2018. 8.12.(日)秋田で中学校の同窓会に出席、中学校卒業後40年になりますが、174名の同期生のうち45名の参加でした。地元大仙市協和(旧協和町)で頑張っている同期生が幹事を務めてくれて、盛大な会になり心から感謝です。欠席した44名からメッセージがありました。結局、3次会まで多くの仲間が残り、本当に楽しい一時、国政や地域振興に関する多くの直球アドバイスもいただきました。久々に生家に泊まり、クーラーのいらない快適な睡眠で元気をいただき、母や家族に感謝です。
2018. 8.11.(土)引き続き鳥取で、米子市に宿泊し、大山総合体育館で開催の第3回「山の日」記念全国大会in鳥取に参加。メインアトラクションとして、開山1300年を迎える信仰の山「大山」の豊かな魅力(歴史、文化、自然、楽しさ、恵み等)を通じて、人と山とが調和を続け、未来に歩んでいくことを「山を守る聖地」大山から発信するというコンセプトで、【第1章】大山さんと出逢う【第2章】大山さんと絆深まる、という構成で素晴らしい催しが披露されました。来年は、山梨県甲府市での開催です。
2018. 8.10.(金)鳥取市を起点に米子まで土地改良関係の方々と意見交換。各会場とも時間が短かったですが、土地改良区自体の体制の問題、改正土地改良法への対応問題、災害への不安、小規模兼業農業存続の問題など多くの課題をお聞きしました。改正土地改良法の内容や米政策の展開方向などについて、現場に正確な情報が伝わっていない点、後継者問題、畑作で収益を上げているところの違う悩みや心配、農業水利施設の老朽化と相まって用水供給の安定性や持続性への不安の声も聞かれ、やはり現場の声をしっかりとお聞きし、情報をお伝えし、双方向で率直な意見交換を行うことが大切です。今回も故小林國司先生の胸像にご挨拶をいたしました。
2018. 8.9.(木)棚田支援に関するプロジェクトチームの実務的な打合せを行い、岡山と広島の豪雨災害の詳細について情報収集し、今後の方向性について検討。とにかく大変な災害で、農作物の災害は、農家の生活の糧を奪いかねない深刻なもので、張っておられる農家の方々に報いることができるよう、行政サイドも大変な努力をしていますが、政治の立場からもしっかりとお応えできるようにしていかなければなりません。被災の詳細が把握できていないところもあり、現場に混乱を与えないように、お盆明けに現地調査を行う予定です。今日も多くの方々が私の事務所に来られ、本当に感謝です。
2018. 8.8.(水)大阪府、茨木市、河南町、柏原市、堺市、貝塚市の5会場で「都市農業を語る意見交換会」を行いました。北の能勢町から南の岬町まで実に多様な大阪の農業は、都市農業振興基本法の制定を契機として、国としても都市農業の振興に必要な施策を講じるこことされました。しかし、市街化区域内農地には基本的に国が助成する土地改良事業は実施できず、農業水利施設の老朽化対策やICTやAIを駆使した基盤づくりも必要になってきており、更なる検討が必要です。また、農業と福祉の連携(農福連携)などの取り組みも都市農業の振興に効果的です。大阪の土地改良区も経常賦課金の値上げが困難な中で、事務統合や合併等による運営基盤の強化が課題になっており、引き続き多くの意見をお聞きしながら、出来る限りの支援を行ってまいります。
2018. 8.7.(火)自民党内の多くの会議に出席。棚田支援に関するプロジェクトチーム拡大会合では、「棚田法案」(仮称)に関する論点(案)について意見を交換。水産関係合同会議では、平成31年度水産関係予算概算要求の基本的考え方、WCPFC「北小委員会」への我が国の提案、平成30年7月豪雨による水産関係の被害・対策が議題でした。引き続き、農林関係合同会議では、平成31年度概算要求(主要事項)、平成30年豪雨災害等における農林水産関係の被害状況及び支援対策についての意見交換でした。捕鯨対策特別委員会・捕鯨議員連盟合同会議では、IWC総会への対応について農水省から説明がなされました。今日も暑い中、多くの方々が私の事務所に来られ、感謝です。
2018. 8.6.(月)午前中、参議院会館事務室で各種レクと資料の読込み。午後から秋田へ。竿燈祭りの最終日で、土地改良関係の方々と懇談。冨樫衆議院議員、中泉参議院議員、佐竹秋田県知事と同席いたしました。爽やかなわが郷土で暫し英気を養い、最終便で東京に戻りました。
2018. 8.5.(日)早朝より四万十市と四万十市町の未整備農地を視察、前者は、大正年代の耕地整理事業で一応は小区画に整備、後者は全く未整備で、双方とも高性能な農業機械が農地に入ることができず、また排水改良が未了なので水田の畑利用ができないことから、労働生産性も土地生産性も低い訳です。後者は、もうすぐ事業化の見込みですが、前者は構想すらない状況で現場には各種有利な制度の情報も届いていず、こうした状況を改善する必要があります。昼には四万十町の「仁井田のりん家」で土地改良関係の方々と意見交換、廃校となった保育園を集落センターとして活用している「りん家」の弁当は、手作りの愛情のこもった素晴らしいものでした。午後は南国市で意見交換、前南国市長の橋詰さんの元気なお姿を拝見、国営農地再編事業の実施に向けて手続きが進められており、色々な課題がありますが、一つひとつクリアして前に進めていかなければなりません。二日間の高知では、山本前農林水産大臣、桑名高知県土連会長はじめ関係市町村長の皆様、稲刈り作業の最盛期にお集まりいただいた農家の方々、土地改良関係の方々に心から御礼申し上げます。
2018. 8.4.(土)山本有二前農林水産大臣のお声掛けで高知県西部の農業生産基盤に関する現地調査と意見交換を全国水土里ネット会長会議顧問の宮崎雅夫さんと一緒に行いました。高知市春野町、須崎市、四万十市関連の土地改良を中心とした方々との意見交換会を3会場で行い、活発な意見交換でした。キーワードは、農家所得向上であり、JAと土地改良区との連携の必要性が共有され、ミョウガ、生姜などの施設園芸を中心に早くから農地の区画整理と排水改良を中心とした土地改良による基盤づくりにより、土地生産性は全国トップクラス。しかし、まだまだ多くの農地が土地改良が未了で、耕作放棄地が広がっており、しっかりとフォローし、支援してまいります。宿泊は高知の小京都・四万十市中村でした。
2018. 8.3.(金)被災農地調査の後、「くまもと水土里ネット女性の会設立総会」に出席して挨拶。土地改良区の横の連携を役員等の従来ラインのみでなく、特に女性の視点からきめ細かに図っていくことの重要性、普段の生活の中でPTA、婦人会、町内会などとの関係で土地改良区ができることを女性の視点から積極的に提案していただきたい等、今後の女性の会の活躍と発展に期待する旨お話ししました。
2018. 8.3.(木)一便で熊本に飛び、熊本地震の被災農地の復旧状況を調査。阿蘇市の断層のズレで2~3mの段差ができた農地の区画拡大を図った復旧、南阿蘇村の乙ヶ瀬地区の傾斜農地の崩落を農地の集約とともに水稲中心から野菜等の高収益作物への転換も進める復旧、まさにいずれも創造的復興が図られています。大切畑ダムは地震当時、ダム決壊との報道がありましたが、実際にはダム堤体は亀裂があるのみで、決壊に至るものではなく、優良農業地帯の水瓶として断層を避けて上流側にダムを再築造する方向で検討が進められています。熊本市秋津地区は用排水施設が被災して水稲の作付ができず、復旧に合わせて区画拡大を図り、工事箇所以外は主に大豆を作付して農家の所得を確保しています。色々な現場の課題をお聞きし、改善に向けて努力が必要ですが、かつて私が熊本県庁に勤務していた当時の同僚の皆様の献身的な努力に深く感謝です。
2018. 8.2.(木)酷暑の中、引き続きソウルで今日も7:30からの朝食勉強会に参加し、二人の講師の方から講義、その後、国立ソウル顕忠院での二階幹事長の献花に同行、私はここまでで帰国。この訪韓には志帥会関係者とともに、支援していただいている方々も参加され、総勢約300人の訪韓団で、観光地訪問は一切なく、まさに研修会、というより私にとっては勉強会でした。土地改良関係の方々も5名参加いただき、色々と有意義な意見交換ができ感謝です。帰国後は、農村振興技術連盟大賞受賞の祝賀会に参加、大賞を受賞された方々には、祝意と感謝の気持ちで一杯でした。ご夫婦 で参加された方も多く、和気あいあいの中で会が閉じられ、本当に心温まる祝賀会でした。
2018. 8.1.(水)8月初日はソウルで、7:30から朝食勉強会、日本側と韓国側からの講義、その後、講演会で松尾豊・東大教授からディープランニングについて、小峰隆夫・大正大学教授からはアジアの高齢化問題について、長嶺安政・駐韓日本国大使から最近の日韓関係について、内容の濃い素晴らしい講義。充実した内容でかつ極めてタイムリーなテーマであり、今後の政策形成にしっかりと生かしていきたいと思います。河村建夫志帥会会長代行からは、総括と志帥会として、「謙虚な保守政治の堅持」を基本姿勢とする6項目にわたる政策提言が発表され、私自身、その意味するところを噛み締めて、今後の政治活動を行ってまいりたいと決意を新たにしました。午後からは、板門店を訪問、先の南北首脳会談が開催された場所を自分の目に焼き付け、志帥会の提言にもある「アジア外交を強化するとともに拉致問題を全面解決する」に向けて精一杯の努力を傾注していかなければなりません。
2018. 7.31.(火)55才になった7月、まずは甚大な豪雨災害で犠牲になられた方々のご冥福お祈りし、ご遺族の皆様に謹んでお悔やみを申し上げます。そして、避難生活を余儀なくされている方々をはじめ被災された皆様にお見舞い申し上げます。今日は、韓国・ソウルです。自民党の政策集団「志帥会」の夏期研修会に参加、日韓の課題と今後の方向について、日本側、韓国側各々二人の専門家から多角的な視点からの素晴らしい内容で講義いただき、我が国の立ち位置と目指すべき方向について、じっくりと考えることができました。ソウルの地で、韓国で日本が紹介されているテレビ番組や韓国の専門家のお話を聞き、日韓両国の交流と融和の必要性を実感しました。
2018. 7.30.(月)午前中に岡山県土地改良事業団連合会創立60周年記念式典に宮崎雅夫さんと一緒に出席、石井正弘会長が60年に及ぶ歴史の紹介が的確にかつ分かりやすく説明され、記念の冊子も素晴らしい内容でした。その後、岡山、新大阪、金沢経由で上越妙高まで移動して、上越農地協議会総会で講演。新潟も地域によってコメに対する意識が異なっており、消費者の需要に応じたコメの生産を基本に、中山間地域の振興も含め、課題ばかりの羅列でなく、具体的にどのように越えていくかが重要であり、自分事として事者意識を大切にして、今後も研鑽していく必要性を、上越の方々と接して再認識しました。
