白押し、また、鈴木三重県知事からの二階幹事長への予算要請に私も同席いたしました
2017. 5.16(火) 早朝、自民党組込みIoTイノベーション議員連盟の勉強会で「完全自立型」ドローンを初めて拝見、その後、自民党所有者不明土地特委「打合会」に出席、午後からは、参議院農林水産委員会(13回)で一般質疑の後、山本農林水産大臣から土地改良法改正法案の趣旨説明がなされ、いよいよ土地改良法改正法案の審議開始です
2017. 5.15(月) 早朝、秋田県選出国会議員の会に出席、午後から参議院決算委員会で外務省、防衛省、裁判所及び独立行政法人国際協力機構に関する質疑、夕方には、日本林業経営者協会総会後の懇親会に出席し各地の林業経営者の方々から色々なご意見をいただきました
2017. 5.14(日) 埼玉県鴻巣市の食の安全を考える女性の会主催の「食料の安全を考える会」で、「我が国の食料と農業」について色々な問いかけを行いながら講演をしました
2017. 5.12(金) 午前中、参議院本会議で福島復興再生特別措置法の改正法案、水防法等の改正法案、農業競争力強化支援法案など5法案が可決成立、午後は久々に仙台で宮城県測量設計業協会総会で講演、懇談会、その後の大学の同窓会に出て帰宅、事務所には三重県漁港建設協会の方々が来訪されました
2017. 5.11(木) 自民党所有者不明土地等に関する特命委員会で時宜を得た検討で成果に期待、午後は、農林水産委員会(第12回)で農業競争力強化支援法案が可決、夕方には、「捕鯨の伝統と食文化を守る会」に出席、事務所には元広島東洋カープエースの北別府さん、島根県の土地改良関係の方々が来訪され、感謝!
2017. 5.10(水) 早朝、超党派の「国際連合食糧農業機関(FAO)議員連盟」の設立総会、ローマ本部のグラジアノ・ダ・シルバ事務局長と国会議員との意見交換、その後、参議院本会議、参議院東日本大震災復興特別委員会(第8回)で福島復興再生特別措置法改正法案の質疑、討論、可決、午後は、自民党農業基本政策検討PT、国民生活・経済に関する調査会(第6回)で意見交換、事務所には秋田大仙市協和から多くの方々が来られ、激減する小中学校の児童生徒数の問題の深刻性を再認識しました
2017. 5.9(火) 午前中に参議院農林水産委員会(第11回)で農業競争力強化支援法案について質疑、午後からは、参議院予算委員会(第18回)で予算の執行状況に関する安倍内閣の基本姿勢について安倍総理入りの質疑、夕方には自民党農林骨太PTで規格認証のとりまとめ方向案の検討を行いました
2017. 5.8(月) 連休明けの久々の国会、早朝、秋田県選出国会議員の会に出席。午後からは参議院決算委員会(第7回)に出席、総務省と文部科学省関係の平成27年度決算の審議、その後、自民党農林骨太PT規格認証検討チームに出席しました
2017. 5.3(水) 午前中のハワイ大学でのセミナーでは二階幹事長が講演、太平洋の島嶼国での自然災害への対処、気候変動対策の重要性を強調され、11月5日の沖縄県での「世界津波サミット」への積極的な参加を呼びかけました。高知県の尾崎知事の講演、福井照代議士の国土強靭化に向けた講演など内容の濃いセミナーの後、デービッド・イゲ(DavidIge)ハワイ州知事の表敬、御年91歳ジョージ・アリヨシ(George Ariyoshi)元知事にもお会いしました

2017. 5.2(火) 日付変更線を越え再び5月2日ハワイ到着、アリゾナ記念館ビジターセンターで極めて客観的な歴史認識に基づく資料展示を見学、戦艦アリゾナの上に立つ「アリゾナ記念館」では二階幹事長が献花を捧げました
2017. 5.2(火) 午後、トンガのマウイ石(津波石)の碑建立除幕式に出席など慌ただしい日程を終え、フィジーのナンディ国際空港経由でハワイ・ホノルル国際空港に向かいました。途中のキリバス共和国のキリスィマスィ島で給油中‎に乗客の入れ替わりや座席周辺の総改め検査など貴重な経験をしました
2017. 5.2(火) 5月2日(火)前日にフィジーからトンガ王国のヌクアロファ国際空港へ、朝からトンガでの会議等へ、トゥポウ6世国王陛下に接見いただき、ポヒヴァ首相に表敬。JICAプロジェクト署名式に立会い、「世界津波の日」高校生サミットに参加した高校生と交流し、トンガの小学生に高知県黒潮町長からのランドセル贈呈式にも立合いました
2017. 5.1(月) 早朝より、昨年「世界津波の日」高校生サミットに参加したフィジーの高校生6名と懇談、その後、ルベニ国会議長、コロンテ大統領を表敬、直行便の廃止など日フィジー間の現状から、今後の関係強化の思いを強くしました
2017. 4. 29(土) 夜、羽田空港からシドニーへ、空港で約3時間待って乗り換えフィジー共和国首都スバのナウソリ空港へ
2017. 4. 28(金) 参議院本会議で都市緑地法等改正法案、医療分野の研究開発に資するための匿名加工医療情報に関する法案、電波法及び電気通信事業法改正法案の3法案が可決成立、東日本大震災復興特別委員会(第7回)での質疑でした。明日からはフィジー、トンガに出張、後日、様子をご報告します
2017. 4. 27(木) 早朝、自民党の所有者不明土地等に関する特命委員会で関係省庁からヒヤリング、その後、参議院東日本大震災復興特別委員会、農林水産委員会、夕方には、自民党農林水産業骨太方針実行PT、今日も慌ただしい中にも多くの方々が事務所に来訪されました
2017. 4. 26(水) 早朝、自民党普及事業推進議員懇談会総会に出席、その後、長野県安曇野市議会議員の方々と農政の意見交換、昼は全国大規模農業水利事業協議会理事会出席、そして、自民党林政小委員会に出席と今日も多くの会議と出会いがありました。感謝です!
2017. 4. 25(火) 自民党国土強靭化推進本部の「国土強靭化アクションプラン2017」の会議に出席、その後、参議院農林水産委員会で農業競争力強化支援法案の審議、夕方は所属する政策集団「志帥会」の講演会とパーティー、講演会では司会を務め、熊本県土地連の荒木会長が熊本地震の復旧復興に土地改良が果たした役割を報告されました
2017. 4. 24(月) 午前中に千葉県の土地改良関係の方々、夕方には鹿児島県南薩土地改良区の皆様と懇談、また、土地改良関係の会議で上京された皆様も来訪されました

2017. 4. 23(日) 大阪で高槻レンゲ振興会主催のレンゲ祭りに参加、神安、御殿山など土地近郊地域の土地改良区で国政報告、都市地域での鳥獣害被害の問題など実情をお聞きしました。大隈和英代議士とレンゲ畑で写真、中谷元 代議士を囲む会に出席など有意義な一日でした
2017. 4. 22(土) 宮崎から東京経由で富山市に移動し国政報告会開催、懇談会には堂故参議院議員も出席され、米の生産流通問題、主要種子法廃止問題、畦畔や水路の鳥獣害被害の復旧問題、ICTやAI技術を駆使した水管理等の徹底的効率化などについて私の意見説明や様々な課題をお聞きした後、大阪茨木市に移動しました
2017. 4. 21(金) 早朝、武部新代議士の朝食勉強会に出席後、参議院本会議で永年在職議員表彰、山本農林水産大臣の農業競争力強化支援法案の趣旨説明と質疑、外交防衛委員会の3法案採決、議決成立、午後からの東日本大震災復興特別委員会(第5回)の後、宮崎に移動、土地改良関係の女子会、日本のひなた水土里ネット女子会設立の懇談会に出席でした。事務所には新潟から西蒲原土地改良区の皆様が見えました
2017. 4. 20(木) 早朝、自民党農林水産業骨太方針実行PTで主にGAPに関する規格・認証等について関係者からのヒアリング、午後は株式会社パートナーエージェントの田中淳一さんから長野県川上村の事例等で婚活と地方創生などのお話、夕方は超党派の協同組合振興研究議連総会に出席と今日も充実した一日でした
2017. 4. 19(水) 午前中参議院本会議で福島復興再生特別措置法改案の趣旨説明と質疑、その後各種法案の採決で可決成立、午後には、国民生活・経済に関する調査会(第5回)で有識者からの意見聴取と質疑、事務所には島根県雲南・仁多地区建設業協会の方々が来訪されました