2018. 7.29.(日)台風12号の影響で、兵庫県と岡山県の行事が中止となったことから、台風の進路を見ながら夕方に岡山に移動し、土地改良関係の被害状況や今後の災害復旧に向けての課題等を関係者からヒアリングを行いました。農地や農業用施設の被災状況、特に中山間地の被害は、林業被害も含め把握するには時間を要します。技術者不足、特に熟練技術者不足の中で、益々広域化・深刻化する自然災害に対応して、ICTやAI技術等を駆使した災害把握や災害査定、そして災害復旧に向けた技術開発、また、都道府県を超えた技術者の広域連携を更に進めていくことなど多くの課題の解決が必要だと思います。岡山市内は、少し風がありましたが、通常の夏の装いでしたが、あらためて被災された方々にお見舞い申し上げます。
2018. 7.28.(土)朝から佐渡市内の農地と農業水利施設を視察、昭和初期に整備した小区画水田と近年整備した大区画水田が混在、まだまだ水田の整備が必要なことが一目瞭然、小区画水田では一部に耕作放棄地も見られました。小倉ダムや小倉頭首工など国営事業で整備した施設は、安定した取水と効率的な配水に貢献しており、また、昨年7月23日の豪雨で決壊した小倉川の堤防は現在も復旧作業が続けられていますが、当時、小倉ダムの洪水吐から越流がなかったとのことで、相当の被害軽減効果があったものと思われます。大区画水田の農道で幸運にも10羽くらいの朱鷺に出会い、今では、約300羽が自然の中で棲息しているとのことで、朱鷺をブランド化した米で農家と地域の所得向上が図られています。変則的な動きをしている台風ですが、被害のないことを祈りながら、暑い新潟から台風の影響で風雨の強い東京に戻りました。
2018. 7.27.(金)午前中に全国ため池等整備事業推進協議会会長代行として、財務省、農林水産省、自民党に対して要請活動を行いました。7月豪雨災害では20を超えるため池で決壊事故が発生、全国で約21万箇所あるため池ですが、いわゆる老朽ため池が多い中で、安全性を点検して必要な対策を行うには、人的、技術的、財政的な支援が不可欠であり、しっかりと対応していかなければなりません。その後、新潟県佐渡市に移動して、佐渡の土地改良関係の方々と土地改良法改正に関連して土地改良区運営に留意すべきことや国営関連事業の推進、更にはJAとの連携強化による農家の所得向上など多岐にわたる意見交換を行いました。
2018. 7.26.(木)昨夕北海道に移動、早朝より小平町、深川市、旭川市で、7月2日から5日の豪雨で被災した農地や農業用施設を調査し、関係者の皆様の声をお聞きしました。平成28年8月の台風被害に匹敵する大きな災害で、畑作物、特にソバの被害が甚大。これまで災害が比較的少なかった北海道ですが、最近は頻繁に大きな災害が発生、早期復旧を要請する声とともに、原形復旧でなく再度災害防止を図る改良復旧を求める声が多く出されました。今回の災害では、農地防災ダムの中幌ダム下流は被害が少なく、防災減災対策の効果が出ており、こうした現実を直視し、国土強靭化に向けた早急な対策の必要を改めて痛感しました。
2018. 7.25.(水)秋田で国営農業水利事業東北協議会総会に出席、色々なご意見をいただき、どの地区も予定工期どおりの完了を熱望しており、予算確保が不可欠です。明日は、大潟村での視察予定でしてが、北海道での豪雨災害現場を調査するため、最終便で札幌に移動、西日本の豪雨災害の現場にも早期に行かなければなりませんが、当面は東京で現場の課題等を整理し、課題解決に向けた支援を行ってまいります。

2018. 7.24.(火)JAセレサ川崎に、同郷の川本学神奈川県議会議員と斎藤伸志川崎市議会議員に同行いただき訪問し、本当に感謝です。私自身、農水省時代から都市農業には当時から高い関心があり、農業のみならず、緑地や防災空間としての都市農業の果たす役割は大きく、大阪でも多くの意見をいただいており、現行の農業生産基盤整備のあり方も見直す必要があるのではないかと感じています。午後は、在京チュニジア大使が離任のご挨拶、夕方には、水資源機構かんがい排水事業推進協総会でご挨拶と懇談会参加。総会と懇談会の間に、自民党平成30年7月豪雨非常災害対策本部会合に参加し、平成30年7月豪雨による被害状況と政府の対応状況について説明聴取、災害復旧は、まさにこれからが本番です。しっかりと取り組んでいく必要があります。今日も多くの方々が事務所に来られ、感謝です。
2018. 7.23.(月)千葉県の印旛沼地区農業農村整備推進協議会総会に出席、国営土地改良事業印旛沼二期地区の着工時に、私自身、関東農政局設計課長であり、感慨深いものがありました。午後は、宮崎県農業農村整備推進委員会の二階幹事長への要請に同席、棚田PTの打合せを経て、三木亨参議院議員を励ます会に出席、石川県基幹水利施設管理協議会懇談会に参加と続きました。今日のまさに酷暑の中での熱心な要請活動には頭が下がります。こうした汗だくの真剣な声に、しっかりとお応えします。
2018. 7.22.(日)引き続き宮崎で、県北方面を訪問し、延岡土地改良区の多面的機能支払制度継続の強い要請、長寿命化対策の拡充の声、また、合併市町村の生活基盤の弱体化を訴える声もありました。昼食は、旧北方町の農家レストラン山菜で美味しくいただき、素晴らしいおもてなしに感激。その後、世界農業遺産に認定されている高千穂で急峻な山肌に開削された約40km近い山腹水路の管理状況を視察し、ご苦労をお聞きしました。高千穂町で西臼杵管内土地改良区との意見交換では、太陽光発電の設置が農業用水路の管理に与える影響や多面的機能支払制度の継続を求める強い要請などがあり、多くの方々にご足労いただき、有意義な意見交換ができて、本当に感謝でした。
2018. 7.21.(土)夕方、都城市で第2回霧島盆地会講演会が開催され、私の都城後援会の松田会長、長峯誠参議院議員、山下宮崎県議会議員はじめ多くの皆様にご臨席いただき、また、スタッフの皆様には本当にお世話になり、感謝で一杯でした。会場には、本当に多方面の方々がおられ、建設業の方々の工期設定等に関する要望、高齢者の方々への民間サービスの巡回バス運行の可能性、農水省を退職された多くの先輩方からの熱い要請メモなど色々なご意見をいただきました。皆様の温かく熱い思いをしっかりと国政に反映してまいります。今日の羽田空港離陸直後の富士山の姿を思い浮かべ、床に着きました。
2018. 7.21.(土)台風の影響の雨模様で、東京よりも気温が低く過ごしやすい南国宮崎で第4回全国自給飼料生産コンクールで農林水産大臣賞を受賞された岩切治俊さん、また、全国農業新聞で取り上げられた農業生産法人アグリパートナー宮崎の岩切久義さんの取組をお聞きしました。また、一ツ瀬川、西都、新富、高鍋、尾鈴、川南原、都南、岩戸原の土地改良関係者、宮崎県中部管内土地改良関係者等との意見交換では、どの会場でも多くの生の声をお聞きし、極めて有意義な会でした。出席された多くの皆様に心から感謝です。
2018. 7.20.(金)早朝、東北治水事業に関する意見交換会、その後、自民党棚田支援に関するPTで、各省の棚田支援施策一覧、棚田支援に資するアンケート結果、新潟県現地視察報告、棚田法案に関する論点の意見交換。衆議院で野党6党派から安倍内閣に対する不信任決議案が提出され、反対多数で否決。これを受けて参議院の各委員会等で会期末処理が行われ、20時21分に参議院本会議が再開。特定複合観光施設区域整備法案、平成30年特定災害関連義援金に係る差押禁止等に関する法案,参議院規則の一部を改正する規則案が可決、成立、水道法の改正法案は継続審査となり、最後に伊達参議院議長から国会の議事を終了するに当たり挨拶がなされ、21時38分に散会となり、第196国会が実質的に終了。今日も多くの方々が私の事務所に来られ、本当に暑い中に感謝で一杯です。
2018. 7.19.(木)早朝、自民党人工知能未来社会経済戦略本部、農林・食料戦略調査会、農林部会合同スマート農業勉強会で有識者ヒアリング、その後、水産総合調査会で水産政策改革の説明会での漁業者等の反応について意見交換、引き続き地域の農林水産業振興促進議連総会で日本農業における家族経営の継承と担い手問題について講演を聞きました。そして、参議院本会議で、議長不信任決議案ご提出され、発議者の趣旨説明、討論、記名投票、否決。続いて、内閣委員会で、特定複合観光施設区域整備法案について質疑、討論、可決しました。夕方は、手取川流域地区かんがい排水事業推進協議会、秋田県森と水の協会情報交換会で有意義な意見交換を行いました。
2018. 7.18.(水)早朝、自民党人口急減地域対策議連総会で、高知県の事例として、集落活動センターの取組報告、意見交換。その後、参議院本会議で、石井啓一国務大臣への責決議案の発議者から趣旨説明、討論、記名投票、否決の後、健康増進法の改正法案、北方領土問題等の解決の促進のための特別措置に関する法律の改正法案、北方地域旧漁業権者等に対する特別措置に関する法律の改正法案が可決、成立。本会議休憩、再開後、柘植芳文内閣委員長解任決議案提、発議者の趣旨説明、討論、記名投票、否決。本会議休憩中に自民党農林水産流通・消費対策委員会で、新規需要米の消費・流通と木質バイオマス材等の供給量と流通について意見交換を行い、私も発言。夕方には、自民党棚田PT会合、秋田県関係国会議員と町村長の意見交換会参加。慌ただしい一日でしたが、今日も多くの方々が事務所に来られ、感謝です。
2018. 7.17.(火)自民党水産総合調査会で大型クロマグロ漁獲量配分に係る意見の整理に基づくフリーディスカッション、そして、平成30年7月豪雨非常災害対策本部開催。被害状況と政府の対応状況について説明聴取と約2時間の意見交換。被災県選出の国会議員の方々から現地の状況について様々な角度から報告され、何を対策として講ずるべきか緊迫した意見交換が行われ、引き続き被災現場と被災者の皆様に寄り添った支援が大切です。私なりにも電話や来訪者からの情報を集約しながら、今後の対応を検討しており、緊張感を持って対応していきます。今日も多くの方々が事務所に来られ、感謝です。
2018. 7.16.(月)日本技術士会平成30年度千葉支部年次総会に出席し、与党技術士議員連盟事務局長として議連の活動状況などを報告。川畑支部長はじめ多くの方々から伺った貴重なご意見、皆さんそれぞれがお持ちの熱い思いを結集して、色々な課題を少しでも解決出来るように努力してまいります。それにしても、西日本豪雨災害の被害は甚大です。猛暑の中、任務やボランティアでご尽力されている方々に敬意を表させていただくとともに、熱中症や怪我の無いよう祈念いたしております。