2017. 4. 18(火) 早朝、自民党差別問題に関する特命委員会、その後、水産部会・水産総合調査会合同会議で「水産白書(案)」審議、所有者不明土地等に関する特命委員会、農林・食料戦略調査会、食育調査会、農林部会合同会議で「平成28年度食育白書」の本文案について意見交換と目白押し、事務所には、宮崎県、富山県などから多くの方々がお見えでした
2017. 4. 17(月) 久し振りの沖縄、地下ダムによる高収益農業への転換が進み、東南アジアへの農林水産物の輸出拡大の拠点・那覇空港など沖縄振興は、我が国の最重要課題の一つ、沖縄の農林水産業と農山漁村振興策を自分なりに検討します
2017. 4. 16(日) 香川県坂出市と高松市で瀬戸隆一代議士と農業農村整備に関する意見交換会を開催、ため池の耐震対策や老朽化対策、農地が散在する特性から大区画化や集積の全国一律の政策には馴染みが薄いなどの話題が多く、香川の地域特性に合った農業・農村の振興に頑張ってまいります。
2017. 4. 15(土) 安倍総理主催の「桜を見る会」に妻とともに出席、農水省時代の先輩夫妻など多くの方々とお会いでき、妻とも久し振りにゆっくりと会話でき、心身ともにリラックスしました

2017. 4. 14(金) 早朝、自民党国土強靭化推進本部で有識者よりヒアリング、参議院本会議では委員会議了案件8本の法律が可決成立、午後には、東日本大震災復興特別委員会に出席、夕方には、大阪府松原市三宅町土地改良区総代研修懇親会に参加と慌ただしい中にも充実した一日でした
2017. 4. 13(木) 朝、自民党経協インフラ総合戦略調査特別委員会で経協インフラ総合戦略調査特別委員会の質疑、参議院農林水産委員会では午前の参考人質疑、午後の法案質疑の双方で質問しました。夕方には、日本・チリ友好議連総会に出席、今年は、日本・チリ通商修好条約締結120周年の記念すべき年です
2017. 4. 12(水) 午前中、参議院本会議で3法案が可決成立、その後、自民党女性局役員会出席、午後は、参議院国民生活・経済に関する調査会(第4回)で有識者から極めて有意義な意見聴取、事務所には奈良県大和平野土地改良区の金澤理事長来訪されました
2017. 4. 11(火) 早朝、自民党農林・食料戦略調査会、農林部会合同会議で平成28年度白書審議、中山間地域関係も含め各先生からの指摘事項は殆ど取り入れられました。その後、岩手県の方々が二階俊博幹事長、西川公也農林・食料戦略調査会長、小泉進次郎農林部会長に予算確保の要請、山梨県の方々が二階幹事長に予算確保の要請、同行の後、参議院農林水産委員会に出席しました
2017. 4. 10(月) 午前中は農業・農村開発インフの海外経済協力に関する意見交換、午後の決算委員会の初めての質問では農林水産分野を取り上げました。宿舎近くの昼と夜の桜です、
2017. 4. 9(日) 久々に自宅周辺のモール街で農産物販売の実情を勉強しました
2017. 4. 7(金) 参議院本会議で精神保健及び精神障害者福祉法の改正案 の趣旨説明、臨床研究法案などの可決成立、ベトナム国ディン・ラー・タン党委書記訪日団との昼食会で農業に関して意見交換しました
2017. 4. 6(木) 午前中、参議院農林水産委員会で農業機械化促進法廃止法案と主要農作物種子法廃止法案の趣旨説明、午後からGAPや地方創生などの意見交換、事務所には約20年前、在チリ日本大使館時代にお世話になった方々が来訪されました
2017. 4. 5(水) 自民党一億総活躍推進本部健康寿命革命プロジェクトチームの会合で速水雄一島根県雲南市長のお話、午後は秋田の佐竹知事の選挙応援、新城川土地改良区での国政報告会で日帰りと有意義な一日でした
2017. 4. 4(火) 参議院農林水産委員会でJAS法改正案について質問、この改正が農産物の輸出拡大に大きく貢献することが期待されます