2018. 7.14.(土)新潟十日町市で、自民党棚田支援に関するプロジェクトチーム(PT)の現地調査。江藤拓衆議院議員(PT座長)と宮下一郎衆議院議員(PT座長代理)にPT事務局次長として同行。午前、池谷集落の旧小学校分校で意見交換、昼食は「越後まつだい里山食堂 」で棚田を眺めながら美味しくいただきました。午後、清水の棚田と星峠の棚田を視察。夕方、棚田に関係する多くの方々との意見交換。棚田の価値を国民共有の財産としてどのように位置付け、次世代に良好な状態で引き継いでいく方策はどのようにすべきか、色々な方々のお話や、眼前の棚田を目にしながらじっくりと考えることができました。快晴で連休の初日にご対応いただいた方々に心から感謝申し上げます。しっかりと成果が出せるように努力してまいります。
2018. 7.13.(金)早朝、党改革提言を議題に自民党政治制度改革実行本部総会に出席。引き続き、歴史を学び未来を考える本部の有識者ヒアリングで、山内昌之 東京大学名誉教授から「これまでの講演・議論を踏まえて ―『昭和天皇実録』を読む―」と題してご講演いただきました。続いて、水産基本政策委員会で、密漁に関する罰則の現状について議論。午後は、参議院内閣委員会で、いわゆるIR整備法案について、3人の参考人の方から意見を聴いた後、各会派から質疑。また、農水省担当部局と農泊、農福連携、小水力発電について意見交換。今日も多くの方々が事務所に来られ、大変暑い中の熱心な要請が豊かな稔りにつながるよう努力してまいります。
2018. 7.12.(木)島根で、島根県土地改良事業団体連合会主催のルーラル・ミーティングに参加、私自身、農水省の課長補佐時代と昨年も参加しています。今回も素晴らしい内容で、田園回帰1%戦略で有名な藤山浩先生の話も久々にお聞きしました。会場近くの津和野町で本邦初の集落営農組織を立ち上げ、昨年30周年を迎えた農事組合法人「おくがの村」代表の糸賀さんをお訪ねし、典型的な中山間地域ですが、未来に向けてほ場整備を開始する等色々なお話をお聞きし、本当に勉強になりました。
2018. 7.11.(水)早朝、参議院農業・農協研究会でJAグループ自己改革の進捗状況のヒアリングでしたが、国会対応で途中退席、残念でした。その後、参議院政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会で、公職選挙法の改正法案の質疑、可決、そして同法案は本会議に上程、可決され、衆議院に送付されました。本会議では冒頭、西日本を中心とする豪雨災害による犠牲者の冥福を祈り、黙とうを捧げ、平成三十年七月豪雨の災害対策に関する決議案を全会一致で可決しました。今日も多くの方々が事務所に来られましたが、お会い出来たかった方々もおられ本当に申し訳ありません。
2018. 7.10.(火)早朝、自民党水産総合調査会で、クロマグロ産卵親魚の漁獲が資源に与える影響と大型クロマグロ漁獲量の配分について「沿岸漁業者」から悲痛な叫びがあり、胸に迫る意見聴取でした。続いて、第7次提言(骨子)を議題に東日本大震災復興加速化本部総会、昼には、鳥獣捕獲緊急対策議連総会等出席と続きました。今日は、本当に多くの方々が事務所に来られ、来年度予算に向けた地域の深刻な実情を多方面から多角的な視点で要請を受けました。しっかりと受け止め前に進めなければなりません。
2018. 7. 9.(月)午前中に西日本豪雨災害の情報収集、大変の状況となっています。午後は、参議院政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会で、公職選挙法の改正法案の質疑。この間、自民党内では平成30年7月豪雨非常災害対策本部(本部長:二階幹事長)が開催され、平成30年台風第7号及び前線等による被災状況と政府の対応状況について説明聴取と今後の対応について意見交換。私は委員会出席で対応出来なかったため、秘書から資料と会議の詳細を聞きました。深刻な状況が続いており、被災者や被災地に寄り添った支援が大切です。
2018. 7. 8.(日)昨日は、秋田での講演を終えて盛岡で恒例の大学同期会に妻と一緒に参加。西日本の豪雨被害は、ため池の決壊もあり、大変な状況になり、農林水産省の担当部長と連絡を取り、被害状況を確認。農林水産省に限らず、各省の担当部局は不眠不休の対応中です。
2018. 7. 7.(土)私の55回目の誕生日ですが、西日本では豪雨災害で多くの方が犠牲に、また、浸水等の被害に遭われました。亡くなられた方々のご冥福をお祈り致しますとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。私事で恐縮ですが、多くの方々から祝福され、あらためて自分を見つめ直し、皆様への感謝で一杯でした。FB友達の皆様からも多くのお祝いメッセージをいただきながら全て返信出来ず、この場をお借りして心から感謝申し上げます。今日は、秋田県羽後町で。昨年に続き、自民党羽後町支部夏期大学で講演、多くの方々から貴重な意見を賜りましたが、時間が十分取れず、あらためてじっくりとお聴きしたいと思います。豪雨災害の状況を注視してますが、昨年の九州北部豪雨災害を思い出し、背筋が凍る思いです。被災された方々に寄り添い、しっかりとした対応をしてまいります。
2018. 7. 6.(金)早朝、自民党政調全体会議で、平成31年度予算の概算要求の基本的な方針(案)が財務省から示され、色々な議論がありましたが、デフレからの完全脱却が重要との意見が多かったように思います。資料は下記内閣府のHPでご覧下さい。続いて参議院本会議で、特定複合観光施設区域整備法案の石井国務大臣からの趣旨説明、各会派代表から安部総理、石井大臣、小此木大臣に質問、また、法務局における遺言書の保管等に関する法律案はじめ3法案が可決成立しました。午後は、災害対策特別委員会で、大阪府北部を震源とする地震の被害状況等について小此木内閣府特命担当大臣からの報告と質疑でした。昼の休憩は、国営土地改良事業に関する関東協議会の要請昼食懇談会でしたが、本会議と委員会の間の少しの時間しか取れずに本当に申し訳ございませんでした。夕方には、関東農業土木技術士会で情勢報告を行いました。夕方には私の誕生日前夜祭として、支援者の方からのケーキと自民党参議院議員同期からの素敵なお花に囲まれ、54歳最後の日を締めました。
2018. 7. 5.(木)早朝、自民党国会対策委員会出席の後、災害関係の現状や対応方針の打合せ、自民党森林整備・治山事業促進議連総会出席。午後は参議院内閣委員会でギャンブル等依存症対策基本法案の質疑、採決の結果、同法案は可決。夕方も各省からのレクなどが相次ぎました。
2018. 7. 4.(水)参議院本会議で、健康増進法の改正法案について、加藤厚生労働大臣からの趣旨説明と質疑。その後、佐渡土地改良協会、沖縄県宮古伊良部地区、九州土地改良事業推進協議会、滋賀県土連、山形県鶴岡地区土地改良事業推進協議会の皆様など多くの方々が私の事務所に来られ、感謝です。昼は、自民党本部前で、糸魚川大火の復興支援への感謝と世界遺産登録を目指す佐渡金銀山の広報などをテーマに新潟物産展に、花角新知事にご挨拶致しました。夕方は、三重県四日市市で全国農村整備建設業協会総会に出席し、ご挨拶申し上げましたが、国会日程の関係で、本来の予定通り宿泊して翌日の三重県内でのご挨拶と講演が出来ずご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。
2018. 7. 3.(火)早朝、自民党所有者不明土地問題に関する議員懇談会で経過報告と今後の予定等について議論。午後は、参議院法務委員会で、民法及び家事事件手続法の一部を改正法案と法務局における遺言書の保管等に関する法律案について、3人の参考人から意見聴取、その後、水循環基本法フォローアップ委員会、自民党災害対策特別委員会・国土強靭化推進本部合同会議での大阪府北部を震源とする地震災害の最新の被害状況と政府の対応状況について説明の聴取と続きました。今日も多くの方々が事務所に来られ、感謝です。
2018. 7. 2.(月)多くの方々が私の事務所に来られました。骨太の方針も閣議決定、財務省の概算要求基準が示され、平成31年度予算編成に向けた作業が本格化し、暑い季節の到来です。終盤国会と予算に全力投球です。今日は亡父の90回目の誕生日、父に感謝しながら遺志を継いでいきたいと思います。
2018. 7. 1.(日)誕生月の初日に鷹巣から秋田市に移動し、自民党秋田県連大会に出席、3回目の出席となり、随分と多くの方々と顔見知りになってきました。JR奥羽本線沿線の水田も相当青々、また、秋田市内で凛々しい秋田犬と出会いました。今日の秋田は気温30度超え、県連大会には、ご多忙の中、菅義偉官房長官に参加いただき、ご講演いただきました。連日超多忙の厳しい表情が多い中でも、故郷の味、秋田のガッコ(漬物)とミズたたき(山菜のミズを茹でてたたいたもの)を食べると笑顔が出てくると言っておられました。
2018. 6. 30.(土)故郷、秋田で、北秋田市の有志の方々のお声掛けで、5月18日の豪雨災害で被災した農地を視察後、ミニ講演会を開催。津谷北秋田市長、近藤県議、北林県議にも参加いただき、素晴らしい会になり、有志の方々にも感謝です。会場の旧森吉町米内沢から懇親会終了後に秋田内陸縦貫鉄道で鷹巣まで移動し、鷹巣で宿泊。米内沢は「浜辺の歌」の作曲で知られる成田為三氏の出身地で、列車が隣駅を出ると米内沢駅構内で「浜辺の歌」が流れます。丁度、月末の土曜日で「ホタル列車」になっており、乗務員が採集した源氏ホタルが車内で見れました。勿論、車内は消灯のまま走ります。皆様、秋田内陸縦貫鉄道を大いに活用下さい。
2018. 6. 29.(金)新潟で、昨年に引き続き、土地改良区と関係JAとの合同勉強会。財務省所管の財政制度等審議会の財政分科会のテーマに沿って、米単作でなく野菜を含めた消費者の需要に応じた水田のフル活用方策と生産コストの徹底的な削減の方向について講演。約1時間の長丁場で熱心にお聞きいただき、また質疑も真剣勝負そのもの。講演後の懇親会でも多くの現場の生の声をお聴きし、引き続きしっかりと取り組んでまいります。
2018. 6. 28.(木)参議院内閣委員会で、環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の改正法案(TPP11関連法案)の可決と付帯決議。農業や食の安全安心に関する衆参両院での質疑内容を精査し、与野党問わず、懸念事項などを今後の政策で方向を誤ることがないよう、見極めることが大切です。厚生労働委員会では、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案が可決、いよいよ延長国会も終盤。緊張感をもって臨みたいと思います。
2018. 6. 27.(水)早朝、熊本市重点施策提案会に出席、その後、参議院本会議でした。加藤厚生労働大臣の問責決議案否決後、委員会での議了案件について採決。平成28年度決算関係について是認決議後、決算に関しての内閣に対する警告を決議し、これに関して安倍総理から所信が述べられました。その後、特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律の改正法案が可決、成立。午後は、参議院内で党首討論が開かれ、私も出席。夕方には、数件の打合せ後、中国四国土地連協議会意見交換会、新潟県関川水系土地改良区役職員懇談会に出席。今日も多くの方々が私の事務所に来られ、本当に感謝です。
2018. 6. 26.(火)秋田で、雄物川筋土地改良区設立50周年記念式典に出席し、約150人の方々に約1時間講演をさせていただきました。農作業等でお疲れのところ、熱心にお聞きいただき、柴田康二郎理事長はじめ役職員、組合員の皆様にあらためてお祝い申し上げます。行きの飛行機から鳥海山、田園風景、由利本荘市上空を撮影、昼は湧水で有名な美郷町六郷で昼食、乗り慣れた奥羽本線、横手、羽後境駅経由で秋田空港に。梅雨の合間の秋田は青空が広がり清々しい感じでした。
2018. 6. 25.(月)参議院予算委員会の約3時間半にわたる審議審議、NHKで放映されました。骨太の方針の閣議決定を受けて、各地から予算確保の要請が多くなってきました。今日は、九州土地改良協議会、徳島県土地連の方々がお見えになり、暑い中、農林水産省や財務省、自民党幹事長、総務会長、政調会長などへの要請、本当にお疲れ様でした。夕方には、熊本県森林組合連合会関係の方々と意見交換を行いました。
2018. 6. 23.(土)京都で、午前中に京都府土地改良政治連盟総会でご挨拶、総会では、宮崎雅夫さんの推薦を決議いただき、推薦状をいただきました。感謝です。午後は、京都府農業農村整備推進大会に出席、西脇京都府知事、村田京都府府議会議長から力強いご挨拶をいただき、基調報告では、宮崎雅夫さんが力強く今後の農業農村整備の方向について述べられました。京都の土地改良といえば故野中広務先生です。今日は、ご遺族に感謝状が贈呈され、第二部は長年にわたりテレビの時事放談で野中先生と共演された御厨貴・東大名誉教授の講演がありました。所用で講演を聞けなかったのですが、御厨先生にご挨拶でき、故野中先生への感謝を胸に、またご冥福を心から御祈念申し上げつつ、京都を後にしました。
2018. 6. 22.(金)早朝、自民党棚田プロジェクトチームの役員会で今後の検討の方向性について意見交換。午後は、自民党災害対策特別委員会・国土強靭化推進本部合同会議で大阪府北部を震源とする地震災害について、①自民党調査団の報告、②最新の被害状況ならびに政府の対応状況について説明聴取がなされました。災害が起こりやすい我が国の国土条件であることを認識し、個人レベル、住民組織レベル、企業レベル、自治体レベル、国レベルなどあらゆる段階や角度から、まずは人命を絶対に守ること、財産を守ることなど、優先性を考慮しながら出来ることを迅速に行動することが大切です。大阪選出の国会議員の方々のお話は、本当に内容の濃い緊迫したもので、私自身メモを取り、他の地域に伝えさせていただこうと思っています。今日も私の事務所に多くの方々にお越しいただき、感謝です。
2018. 6. 21.(木)茨城県土地改良政治連盟と自民党茨城県土地改良支部総会に出席、参議院では、岡田広先生と上月良祐先生が出席され、私も一緒に登壇してご挨拶をさせていただきました。その後、熊本に移動して、坂田孝志・熊本県議会議長の就任を祝う会に出席しました。坂田議長は、土地改良区の理事長や県土連副会長など土地改良関係でも活躍、私も熊本県庁に勤務時代からご指導をいただいており、熊本県政にとって、益々のご活躍が期待されております。会場では、多くの方々にお会いでき、名残惜しかったのですが、最終便で東京に戻ってきました。
2018. 6. 20.(水)早朝、与党技術士議員連盟総会でした。山東昭子参議院議員が会長、斉藤鉄夫衆議院議員が会長代行、足立敏之参議院議員が幹事長、私が事務局長を務めています。当議連立ち上げの功労者であり、文部科学大臣政務官の新妻秀規参議院議員にもご臨席いただきました。文部科学省と日本技術士会から技術士制度を巡る動向をお聴きし、関係各省から技術者育成等に係る政策をヒアリング、そして各部門から個別に意見を発表いただき、大変有意義な総会でした。山東会長からは、綺麗なパス回しだけでは駄目で思い切ってシュートをしないと問題は解決しないとのご指摘をいただき、技術士を巡る課題解決に向けて当議連をしっかりと運営していかなければなりません。国会の会期延長に伴い、日程変更となったことから、各種レクや来客対応をさせていただきました。夕方には、設立35周年を迎えた全国森林土木建設業協会定時総会後の意見交換会に参加しました。
2018. 6. 19.(火)早朝 自民党食料産業調査会に出席。議題は、①新たな外国人材の受入れについて②農業分野における技能実習制度の活用に関する事例について(団体等ヒアリング)。その後、参議院内閣委員会、農林水産委員会連合審査会で、環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の改正法案について、質疑を行いました。夕方、土地改良測量設計技術協会の総会懇談会に出席、その後、富山県土地改良事業団体連合会の堂故・新会長就任祝賀会に参加しました。今日も多くの方々が私の事務所に来られました。感謝です。
2018. 6. 18.(月)朝に大阪府北部で強い地震が発生しました。亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたしますとともに、ご遺族の方々に衷心よりお悔やみ申し上げます。また、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。やはり天災は本当に恐ろしいものです。早期の復旧に全力を尽くさなければなりません。今も日夜、ライフライン等の復旧に従事されている方々に敬意を表させていただきます。やはり日常的に備えておくことの重要性を再認識させられました。いつ、どこで、何が起きるかわかりません。常に備え、被害が最小化できるように皆で協力していくことが大切だと思います。
2018. 6. 18.(月)参議院決算委員会の締くくり総括質疑で、全ての案件が是認、また、平成28年度決算審査措置要求決議も行いました。私が質問した鳥獣被害防止総合対策交付金事業における侵入防止柵の設置等についての会計検査院の処置要求も盛り込まれました。その後、土地改良建設協会総会懇談会に出席、事務所には青森県中泊町議会の皆様が来訪され意見交換を行いました。また、武田良太代議士を励ます会に出席し、元横綱三重ノ海親方と元横綱武蔵丸親方にお会いしました。
2018. 6. 17.(日)新潟県加茂市で、加茂動物病院の安武院長が私の大学の先輩である縁で、加茂動物を愛する会設立と加茂動物病院開院35周年記念祝賀パーティに出席しました。新潟県獣医師会・宮川会長の「高齢化社会と動物愛護について」と題する講演をお聴きし、本当に感動しました。幼少の頃から馬や牛、犬や猫に囲まれて育った自分を振り返り、目頭が熱くなりました。私の事務所には、雪に耐える秋田犬の写真を貼っていますが、どんなに辛くても苦しくても、この秋田犬を思い出すと勇気と元気が出てきます。それにしても、長岡周辺は未整備の水田が目につきます。
2018. 6. 16.(土)山形県新庄市で、自民党女性局主催の「いどばたキャラバンin新庄市」に出席、その前に土地改良関係の方々と懇談会で、農業後継者の問題や水利権の課題など色々な地域の課題をお聴きしました。いどばたキャラバンでは、働き方改革を主なテーマとして、介護士の給料や奨学金返済の問題に加え、選挙制度や地域振興など多角的な視点から色々なご意見を頂戴しました。加藤鮎子代議士と対応させていただきましたが、時間が経つのが早く、やはり膝詰め談義は重要だと感じました。大内山形県議はじめ多くの方々にお世話になり、本当に感謝でした。山形の田園風景に心が癒されました。
2018. 6. 15.(金)早朝、自民党女性局役員会で、H30全国女性局合同会議・研修会報告、全国一斉街頭活動、女性未来塾等について打ち合わせ、その後、人口急減地域対策議員連盟総会で小田切明治大学教授から「関係人口」をキーワードに講演。参議院本会議では、卸売市場法及び食品流通構造改善促進法の改正法案などが可決成立し、農林水産委員会所管の法案は全て可決されました。午後は秋田で、中泉松司参議院議員を励ます会に出席、素晴らしい会で、まさに盛会、私なりには、秋田にも着実に顔見知りの方々が増えて感謝です。東京から秋田への上空で、中山間地の整備された水田を見ながら、中山間振興について色々と考えさせられました。
2018. 6. 14.(木)北海道選出国会議員と北海道土地改良事業団体連合会との朝食懇談会で、有意義な意見交換を行い、参議院農林水産委員会では、卸売市場法及び食品流通構造改善促進法の改正法案について質疑を行い、 討論の後、可決。同法改正案には疑問や懸念の声が多く、こうした声には真摯に耳を傾ける必要があり、現場の不安を払拭しつつ附帯決議に沿って丁寧に対応し、法改正の所期の目的が達成できるようにしていくことが重要です。その後、環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の改正法案について、内閣委員会に連合審査会の開会申し入れを決定。夕方には、自民党棚田振興PT、日本技術士会定時総会懇談会に出席しました。
2018. 6. 13.(水)夕方から「宮崎まさお君を励ます会」が開かれ、大盛況でした。二階自民党幹事長はじめ多くの国会議員の皆様にもご列席いただき、素晴らしい会でした。宮崎さんの決意表明も力強く心のこもったもので、多くの方々の胸に響いたのではないかと思います。今日も多くの方々が私の事務所に来られ、本当に感謝です。
2018. 6. 13.(水)早朝、宮城県選出国会議員と宮城県土地改良事業団体連合会との朝食懇談会で、要請と意見交換。そして、参議院本会議では、TPP11条約締結の承認、民法改正法案の可決成立などが主な内容でした。午後からは、「農業農村整備の集い」が行われ、全国から多くの土地改良関係者が集まり、二階全国土地改良事業団体連合会会長の下で現下の課題と今後の方向性を共有、会派を越えて多くの国会議員の皆様にもご列席いただき、素晴らしい大会でした。私もご挨拶させていただ、また、宮崎雅夫さんから素晴らしい情勢報告をされ、益々の活躍が期待され、私も精一杯支援してまいります。集いの後に、関係大臣等への要請が行われ、私は、齊藤農林水産大臣への要請に同席、齊藤大臣にはご多忙の中、真摯にご対応いただき感謝です。