2017. 4. 3(月) 午前中は法案審議の準備、午後は決算委員会、決算の参議院として議決に向けてしっかりと審議に臨みます
2017. 4. 2(日) 新潟で自民党のふるさと対話の一環として金子めぐみ代議士からのお声がかりで三条市、加茂市の中山間地域で農業問題を中心とした対話集会に参加、車座になって農業問題を中心生の声をお聞き出来、有意義な一日でした
2017. 4. 1(土) 土曜日ですが、日本技術士会農業部会(湯川剛一郎会長)主催の講演会で講演と質疑応答、私も技術士の一員として政治の立場から技術士会の発展に向けて全力でサポートします
2017. 3. 31(金) 参議院本会議で、日米、日豪、日英の物品役務相互提供協定(アクサ協定)の岸田外務大臣から趣旨説明、その後、いわゆる日切れ法案等の採決が行われ可決成立しました

2017. 3. 30(木) 早朝に山東昭子参議院議員(元科学技術庁長官)も出席され与党技術士議員連盟呼びかけ人会開催、技術士制度のあり方などを検討、その後、参議院農林水産委員会で特殊土壌地帯災害防除及び振興臨時措置法の可決、農林水産関係8法律の山本農林水産大臣から趣旨説明、夕方には、 超党派米消費拡大・純米酒推進議連総会と懇親会出席でした
2017. 3. 29(水) 午前中は参議院本会議でいわゆる「給付型奨学金」可能とする日本学生支援機構法の改正案について松野文部科学大臣からの趣旨説明、午後は4月以降参議院農林水産委員会で審議予定法案の質問案検討、事務所には富山県入善町の方々が来訪されました

2017. 3. 28(火) 安倍総理も出席されて参議院決算委員会で約5時間16分の審議、私は決算委員ですのでしっかりと審議に臨みます
2017. 3. 27(月) 平成29年度予算が成立、早期成立で最大の景気対策となりますが、十分な審議時間の一方、審議内容は少し如何なものかという苦情が寄せられました。今日は財政金融委員会、本会議での日切れ法案の採決と可決、決算員会と続きました
2017. 3. 25(土) 兵庫県たつの市で山口壯代議士からのお声がけで農業シンポジウムで講演とパネルディスカッション、その後、水土里ネット和歌山の定時総会に出席と多くの皆様との意見交換ができ充実した一日でした
2017. 3. 24(金) 午前中は参議院予算委員会集中審議に出席、全国水土里ネット通常総会の功労者の表彰式にも出席し「土地改良は日本の命綱」の思いを新たにしました
2017. 3. 23(木) 早朝、秋田県選出の自民党国会議員朝食会に参加、その後、参議院予算委員会の証人喚問のため自民党本部前の兵庫物産展には残念ながら出席ませんでした。世の中は人事異動の季節、退職のご挨拶に来られた方々にはご慰労申し上げます
2017. 3. 22(水) 朝は自民党農林政策骨太PT規格認証等戦略検討チームの勉強会、午後は参議院農林水産委員会が開かれ予算の委嘱審査、夕方は公益社団法人土地改良測量設計技術協会の総会後の懇談会に出席しました
2017. 3. 21(火) 参議院東日本大震災復興特別委員会の委嘱審査で、農業の問題に焦点を絞り約20分間6問の質問、状況変化に応じた制度の柔軟な変更も検討し今後も現場目線で果敢にチャレンジしてまいります(中継録画をどうぞ)
2017. 3. 18(土) 昨夕から秋田帰省、朝から関係者や3選を目指す佐竹知事にもご挨拶、実家にも寄り、秋田名物3点セットを持って帰宅、久しぶりで愛犬ルリーもご機嫌でした

2017. 3. 17(金) 早朝に自民党農林水産業骨太PT規格、認証等戦略検討チームに出席、参議院本会議では、塩崎厚生労働大臣から雇用保険法等改正案の趣旨説明、本会議終了後、自民党都市農業振興小委員会・都市農業研究会合同会議では都市農業の振興も重要性を認識しました
2017. 3. 16(木) 早朝、自民党地方創生実行統合本部の会議に出席、蒲島知事、前川自民党県連幹事長、濱田農林水産部長が熊本から上京され、蒲島知事から極めて明快かつ示唆に富んだ創造的復興の説明、自民党本部前での「熊本地震復興応援フェア」がありました
2017. 3. 15(水) 山口県土地改良事業団体連合会の第60回通常総会に出席、挨拶では土地改良を通じた農家所得の向上など農業・農村の振興が目指すべき目的を強調しました。帰京後、自民党食料産業調査会・成長産業化委員会に出席しました
2017. 3. 14(火) 午前中、参議院予算委員会に出席、午後には福岡市で九州地区の土地改良協議会の会長会議に出席、意見交換、熱い懇談会の後、山口に向かい翌日に備えて情報交換しました
2017. 3. 13(月) 昨夜、秋田の帰途福島県郡山市で福島県議会議員の皆様と懇談し帰京、今日は参議院予算委員会で集中審議、事務所には、青森県岩木川地区土地改良区協議会の皆様が来られ、事業完了後の維持管理の問題等について意見交換しました

2017. 3. 12(日) 秋田から移動、「御狩場焼定食」を昼食に、秋田新幹線で角館駅を出ました
2017. 3. 11(土) 雪が残る秋田で大曲営農集団の勉強会で講演、今後の米政策について生産者の皆様と意見交換、言うは易し行うは難しですが、私も一緒になって悩み解決策を模索すべく努力します
2017. 3. 10(金) 午前中、参議院本会議で平成29年度地方財政計画、地方税法等の改正案及び地方交付税法等の改正案の趣旨説明、質疑、その後、東日本復興特別委員会、自民党農林合同会議出席、事務所には西津軽土地改良区の増田理事長が来訪されました
2017. 3. 9(木) 早朝、自民党国土強靭化本部の会議に出席、その後参議院農林水産委員会で山本農林水産大臣の所信に対して、私から約40分質疑、その他、多くの懇談会に参加し、大変中味の濃い充実した一日でした
2017. 3. 8(水) 早朝、日本人にとって大きな課題である自民党北方調査会に出席、その後、参議院予算委員会に出席、午後からは長野市川田土地改良区関係の皆様の要請をお受けしました。課題多しです
2017. 3. 7(火) 参議院の常任委員会での審議開始、所属の農林水産委員会で9日の質問が決まり夕刻には農林水産省に質問内容を通告しました。事務所には八丈町の山下町長をはじめミス八丈島の方々から花を届けていただきました
2017. 3. 6(月) 地方創生の関係で静岡県浜松市を訪問、典型的な山村の天竜区の旧龍山村で地域管理のNPOや林業関係者が必死の活躍に注目、その後、天竜浜名湖鉄道で掛川市に移動し市街地再開発の状況や課題などについて調査しました
2017. 3. 5(日) 第84回自民党定期大会開催、友好団体等表彰では全国土地改良政治連盟も受賞、党則改正案了承、座談会があり、安倍総裁の印象的な演説で閉幕、終了後、川崎市高津区で秋田県同郷の斎藤伸志市議会議員の新春の集いに出席しました
2017. 3. 4(土) 3月4日 自民党全国女性局長・代表者会議に女性局次長として参加、第一部でH29年度の活動方針が採択、第二部は、パネルディスカッションと、大変有意義な会議となりました
2017. 3. 3(金) 早朝、自民党水産部会・調査会合同会議でウナギの資源管理等について意見交換、その後、リバランス議員連盟で有識者からヒアリング、午後は、参議院予算委員会出席、夜は、チリの大使館時代の同僚と旧交を温めました
2017. 3. 2(木) 終日、議員会館中心に打合せ、自民党外国人労働者等特別委員会で農業特区における外国人材の活用の検討状況等、夕方には、千葉県の国営両総用水土地改良事業の関連事業な進め方の意見交換を行いました
2017. 3. 1(水) 3月です。早朝、自民党農林合同会議で農業災害補償法の党内検討、日帰りですが熊本県土連の通常総会に出席しました
2017. 2. 28(火) 自民党本部で東日本大震災復興加速化本部総会、党内の戦略研究会、午後からは、参議院予算委員会の審議、農水省から今国会提出予定法案の内容の説明、夕方は今村雅弘復興大臣の政経パーティーに出席しました。事務所には北海道から雨竜町長、(株)農土コンサルの堀井社長が来訪されました