2018. 6. 12.(火)早朝、自民党地域の農林水産業振興促進議連総会で、東大の安藤光義教授から農業就業者の動向と将来、縮小再編過程に突入した日本農業の政策課題と題する講演。その後、参議院農林水産委員会で卸売市場法及び食品流通構造改善促進法の改正法案の齊藤農林水産大臣からの趣旨説明と質疑、午後からは、3人の参考人の方からの意見聴取と質疑、夕方には、大日本猟友会定期総会懇親会に出席してご挨拶をさせていただきました。事務所には、明日の農業農村整備の集いに参加される多くの土地改良関係の皆様が来られ、本当に感謝です。
2018. 6. 11.(月)朝から終日、約6時間半に及ぶ参議院決算委員会。平成28年度一般会計熊本地震復旧等予備費使用総調書及び各省各庁所管使用調書等3件について承諾、いよいよ決算委員会も大詰めです。
2018. 6. 10.(日)久々に柏に帰宅、夕方に自民党の柏南部の方々と懇談、櫻田義孝代議士も同席され、出席された方々と親しく意見交換でき有意義な時間でした。夜は新潟知事選の開票状況をライブで見守り、大接戦を制した花角新知事の大農業県・新潟の益々の発展に向けてのご活躍を期待しております。国と県のしっかりした連携に期待します。
2018. 6. 9.(土)熊本県の土地改良関係の仕事に携わったOBの皆様の親睦団体・熊本県耕親会に出席。熊本地震の復興は道半ばであり、更に復興加速化の思いを多くの先輩にお会いし、あらためて共有しました。会では、喜寿と古希の先輩へのお祝いがなされましたが、皆様若々しく、つくづく年齢は参考に過ぎないものだと実感。どうしても東京に帰らねばならず、宴会開始後間もなく退席し残念でしたが、多くの先輩から元気をいただきました。私と同様に農林水産省から熊本県庁に出向し退職した方々も耕親会メンバーですが、私の後任の宮崎雅夫さんも出席、来年の参議院選挙に向けて、精力的に全国を廻っておられ、宮崎さんも耕親会で大きな力をいただいたものと思います。
2018. 6. 8.(金)早朝、自民党棚田振興PTで前半に司会を務めさせていただき、先進事例等のヒアリング、意見交換。その後、参議院本会議で、卸売市場法及び食品流通構造改善促進法の改正法案について、齋藤農林水産大臣から趣旨説明をお聴きし、各会派代表から質疑がなされ、4本の法案が可決成立、平成25~28年度の日本放送協会の財産目録、貸借対照表、損益計算書等が是認されました。続いて、国際経済・外交調査会、国民生活・経済調査会、原子力等エネルギー・資源調査会から各々調査の中間報告。本会議終了後、自民党参議院政策審議会の勉強会に出席し、熊本に向かいました。
2018. 6. 7.(木)早朝、自民党競馬推進議員連盟勉強会で競馬を巡る情勢等について勉強、その後、日本海沿岸地帯振興促進議員連盟総会に出席。午後は、参議院農林水産委員会で、農薬取締法の改正法案の質疑が行われ、全会一致で可決、同法改正は、法案検討段階から自民党内でPTを設けて慎重に議論、今日の質疑の内容は素晴らしく、全会一致の可決が出来て良かったと思います。夕方には、佐竹知事はじめ秋田県幹部の方々と秋田県関係国会議員との意見交換会に参加、非常に中味の濃い意見交換会で私なりの意見も述べさせていただき、有意義な会でした。今日も多くの方々が私の事務所に来られ、感謝です。
2018. 6. 6.(水)早朝、選挙制度改革問題統括本部・選挙制度調査会合同会議で参議院選挙制度改革に関する「公職選挙法改正法案」の法案審査、その後、参議院本会議で、文部科学省設置法の改正法案の林文部科学大臣から趣旨説明、各会派代表から質疑の後、3本の法案が可決成立。本会議後に国民生活・経済に関する調査会が開かれ、国民生活・経済に関する調査報告書(中間報告)の議長提出を決定。昼には、CLT議員連盟で、地方創生に向けた需要サイドからの林業改革をテーマに意見交換、自民党水産拡大役員会に出席後、盛岡に向かい、岩手県農業農村整備推進大会懇談会(岩手県土地改良事業団体連合会設立60周年記念)に出席しました。
2018. 6. 5.(火)早朝、自民党内閣第一部会で国民の祝日(海の日)改正に関する関係団体ヒアリングと意見交換、ハッピーマンデー法に基づき現行「海の日」を7月の第3月曜日とすべきとの意見と7月20日に固定すべきとの意見の議論です。引き続き、北方調査会・内閣第二部会合同会議で北方領土問題等の解決の促進のための特別措置に関する法律の改正法案等について審査、その後、農林水産委員会で農薬取締法の改正法案について、齋藤農林水産大臣から趣旨説明をお聴きしました。午後からは、多くのレクや会議、また、今日も多くの方々が私の事務所に来られ、感謝です。
2018. 6. 4.(月)午前中、参議院本会議で、働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法案について、加藤厚生労働大臣から趣旨説明後、各会派代表からの質疑。午後は、参議院決算委員会で、平成28年度決算で復興庁、国土交通省及び警察庁関係について約5時間に及ぶ省庁別審査。その後、長野市議会の方々との懇談、宮城県大崎地区県営ほ場整備事業推進協議会から要望を受けての情報交換。宮城県では本年10月16日に全国土地改良大会開催予定で、長野や宮城の要望を踏まえ、しっかりと対応してまいります。
2018. 6. 1.(金)早朝、自民党中山間地農業を元気にする委員会で、中山間地農業を元気にする取組みの現状について、青森県蓬田村、青森市奥内地区、長野県伊那市、奈良県五条吉野地区の方々から現状の取組と課題等についてヒアリング。その後、参議院本会議で、環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の改正法案について、茂木国務大臣からの趣旨説明と各会派からの質疑、午後からは、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の締結の承認について、河野外務大臣からの趣旨説明と各会派からの質疑がなされました。その後、土地改良法改正案など5本の法案について採決が行われ、いずれも可決成立、土地改良法改正案は、全会一致でした。
2018. 5. 31.(木)早朝、自民党内閣第一部会で副部会長として、司会を務め、「子供・若者白書」(案)、「少子化社会対策白書」(案)及び「高齢社会白書」(案)の審査を行い、了承されました。少子化と高齢化は、「少子高齢化」とセットの課題と捉えられがちですが、双方別々の課題であり、従って白書も別々、対策も全く異なります。午後からは参議院農林水産委員会で、土地改良法改正案について、私が質問、皆様、是非とも参議院インターネット中継をご覧いただき、率直な意見をお寄せ下さい。
2018. 5. 30.(水)早朝、中九州横断道路建設促進大会、その後自民党農林・食料戦略調査会、農林部会、農産物輸出促進対策委員会合同会議に出席。そして、参議院本会議で、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正法案について、上川法務大臣からの趣旨説明と各派から代表質問。午後一番には、自民党水産部会・水産総合調査会合同会議で水産政策の改革について議論、私からは、漁船等の燃油価格急騰対策の必要性を訴えました。その後、新潟県十日町市でJAや土地改良関係の方々と農政懇談会で現場の生の声を聴けて本当に有意義でした。事務所訪問の皆様にも感謝です。
2018. 5. 29.(火)午前中は各種打合せと参議院農林水産委員会での質問に向けての調整、昼には、国の施策について与党熊本県選出国会議員と蒲島知事、田嶋副知事はじめ旧知の熊本県幹部との意見交換会に参加しました。夕方には、新潟県土地改良建設業連絡協議会総会、懇親会に参加しました。今日も多くの方々が事務所に来られ、感謝です。
2018. 5. 28.(月)午前中、参議院予算委員会で予算の執行状況に関する調査。公文書管理・内外の諸情勢に関する件についてはテレビでも中継されました。午後、参議院決算委員会で総務省と文部科学省関係について約5時間審議しました。夕方、山形県村山東根土地改良区の皆様と懇談しました。今日も多くの方々が私の事務所に来られ、本当に感謝です。

2018. 5. 26.(土)秋田で、5月18日からの豪雨で被災した農地や農業用施設の調査です。主に田植え後に被災した地域に足を運びました。被災された方々にあらためてお見舞い申し上げます。災害復旧に向けてしっかりと対応して参ります。次の日に新潟経由で大好きな羽越本線経由で東京に帰りましたが、素晴らしい天気で、雪を戴く鳥海山も本当に綺麗でした。
2018. 5. 25.(金)早朝、子どもの元気!農山漁村で育むプロジェクトチーム、文部科学部会、農林部会、総務部会、環境部会合同会議で、青少年自然体験活動等の推進に関する法律案について、意見交換。その後、農林・食料戦略調査会、農林部会合同スマート農業勉強会出席後、参議院本会議で、消費者契約法の改正法案について、福井照国務大臣から趣旨説明の後、各派代表等から質疑の後、7本の法案について採決、何れも可決成立しました。その後、かつお・まぐろ漁業推進議連総会出席、盛岡での大学関係の懇談会出席後、秋田に移動して宿泊しました。
2018. 5. 24.(木)早朝、自民党内閣第一部会で初めて司会を仰せつかり「防災白書」(案)、「交通安全白書」(案)、「障害者白書」(案)を審査し了承されました。水産部会・水産総合調査会合同会議では水産政策の改革について、議論が白熱、改革のための改革でなく、改革に実際に取り組む漁業関係の方々の立場になって検討を深めていくことが不可欠です。午後は、参議院農林水産委員会で、森林経営管理法案と独立行政法人農林漁業信用基金法の改正法案について質疑、可決。夕方には、富山県入善町のふるさと懇談会に出席、私の義叔母が出身のご縁で、色々な方々にお会いできて感謝でした。
2018. 5. 23.(水)早朝、自民党所有者不明土地等に関する特命委員会の後、参議院本会議。気候変動適応法案について、中川環境大臣からの趣旨説明の後、各会派等の代表から質疑、また、1件の法案が可決成立。昼には、自民党農林・食料戦略調査会、農林部会、農林水産災害対策委員会、災害対策特別委員会、火山対策小委員会の合同会議で、硫黄山噴火による影響及び対策等について議論され、私からも現地調査の結果を踏まえ、意見を述べました。夕方には、ダム・発電関係市町村等振興委員連盟合同勉強会でダム再生の推進と水源林の保全について意見交換を行いました。