2017. 2. 27(月) 高齢化率が日本一高い村群馬県南牧村を訪問、水稲作ゼロでこんにゃくと林業の村として頑張っている地域の方々との意見交換、小学校訪問で地方創生の更なる検討の必要性を痛感、帰路は埼玉県鴻巣市で土地改良関係の先輩方にご挨拶、鴻巣駅直結のショッピングセンターのピラミッド雛段には驚きました
2017. 2. 26(日) 快晴の秋田で農地集積加速化整備事業「南外中央地区」の完工式に出席、困難な合意形成を経て農地の大区画化による地域農業発展の基礎を築いた皆様にエールを送りました
2017. 2. 25(土) 雪に覆われた大曲と我が故郷である旧協和町の中心部を見ながら秋田空港へ、御法川信英代議士の新春の集いに出席、夕方には由利本荘市矢島町での高校同窓会に出席、貸切り列車状態の由利高原鉄道で地域の事情に思いをはせながら秋田に向かいました
2017. 2. 24(金) 主に自民党の会議に出席、経協インフラ総合戦略調査特別委員会、農林水産業骨太方針実行PT、農林・食料戦略調査会、農林部会合同会議、環境部会と続きました。夕方に全国土地改良政治連盟の定例総会、北海道連盟の続木会長と河上局長の来訪、千葉での大学の同窓会に顔を出し、久しぶりに自宅です
2017. 2. 23(木) 早朝から飛行機を乗り継ぎ、愛媛県と長崎県の各土地改良事業団体連合会の通常総会出席、土地改良の効果と必要性を訴え予算の安定的な確保を目指す国政報告を行いました
2017. 2. 22(水) 早朝から自民党の水産基本政策委員会に出席し今回改訂予定の水産基本計画等について審議、その後、水の安全保障戦略機構第15回基本戦略委員会、午後からは、参議院国民生活・経済に関する調査会の参考人質疑、その後、「故郷を支援する参議院の会」で藤井聡京大教授から力強く論理的な講演を拝聴、夜には、島村和成江戸川区議会議員の新春の集いに参加しました
2017. 2. 21(火) 自民党林政小委員会で通称:クリーンウッド法と森林環境税についての意見交換に参加、市町村の体制整備やロードマップを関係者間で共有することの重要性を指摘しました。その後、新潟県西蒲原土地改良区、農業農村整備研修会で国政報告、講演を行いました

2017. 2. 20(月) 自民党地方創生実行本部長の河村建夫先生、福井照先生、谷公一先生に同行し、山形県西川町、鶴岡市での視察、意見交換です。豪雪地域の中山間振興・維持の多くの深刻な課題について考えさせられました
2017. 2. 19(日) 自民党富山県連入善支部総会後「農業・農村の整備について」講演、懇親会では、宮腰衆議院議員、堂故参議院議員とも同席させていただき、また、入善町の親戚の方々にもお集まりいただき感謝でした

2017. 2. 18(土) 現職時代お世話になり、常に住民目線の温かいお人柄と強い政治信念に多くのことを学ばさせていただいた群馬県館林市長・前群馬県土地改良事業団体連合会会長の安樂岡一雄さんの通夜に参列いたしました
2017. 2. 17(金) 早朝に中国共産党中央対外連絡部の方々と朝食会、その後、農林合同会議で加工原料乳生産者補給金制度等の審議、酪農家と消費者がWINーWINの関係となる制度改正への柔軟な対応の重要性を認識しました
2017. 2. 16(木) 朝は自民党の農林合同会議で今国会提出予定法案であるAS法案審議で戦略的な取組が必要との意見を述べ、その後、山村振興特別委員会に出席、自民党本部前では安倍総理も出席され山口県物産展、事務所には北海道開発局の先輩方をはじめ、多くの方々が来訪されました
2017. 2. 15(水) 午前中は自民党資源・エネルギー戦略調査会、水素社会推進委員会、参議院本会議では安倍総理から米国訪問に関する報告、本会議後、福岡県北九州市、田川市周辺のJA青年部、熊本県球磨地方の方々の来訪と要請、午後からは、参議院国民生活・経済に関する調査会での参考人意見聴取、質疑、夕方には、国民を豊かにする資本主義研究会でデービッド・アトキンソン(David Atkinson:小西美術工藝社社長)さんのお話と今日も多様な分野での知見を得ました
2017. 2. 14(火) 朝は自民党災害対策・国土強靱化合同会議、昼は外交関係合同会議で日米首脳会談結果の説明、その後、参議院のあり方検討会、金融調査会、過疎対策特別委員会などに出席、また、新潟県西蒲原土地改良区の濱田理事長はじめ役職員の方々が来訪され有意義な意見交換を行いました

2017. 2. 13(月) 前日に移動し、13日午前中は岡山県土地改良事業団体連合会総会、午後は広島県土地改良事業団体連合会総会でご挨拶、夕方に帰京し、西川公也元農林水産大臣の出版記念パーティーに出席と慌ただしくも充実の一日でした
2017. 2. 10(金) 午前中に参議院本会議の後、空路福井へ。200人を超える土地改良関係者の皆様に国政報告を行い、日野川沿岸で3年間お世話になった福井に感謝しながら北陸新幹線経由で帰京しました

2017. 2. 9(木) 朝、自民党農林合同会議での土地改良法と農村工業導入法の改正案の審議があり、中山間地域の要件では現場実態が反映されるよう要請、その後、千葉県鴨川市で土地改良関係者の役職員研修会で講演、鳥獣被害に悩む中産間地の多い長谷川鴨川市長にも表敬しました
2017. 2. 8(水) 盛岡から帰郷後、山梨県小菅村の舩木村長と群馬県嬬恋村の熊川村長が来訪され、多面的支払制度の運用改善の要請を受け、その後、自民党の参議院あり方検討会、参議院国民生活・経済調査会での格差問題等に関する参考人質疑、夕方は、役所からのレクや同期当選議員の会の勉強会と充実した一日でした
2017. 2. 7(火) 早朝、自民党地方創生実行統合本部で高出生率を達成した岡山県奈義町の緻密な取組事例に強い印象を受け、盛岡に向かい、約300名の土地改良関係の皆様に、元上司の皆川元農林水産事務次官とともに講演しました
2017. 2. 5~6(月) 島根での国政報告、林業振興の重要性や土地改良施設の維持管理問題対応の必要性、農家負担金の軽減対策の必要性、欠航で長時間滞在した出雲縁結び空港で少子化対策まで考えが及びました
2017. 2. 4(土) 立春、山梨で富士山と八ヶ岳が一望できる中、3ヶ所で国政報告と意見交換。中山間地域での農業、産業振興、生活環境整備など多くの課題について、私も含め関係者の努力と連帯の大切さを認識でき、感謝です
2017. 2. 3(金) 快晴の中美しい富士山を眺めながら、滋賀県へ移動、国政報告で農地中間管理機構、鳥獣害対策、中山間地域の振興、局所的豪雨被害頻発などについて本音の議論ができ感謝です
2017. 2. 2(木) 早朝から自民党農林合同会議で今国会提出予定の土地改良法他農林関係法案の審議、午後は自民党政調金融調査会・若手議員勉強会出席、夕方には神奈川県土地改良事業団体連合会の研修会懇談会に出席と充実した一日でした
2017. 2. 1(水) 早朝より自民党水産基本政策委員会で水産基本計画策定に関する審議、超党派の棚田振興議員連盟総会で事務局長代理を仰せつかり、事務所では高貝秋田県土連会長ほかメーカーの方々などが来訪され、貴重な意見や情報をいただきました
2017. 1. 31 参議院本会議で平成28年度第3次補正予算、「地方交付税法及び特別会計に関する法律の一部を改正する法律案」が可決、昼は自民党本部での大日本猟友会主催の「自然と農山村を守る狩猟のつどい」に参加、また、千葉県大利根土地改良区の皆様、栃木県小山市の大久保市長、北秋田市の三澤さんなど多くの方々にお会いしました
2017. 1. 30 会津宮川土地改良区からの室内用切り枝桜「啓翁桜」に和まされ、午前中は土地改良法、災害関係の農林水産省レク、午後は参議院予算委員会の質疑出席、東日本大震災で甚大な被害を受けた仙台東部土地改良区関係の方々が来訪され、被災地に寄り添う復旧・復興への対応に心新たにしました
2017. 1. 28 宮崎日南市で土地改良関係の方々に講演、質疑応答、早急な農地整備、中山間地域対策の更なる充実の必要性をしっかりと受け止めました