2018. 5. 22.(火)早期、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部・内閣第一部会・文部科学部会合同会議に出席、その後、参議院農林水産委員会で、午前中は、森林経営管理法案と独立行政法人農林漁業信用基金法の改正法案の質疑、午後は、両法案について、3人の参考人の方々から意見をお聴きし、質疑を行いました。この参考人質疑で私が質問をさせていただきました。参議院インターネット中継をご覧下さい。
2018. 5. 21.(月)土地改良建設協会理事会に出席しご挨拶、同協会の機関誌「土地改良」は素晴らしい内容で、毎回楽しみです。午後からは、参議院決算委員会の省庁別審査で、厚生労働省と環境省に加えて会計検査院に対する質疑で5時間を超える審議でした。今日も多くの方々が私の事務所に来られ、感謝です。
2018. 5. 19.(土)秋田で豪雨被害、被災された方々に心からお見舞い申し上げますとともに、早期の治水対策が不可欠です。5月20日は、昨年亡くなられた偉大な先輩であり、多くのご指導をいただいた故川嶋久義さんのお宅を訪ねさせていただき、奥様、娘様達、可愛いお孫さんたちにお会いしました。川嶋さんのご冥福をお祈り致します。
2018. 5. 18.(金)早朝、参議院議員山田修路先生の朝食セミナー、自民党食育調査会、農林・食料戦略調査会、農林部会合同スマート農業勉強会に出席。その後、参議院本会議で、3件の条約を承認し、5件の法案が可決成立。午後は、各省からのレクを数件受けた後、千葉に向かい、小林鷹之代議士にお声掛けいただいた千葉の農政を語る会に出席。多くの若手の担い手の方々から貴重なご意見を伺いました。
2018. 5. 17.(木)自民党北方調査会、北方領土隣接地域の振興に関するPTで、PT現地調査報告等の後、参議院農林水産委員会で、厚生年金保険制度及び農林漁業団体職員共済組合制度の統合を図るための農林漁業団体職員共済組合法等を廃止する等の法律の改正法案について質疑、可決。そして、森林経営管理法案と独立行政法人農林漁業信用基金法の一改正法案、各法について、齋藤農林水産大臣から趣旨説明。午後からは、参議院厚生労働委員会出席の後、国連国際防災戦略事務局 (UNISDR)議員連盟総会に出席し、UNISDR事務局長の水鳥真美さん(私がチリ大使館勤務時に外務本省でお世話に)の素晴らしいプレゼンお聞きしました。その後、自民党棚田支援に関するPT、太平洋島嶼国首脳歓迎レセプションに出席しました。
2018. 5. 16.(水)自民党国土交通部会・内閣第一部会・ユバーサル社会推進議員連盟合同会議で、ユニバーサル社会の実現に向けた諸施策の総合的かつ一体的な推進関する法律案の審査。その後、参議院本会議で、地域における大学の振興及び若者の雇用機会の創出による若者の修学及び就業の促進に関する法案と地域再生法の改正法案、 森林経営管理法案の趣旨説明がなされ、質疑。そして、約3時間半にわたる本会議で、4本の条約の承認、5本の法案が成立しました。
2018. 5. 15.(火)早朝、自民党内閣第一部会・文部科学部会、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会実施本部合同会議、所有者不明土地特別委員会役員会、有明海・八代海再生PTに出席。午後は、参議院農林水産委員会で、約3時間10分にわたり一般質疑。夕方には、2025年の大阪万博招致に向けての議員連盟総会に出席しました。
2018. 5. 14.(月)午前中は衆議院予算委員会、午後から参議院予算委員会で、予算の執行状況に関する調査のうち、外交・内外の諸情勢に関しての集中審議でした。その後、日本林業経営者協会総会・理事会後の懇親会、引き続き熊本県選出の坂本哲志代議士と金子恭之代議士の政経パーティーに出席、いよいよ終盤に向けて国会審議が本格化です。
2018. 5. 13.(日)鹿児島県伊佐市、湧水町と宮崎県えびの市で、4月19日に噴火した霧島連山の被害の現状と関係者の直の声をお聞きしました。硫黄山からの有害物質(ヒ素等)が川内川支流の長江川に流れ、本川の川内川にも流出し、今年の稲作を断念せざるを得なくなり、田植えを目前に農家の方々は、まさに断腸の思いです。関係者の皆様の風評被害への心配に対し、正確な情報を発信としっかりとした対策への決意をあらたに鹿児島、宮崎を後にしました。
2018. 5. 12.(土)午前、農水省入省当時に1年間住んでいた表参道に久々に行きました。午後、羽田空港から鹿児島に向かいました。富士山が綺麗で、室戸岬と四万十川河口も確認でき、穏やかな飛行の中に鹿児島に着きました。13日早朝から、硫黄山噴火により農業用水に影響が及んでいる鹿児島県伊佐市と湧水町、宮崎県えびの市の現状を調査します。

2018. 5. 11.(金)早朝、自民党農産物輸出促進対策委員会で、輸出に取り組んでいる林産物、水産物、JAグループの関係者からヒアリング。その後、参議院本会議で、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の改正法案について、石井国土交通大臣から趣旨説明、各会派代表により質疑、そして、農業経営基盤強化促進法等の改正法案が可決成立しました。昼には、参議院自民党政策審議会教育のあり方を考えるWTで、駐フィンランド大使をお迎えし、フィンランドメソッドについて講演いただき、大変素晴らしい内容でした。午後からは、自民党環境関係合同会議で、議員立法の「美しく豊かな自然を保護するための海岸における良好な景観及び環境の保全に係る海岸漂着物等の処理等の推進に関する法律」の改正法案に関する審議でした。今週は、連休明けでしたが、あっという間の一週間でした。
2018. 5. 10.(木)早朝、自民党所有者不明土地等に関する特命委員会で今後の取りまとめ骨子への意見交換、その後、農林関係合同会議で中国向け農産物輸出に係る覚書についての報告がなされました。画期的な第一歩で、二階俊博自民党幹事長、西川公也内閣官房参与の多大なるご尽力の成果です。昼前には、自民党本部で日本遺産「鯨とともに生きる」鯨食文化展が開かれ、鯨製品各種の販売、展示ビデオ上映、捕鯨砲、鯨類調査船模型などの紹介、そして、懐かしい鯨の竜田揚げ、鯨ベーコンとともに、くじら汁、鯨カレーの試食も行われました。午後からの参議院予算委員会では国家戦略特区等に関して、参考人元内閣総理大臣秘書官柳瀬唯夫氏と前愛媛県知事加戸守行氏への質疑、その後、参議院農林水産委員会で農業経営基盤強化促進法等の改正法案が可決されました。夕方に急遽、農林関係合同会議が開かれ、硫黄山噴火による影響及びその対応について、関係省庁から報告され、関係市町からの要請がなされ、私からも意見を述べました。約1,200haの水田で稲作を断念せざるを得ない状況で早急な対応が必要です。会議の後に、全日本漁港建設協会の総会懇親会に参加しました。
2018. 5. 9.(水)平成30年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書等が議題の自民党環境部会、環境・温暖化対策調査会合同会議に出席、公表後に私もこれら白書を講演等で積極的に活用しようと思います。その後、野党再編による会派の変更があり、参議院本会議で常任委員長辞任と選任が行われ、昼には、水産総合調査会で「水産政策の改革の方向について」について、齋藤農水大臣の決意を伺った後に意見交換しました。午後からは、参議院 国民生活・経済に関する調査会(第7回)で理事の選任とともに「あらゆる立場の人々が参画できる社会の構築」のうち、「豊かな国民生活の実現」について、意見の交換を行いました。今日は、私の地元である大仙市協和の皆様が要請活動に来られ、有意義な意見交換が出来ました。
2018. 5. 8.(火)連休明けになり自民党政調の部会審査等が本格始動。早朝、資源・エネルギー戦略調査会再生可能エネルギー普及拡大委員会で意見交換、引き続き、沖縄振興調査会・美ら島議員連盟合同会議で、沖縄県の子どもの貧困問題について有識者ヒアリング、意見交換。昼には、経済産業部会、資源・エネルギー戦略調査会及び原子力政策・需給問題等調査会合同会議でエネルギー基本計画の検討状況についての報告と審議。午後には、長崎・熊本国会議員「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産登録推進議連総会、そして、農産物輸出促進対策委員会に出席し、関係者よりインバウンドとの連携、卸売市場の活用、種苗の国際競争力の強化等についてヒアリング、その後、所有者不明土地等に関する特命委役員幹部会で今後の検討の方向の意見交換、夕方には、超党派の米消費拡大・純米酒推進議連の総会と懇親会に参加と慌ただしい一日でした。国会も正常化の見通しです。
2018. 5. 7.(月)午後から、参議院決算委員会で、法務省、外務省、防衛省、裁判所及び独立行政法人国際協力機構有償資金協力部門関係の省庁別審査で、約3時間の質疑がなされました。いよいよ会期末に向けての国会審議の本格化です。
5月のゴールデンウィークも終わりました。昨年は、南太平洋地域を訪問してましたが、今年の連休は、前半は沖縄、後半は東京と千葉、自宅では、家庭菜園に野菜を植えたり、衣替えをしたり、読書をしたりと、後半の国会に向けてしっかりと心身を整えました。
2018. 5. 1.(火)海の色が違う宮古島市の伊良部島で5月を迎えました。伊良部島の土地改良関係の方々と意見交換、宮古島の地下ダムから伊良部大橋に設置されているパイプラインで伊良部島に安定した水が排水される計画で、更なる事業推進の切実な思いが伝わってきました。相続未登記や所有者不明土地の問題も切実な課題として提起されました。昼前に沖縄本島に移動し、北部地域の市町村長さんと意見交換、その後、国営土地改良事業完了地区の土地改良関係の方々から各地が抱える課題等をお聞きするなどやはり現場での切迫感や臨場感は身に迫るものを感じます。今回の沖縄視察は、本当に有意義であり、連休後の自民党内の関係会議や国会質問等にしっかりと反映し、パフォーマンスでなく、着実に課題解決につながるようにして参りたいと考えています。
2018. 4. 30.(月)もう夏の感じの石垣市と宮古島市の美しい景色をご紹介します。宿泊は伊良部島でしたが、宮古島の交流会は本当に盛り上がりました。皆様も是非ともお出掛けください。