2017. 1. 27 宮崎で水土里ネット宮崎の研修会で講演、いつもの他を思いやる利他の大切さを気付かされ感謝です
2017. 1. 26 早朝よtり東日本復興加速化本部、地方創生実行統合本部、漁港漁場漁村整備促進議員連盟総会などに出席、午後はお揃いのピンクのジャンパーの道づくりを考える都城広域女性の会の方々、青森津軽の北五土地改良区連合職員の皆様と意見交換、懇親会、石川県手取川土地改良区の本屋理事長・事務局の皆様のご来訪、夜は、佐竹知事も出席の在京秋田県人新春交歓会と大変有意義な1日でした
2017. 1. 25 早朝、農林合同会議で中山間地農業ルネッサンス事業について発言、参議院本会議代表質問に出席、自民党参議院政策審議会でのH29年度予算案の勉強会参加、水産関係合同会議に出席など今日も充実の一日でした
2017. 1. 24 午前中、参議院本会議、決算委員会出席、午後は厳寒の札幌で北海道土地改良建設協会の新年交礼会に出席して空港除雪作業の皆様に感謝しながら帰京。今日は広島県呉市議の土井正純さんの来訪も受けました
2017. 1. 23 午前は山形県鶴岡地区土地改良推進協議会の皆様の農林水産省の齋藤健副大臣への政策提案に同行、午後は土地改良政治連盟打合せ、土地改良関係のコンサルタントの皆様にご挨拶しました
2017. 1. 22 高知から徳島へ徳島・高知の合区を考えながら移動、徳島選出の衆参議員の皆様とともに阿波市土地改良連絡協議会新年互礼会に参加しました
2017. 1. 21 地方創生関係の現地調査で高知に伺い、農林漁業・農山漁村は守るための政策の必要性を痛感しました
2017. 1. 20 第193通常国会が開会され、久々に各種会議に出席、総理の「未来を拓く」ための新しい国創りとともに「壁」を一致団結して破ることの必要性と重要性を強く訴えておられた姿が印象的でした
2017. 1. 19 熊本にて、早朝から土地改良関係コンサルタントにご挨拶、土地改良関係新年互礼会の後、大分・別府に移動し、大分県土地改良関係の役職員研修会の懇談会に出席しました
2017. 1. 18 岡山にて、午前中は水土里ネット岡山、土地改良関係の会社にご挨拶し、中国四国の土地改良関係新年互礼会の後、水土里ネット広島と山口にご挨拶しました
2017. 1. 17 京都にて近畿の土地改良関係者の新年互礼会に出席後、水土里ネット京都、市内のコンサルタント会社へのご挨拶、神戸に移動し水土里ネット兵庫にご挨拶しました
2017. 1. 16 参議院会館での執務です。午前は静岡県の団体、企業の方々の訪問を受け、午後は自民党日EU経済連携対策議員連盟設立総会、日本林業経営者協会理事会懇談会に出席しました
2017. 1. 13 行事が重なり、宮城県土地改良関係新年懇談会と水土里ネット長野の故中原前会長を偲ぶ会に妻に代理出席させていただきました
2017. 1. 13 大阪府下3会場で水土里ネット大阪主催の役職員研修会で講演と意見交換、夕方には、愛知県土地改良測量設計技術研究会の新年会に出席しました
2017. 1. 12 久々の熊本で水土里ネット熊本と熊本県庁に年始のご挨拶に伺った後、自民党熊本県連の新年会に出席しました
2017. 1. 11 名古屋にて東海の新年互礼会懇談会出席、民間コンサルタントの皆様に新年のご挨拶などの後、東京で日本技術士会新年懇談会出席、更に最終便で熊本に移動です
2017. 1. 10 北陸の新年懇談会に出席、水土里ネット富山、石川、福井で、新年の挨拶と土地改良を巡る予算や制度の状況を報告、各県の現場の実情をお聞きしました
2017. 1. 6 東北の土地改良関係団体主催の新年懇談会に出席、水土里ネット宮城、福島、栃木に伺い、新年の挨拶と土地改良を巡る予算や制度の状況を報告しました
2017. 1. 5 
 安倍総裁、二階幹事長も出席しての自民党仕事初め、大日本水産会の新年懇談会、土地改良関係団体主催の新年懇談会に出席しました
2017. 1. 4 
 官庁御用始です。愛知県に伺いました
2017. 1. 1 
 謹賀新年