2018. 4. 30.(月)石垣市と宮古島市の農業の生産現場や農村の生活現場を直接視察し、意見交換しました。色々と対応いただいた方々に感謝です。石垣市で主にサトウキビとパイナップルを栽培されている農家のご意見を伺い、また、石垣市北部農村活性化協議会の方々と子育てから高齢者の医療の問題に至るまで色々な意見交換が出来ました。午後からは、宮古島市に移動、先進的な農業法人の取組を視察し、意見交換。宮古島市は地下ダムの水により農業が一変、最近は、農家戸数が増加、農業・農村を元気にしていくための取組が各地で活発化し、可能性を見出だしながら多角的に連携して総力戦で前に進む農業・農村の大切さを改めて痛感しました。夜は、貴重な宮古島式の意見交換会で、本音の議論が出来て有意義な時を過ごせて、本当に感謝です。
2018. 4. 29.(日)沖縄県の与那国島を訪問。与那国島は、我が国最西端の国境の離島で、基幹産業の農業と漁業に加えて、観光客が年間4万人を超える立地を生かし、今後の振興方向をしっかりと見据えた諸対策の早期実施が不可欠です。その基礎になるのが水の確保で、町では沖縄本島や宮古島などで実施した地下ダムの実現を目指しています。農地の現状や水確保の可能性等を視察、観光スポットも見させていただきました。幸いにして、漁協でカジキマグロの水揚げに遭遇して感激でした。国境離島の振興は、我が国の国土維持と保全にとって極めて重要な課題です。しっかりと取り組んで参ります。夜は、石垣市で宿泊しました。

2018. 4. 28.(土)自民党秋田県連秋田支部の第50回総会で記念講演。竹下支部長はじめ関係の皆様に感謝です。内容を農業問題に絞り過ぎてしまい、食料問題や食生活、環境などについて、もう少し幅広に取り上げるべきであったと反省しました。そうした中でも多くの方々に暖かい激励の言葉をいただき感謝でした。故郷の皆様のご温情見送りいただき、最終便で帰京しました。秋田は、早春の爽やかな風に満ちており、農作業が始まりつつあります。
2018. 4. 27.(金)秋田選出の国会議員の朝食会に参加、色々と有意義な情報交換ができ、感謝です。その後、各省からのレク、昼過ぎに国営総合農地開発事業完了地区福島県協議会の農水省への要請活動に同席、森まさこ参議院議員からのお声掛けで、今後、私自身もしっかりとフォローして参ります。そして、予定どおり富山に伺い、土地改良政治連盟の総会への出席、国営農地整備期成同盟会から要請の他、土地改良関係の青壮年の方々と土地改良法改正に対する現場の声や地域の実情など多岐にわたる課題について意見交換をしました。初夏の感じが漂う爽やかな気候の中、富山の皆様に感謝です。
2018. 4. 26.(木)早朝、自民党下水道・浄化槽対策特別委員会に出席、汚水処理の持続可能な事業運営に向けて、関係団体からヒアリングと「汚水処理リノベーションの推進に向けて」のとりまとめ案について意見交換。農業集落排水施設についても検討を更に深めていく必要があります。引き続き、内閣第一部会で国民の祝日(海の日)について意見交換、私からは海の日やハッピーマンデー制度の評価を含め丁寧な議論が必要な旨の意見を述べさせていただきました。午後からは、野党の大多数の参加が得られない中、参議院予算委員会で、日米首脳会談の結果や南北、米朝首脳会談に向けた大変重要で中味の濃い質疑がなされました。夕方には、自民党内閣第一部会・国土交通部会合同会議で、水循環白書骨子(案)について議論、「水を賢く、長く使う」という特集案は素晴らしく、国民の皆様に水利用の実態と大切さのPRが必要です。また、自民党女性未来塾開校式にも参加しました。
2018. 4. 25.(水)早朝、自民党環境部会、環境・温暖化対策調査会合同会議に出席、第4次循環型社会形成推進基本計画(案)次期廃棄物処理施設整備計画(案)等について意見交換。参議院本会議では、マラケシュ条約と香港国際条約の締結を承認、昼には、自民党水産基本政策委員会で「魚の流通・消費拡大の取組」について、関係の方々からヒアリングを行いました。午後からは、妻とともに赤坂御所で開かれた園遊会に出席させていただき、戸敷宮崎市長ご夫妻、茂木大仙市議会議長ご夫妻とご一緒させていただきました。夕方には、災害対策特別委員会・内閣第一部会合同会議で、災害救助法の改正法案の法案審査に参加しました。
2018. 4. 24.(火)水土里ネット広報女性部会勉強会で講演、食料自給率低下と自給率回復過程で復権或いは新たに創造していく必要があるものなどについて私見を紹介、そして、食育白書から見えてくる農政の展開方向や土地改良の在り方等について、女性の視点の重要性を強調いたしました。引き続き自民党経済産業部会、資源・エネルギー戦略調査会等合同会議で、エネルギー白書(案)について意見交換。午後からは、各種課題について関係省庁からレクを受け、夕方には、小林鷹之代議士の国政報告会に参加しました。
2018. 4. 23.(月)参議院決算委員会で、平成28年度決算等に関して、皇室費、内閣、内閣府本府、経済産業省、消費者庁及び沖縄振興開発金融公庫関係について審議が行われました。自民党・こころ、公明党、日本維新の会及び国民の声以外の会派からは出席が得られませんでした。夕方には、私が所属する政策集団「志帥会」の講演会とパーティーが開催され、程栄華・駐日中国大使と高橋はるみ・北海道知事の講演、パーティーには、約5000人の方々にご来場いただき、大盛況でした。
2018. 4. 22.(日)一転、夏のような熊本で、自民党熊本支部連合会会長の就任祝賀会に参加しました。第12代熊本県連会長に就任された前川收県議は私が熊本県庁に出向していた時から大変お世話になっており、就任のご挨拶とともに引き続きのご指導をお願いしました。河村建夫先生もお祝いに駆けつけていただき、和やかな雰囲気の中で旧知の方々もおられ、大変盛り上がりました。
2018. 4. 21.(土)昨夜、最終の新幹線で秋田に入り、快晴の秋田、桜も満開に近く晴れやかな明るい雰囲気でした。秋田選出の中泉参議院のお声掛けで、土地改良の測量設計を担っていただいている会社の創業30周年感謝の集いに出席しました。社長の出身地が私の母方の祖父の実家のそばであり、祖父の実家のご当主と親戚の皆様とお会いできました。また、大曲でも創業40周年のパーティーがあり、お世話になっている社長にご挨拶いたしました。夕方の便で秋田から羽田空港経由で熊本に向かう秋田からの帰路、春霞に霞む雪の鳥海山が見れました。
2018. 4. 20.(金)早朝、自民党北方調査会北方領土隣接地域の振興等に関するPTで、今国会における関係法律の改正事項(案)の意見交換、引き続き国土強靱化推進本部会合で、国土強靱化基本計画の見直しと国土強靱化アクションプラン2018について議論、そして、地方創生実行統合本部会合で、地方を支える人手不足対策について、有識者からヒアリングを行い、意見交換しました。素晴らしい内容でした。昼からは勉強会や各省からのレクなど目白押しで充実した一日でした。熊本県議会から、坂田議長と森副議長が私の事務所にお出でになり、ご活躍と引き続きのご指導をお願いしました。写真は、私の大好きな秋田犬、子供の頃に飼っていた風雪に耐えた秋田犬エルを思い出し、勇気が出てきます。
2018. 4. 19.(木)早朝、自民党災害対策特別委員会で、災害救助法の改正の検討、引き続き、農林・食料戦略調査会、食育調査会、農林部会合同会議が開かれ、平成29年度「食育白書」本文(案)について意見交換、その後、参議院農林水産委員会が開かれ、農業経営基盤強化促進法等の改正法案について審議しました。私自身は、自民党での事前審査での議論で論点は整理してましたが、各会派からの質問を拝聴し、大変参考になり、国会の場で色々な視点から検討、審議することは極めて重要なことと再認識しました。下の写真は虎ノ門ヒルズからの昨日の夕方の都心です。霞ヶ関ビルを眼下にして、東京の発展を実感しました。
2018. 4. 18.(水)早朝、自民党資源・エネルギー戦略調査会再生可能エネルギー普及拡大委員会で、自立分散型エネルギー分科会に参加し、とりまとめについて議論を行いました。参議院本会議では、生産性向上特別措置法案及び産業競争力強化法等の改正法案について、世耕経産大臣から趣旨説明、各派代表の質疑、その後、東日本大震災に伴う合併市町村に係る地方債の特例に関する法律の改正法案、障害者による文化芸術活動の推進に関する法案、国際文化交流の祭典の実施の推進に関する法案、人事訴訟法等の改正法案、都市再生特別措置法等の改正法案が可決されました。午後は、参議院国民生活・経済に関する調査会(第6回)で「あらゆる立場の人々が参画できる社会の構築」のうち、豊かな国民生活の実現について、3人の参考人の方々から意見をお聴きし、質疑を行いました。
2018. 4. 17.(火)早朝、森林・林業改革の推進を議題に自民党林政対策委員会に出席。午後には、獣医師等に関する件を議題に参議院農林水産委員会が開かれ、2日連続の質問をさせていただきました。岡山理科大学獣医学部新設と農林水産省との関係、獣医療政策の今後の在り方などについて質問しました。今日も多くの方々が私の事務所に来られ、感謝です。
2018. 4. 16.(月)参議院決算委員会での省庁別審査で、農林水産省に対して集中的に質問しました。農業、林業、水産業の各分野を網羅し、約35分でしたが、予定した質問は全て終えることができました。
2018. 4. 15.(日)首都圏秋田県人会連合会の定期総会・懇親会に出席、昼に樽酒の鏡開きが行われ、本当に賑やかで明るい素晴らしい会でした。立場や住むところは違っていても、故郷秋田への想いや思いは一緒です。
2018. 4. 14.(土) 熊本地震から2年目になります。熊本地震犠牲者追悼式が熊本県庁で執り行われました。一連の地震で267人の尊い命が奪われました。亡くなられた方々の御冥福を心からお祈り申し上げます。熊本の追悼式には代理出席で哀悼の誠を捧げさせていただきました。
2018. 4. 14.(土)京都で執り行われた故野中廣務先生のお別れ会に参列しました。享年92才。未だに信じられません。約3000人が参列し、野中先生の遺徳を偲ばれました。二階幹事長と安倍総理から弔辞が、大島衆議院議長から弔詞が贈られました。ご遺族代表のご挨拶の後、伊吹元衆議院議長から謝辞が述べられ、参列者一人ひとりが献花いたしました。厳かなお別れ会でした。野中先生の御冥福心からお祈り申し上げます。その後、山梨県甲州市塩山下小田原上条地区に移動しました。上条地区は、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定された地区で、地域独特の形式をもつ民家や蚕室が周囲の畑地や自然環境と一体となって、江戸時代以来の伝統的な集落の形態を良くとどめており、こうした地域資源を生かして農泊にチャレンジしております。地域の方々から色々なお話を伺い、良い勉強になりました。炭火で煮込んだ15人分のホウトウは、大変美味しかったです!!

2018. 4. 13.(金)早朝、自民党災害対策特別委員会で、災害救助法改正について、全国知事会と指定都市市長会からのヒアリング、また、島根県西部を震源地とする地震と大分県における土砂災害について関係各省庁から説明、引き続き農産物輸出促進対策委員会で畜産・酪農関係の方々からの意見をお聴きしました。続いて参議院本会議では、「東日本大震災における原子力発電所の事故による災害に対処するための避難住民に係る事務処理の特例及び住所移転者に係る措置に関する法律に規定する指定都道府県の議会の議員の選挙区に関する臨時特例法案」、「防衛省設置法及び自衛隊法の一部改正法案」、「食品衛生法等の一部改正法案」を可決しました。今日は、熊本に行く予定でしたが、本会議等の関係で断念。熊本の皆様、本当に申し訳ございませんでした。今日も多くの方々が私の事務所に来られ、感謝です。決算委員会と農林水産委員会の質問項目の詰めもできました。
2018. 4. 12.(木)早朝、岩手県の土地改良関係の要請と意見交換の後、自民党水産総合調査会で沿岸・養殖・漁協・流通について意見交換を行い、大変有益でした。午後からは、来週の決算委員会や農林水産委員会の質問に備えて関係省庁と意見交換、日頃、皆様からのご意見等も参考に質問項目を詰めていきます。
2018. 4. 11.(水)午前中、参議院本会議で、裁判所職員定員法の一部改正法案、建築基準法の一部改正法案、国際観光旅客税法案の3法案が可決、引き続き、 参議院政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会に出席しました。午後からは第5回参議院国民生活・経済に関する調査会に出席、「あらゆる立場の人々が参画できる社会の構築」のうち、豊かな国民生活の実現について、3人の参考人の方からのご意見聴取、質疑があり、私からは、政府が取り組んでいる「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進要綱」の現場浸透度や農福連携への障害者の方々の参画等について質疑を行いました。夜には、かつて勤務していた研究所の同窓の皆様と懇親を深めました。官民を越えた素晴らしい会でした。
2018. 4. 10.(火)早朝、自民党再生可能エネルギー普及拡大議員連盟で、関係団体からエネルギー基本計画への要望ヒアリング、その後、農林関係合同会議で平成29年度「食料・農業・農村白書」と「森林・林業白書」本文(案)について意見交換、これまでの審議での私の意見も盛り込まれ、感謝です。参議院農林水産委員会では、一般質疑の後、農業経営基盤強化促進法等の一部改正法律案について、齋藤農林水産大臣から趣旨説明をお聴きし、今国会3本目の法案審議が始まりました。今日も多くの方々が私の事務所に来られ、感謝です。
2018. 4. 9.(月)午前から参議院決算委員会、約7時時間に及ぶ審議で、これから毎週月曜日の午後に決算委員会の審議が行われます。決算委員として、緊張感を持って臨みたいと思います。今日は、私が生まれてから2万日目、両親や家族に感謝しつつ、引き続き、頂いた命の限りしっかりと職責を果たしていきます。
2018. 4. 8.(日)北海道です。深川市で、北海道土地改良事業団体連合会の現職会長理事の故塩尻芳央氏の告別式に参列いたしました。3月末の土地連総会や退職者への辞令交付もしっかりとお勤めになられたとのことで、関係者が皆驚き、大きなショックを受けたところです。北海道土地連の設立60周年記念式典開催に意欲を燃やされ、また昨年末受賞された農林水産大臣表彰の祝賀会開催を周囲から勧められているなか、さぞご無念だったことと思います。享年76歳。ただただ塩尻会長のご功績とご指導に感謝申し上げ、ご冥福をお祈りするのみです。合掌。

2018. 4. 7.(土)沖縄です。朝の便で羽田から那覇に飛び、地域の農業法人を経営する方々と意見交換し、沖縄、とりわけ離島の振興をどのように成し遂げるのか、貴重なご提案やご意見を沢山いただきました。しっかりと受け止めて提案の実現に向けて努力してまいります。その後、沖縄市において、測量設計や建設業の土地改良関係者、農業、畜産関係の方々と意見交換を行いました。どの業界も担い手の確保、育成に大きな課題を抱えております。他にも貴重なご意見をいただきました。後半、桑江朝千夫沖縄市長にご挨拶いただき、一期目の市政の具体的成果と二期目に向けた抱負を伺いました。是非とも二期目に向けて頑張っていただきたいと思います。予定を終えて羽田空港経由で新千歳空港に移動し、札幌に宿泊しました。さすがに気温差20度以上は、身体に応えますが、やはり日本は細長い国です。
2018. 4. 6.(金)早朝、自民党農産物輸出促進対策委員会で、青果物輸出関係者から現状と課題等のヒアリング、その後、参議院本会議で、駐留軍関係離職者等臨時措置法及び国際協定の締結等に伴う漁業離職者に関する臨時措置法の一部改正法案、古物営業法の一部改正法案、都市農地の貸借の円滑化に関する法律案いずれも全会一致で可決成立しました。昼は、自民党歴史を学び未来を考える本部会合で米国の日本占領政策とその転換について、有識者の方から講演いただきました。午後は比較的時間に余裕ができたことから、事務所で書類整理や勉強ができました。

2018. 4. 5.(木)早朝、証拠に基づく政策立案確立若手議員連盟の勉強会に出席し、農水省、財務省、国税庁の統計業務の現状と課題の説明と意見交換。その後、自民党北方調査会で3月21日に開催された日露外相会談の報告、引き続き北方領土隣接地域の振興等に関するPTで、北方領土隣接地域振興および元島民の援護施策についての意見交換。参議院では、法務委員会の後、午後から農林水産委員会に出席、都市農地の貸借の円滑化に関する法案の質疑、可決、附帯決議を行いました。今日も慌ただしかったですが、紀尾井町付近の桜は、まだまだ綺麗に咲き誇っています。
2018. 4. 4.(水)早朝、自民党資源・エネルギー戦略調査会・再生可能エネルギー普及拡大委員会で、アドナン・アミン国際再生可能エネルギー機関事務局長のお話を伺い、その後、参議院本会議で国際観光旅客税法案の趣旨説明の後、各党派代表から質疑、外国人観光旅客の旅行の容易化等の促進による国際観光の振興に関する法律の一部改正法案を修正議決しました。昼には、参議院自民党の内政国家ビジョン策定プロジェクトの人生100年時代の社会保障について専門家のご意見聴取の後、午後は、参議院東日本大震災復興特別委員会で吉野大臣の所信への各党派代表の質疑が行われました。今日は、土地改良関係のコンサルタント会社の新入社員の皆様が国会見学に来られ、私からも技術者として激励の言葉を述べさせていただきました。今後のご活躍を期待してます。
2018. 4. 3.(火)早朝、第3期消費者基本計画の工程表の改定と遺伝子組換え表示制度に関する検討状況が議題の自民党消費者問題調査会に出席、その後、参議院農林水産委員会一般質疑で、農地と農業の意義、TPP11協定、農林水産物・食品の輸出促進策、日台民間漁業取決めに等に関して質疑、都市農地の貸借の円滑化に関する法案について、齋藤農林水産大臣から趣旨説明と続きました。午後は、自民党所有者不明土地等に関する特命委員会で、関係団体からヒアリング、更に経済構造改革に関する特命委員会・知的財産戦略調査会合同会議で、今後の我が国のあるべき経済社会システムとして日本にイノベーション・エコシステムを定着させるための講演をお聴きしました。今日も多くの方々が事務所に来られ、本当に感謝です。
2018. 4. 2.(月)新年度のスタートです。新たに赴任された方々、転勤以外のご挨拶に来られた方々、多くの皆様が事務所にお見えになりました。感謝です。
2018. 3.31.(土)平成29年度が今日で終わり、長らく公務員だった私は、自分なりの大晦日として、いつも厳かな気持ちになり、新年度への思いを紡いでおりましたが、今も同じです。今日は、三重県内で土地改良関係者への国政報告会を津市、名張市、伊賀市の3会場で開催しました。絶好の花見の日であり、農作業にも最適な日でしたが、多くの方々にお集まりいただき、感謝です。土地改良法改正の内容や水利施設の老朽化問題、中山間地域の維持の問題等について、多くのご意見をいただきました。最後の会場が伊賀市でしたが、昨年亡くなられた同市出身の川嶋さんを偲びつつ、ご冥福をお祈りして三重を後にしました。三重の皆様、本当に有り難うございました。
2018. 3.30.(金)早朝、自民党資源・エネルギー戦略調査会再生可能エネルギー普及拡大委員会にで、再生可能エネルギー大量導入時代に向けた検討状況について、資源エネルギー庁からの説明と意見交換。参議院財政金融委員会では、保険業法等改正法案について質疑、可決。午後の参議院本会議では、日切れ法案全てについて可決され、国民生活に不可欠な予算と必要最低限の法案が成立しました。年度明けの各種法案審議に向けてしっかりと対応してまいります。夕方には、チリ大使館に一緒に勤務した元同僚の皆様と家族を含めて交流、当時の子ども達は、立派な社会人に成長、時の経つのは本当に早いものです。
2018. 3.29.(木)午前中、参議院農林水産委員会で、水産加工業施設改良資金融通臨時措置法の一部改正法案の質疑、討論の後、可決。午後からは、自民党国際局の外交関係勉強会で「最新の朝鮮半島情勢について」勉強、いよいよ今年度も明日を残すのみとなりました。例年より早く桜が満開、今日は春爛漫といった感じの穏やかで暖かい一日でした。
2018. 3.28.(水)参議院本会議で、賛成154、反対85で平成30年度予算が可決、所得税法等の一部改正法案、地方税法等の一部改正法案、地方交付税法及び特別会計に関する法律の一部改正法案も可決成立しました。今日は自民党内で多くの部会や委員会等が開かれ、野菜・果樹・畑作物等対策委員会では、さとうきびに関する現地調査報告と今後の対応について議論を深め、自民党参議院政策審議会では、オリ・パラの総括について意見交換が行われました。
2018. 3.27.(火)早朝、自民党林政対策委員会で国有林野事業の現状及び民有林との連携の推進について、林野庁からの説明と意見交換が行われました。また、国会の合間をぬって、歴史を学び未来を考える本部の有識者ヒアリング、日本の未来を考える勉強会、戦略研究会など多くの勉強会が開催され、どの勉強会も一流の講師の方々からお話を伺い、意見交換しました。夕方には、自民党水田農業振興議連総会で30年産米の作付け動向と今後の水田農業政策について、意見交換、私からは、先日の秋田の農業士の方々の不安を農水省に質し、また各地で耳にする各種疑問や不安についても質問、多くの先生方が多角的な観点から質問や意見を述べられ、更に勉強になりました。いよいよ今年度も終盤、多くの方々が事務所に来られ、感謝です。
2018. 3.26.(月)茨城県茨城町の農家の方々や秋田県農業士連絡協議会理事の方々に講演をさせていただき、秋田の方々は、水田利用の直接支払交付金の産地交付金の交付条件に関心が高く、色々と意見交換いたしました。午後からは、全国水土里ネット表彰式で、全国各地で土地改良や地域振興に取り組み、功績が大きかった個人や団体に齊藤農林水産大臣や二階全国水土里ネット会長などから表彰されました。心からお祝い申し上げます。今日も、多くの方々が事務所に訪問下さり、感謝です。
2018. 3.25.(日)第85回自由民主党大会が開催され、高木美帆選手と橋本聖子自民党参議院会長とのトーク、谷村新司さんの生出演もあり素晴らしい党大会でした。内外に難しい課題を抱えている今だからこそ、責任政党として一致団結して、国家、国民のために汗を流さなくてはならない決意を新たにした一日でした。桜が咲き始め、紀尾井町の弁慶橋付近の夜桜が大変綺麗でした。
2018. 3.24.(土)愛知県豊橋市、新城市で、松原用水と牟呂用水の世界かんがい施設遺産登録の記念碑除幕式に出席。松原用水は、通水450年、牟呂用水は、通水130年を超えており、現在は、豊川用水事業により、豊川に新たに建設された牟呂松原頭首工より取水し、安定的にかんがい用水を供給しています。今日は、私と同じ全国水土里ネット会長会議顧問の宮崎雅夫さんと一緒に出席、帰りは飯田線秘境駅弁当を食べながら東京に戻りました。
2018. 3.23.(金)早朝、自民党所有者不明土地等に関する特命委員会で、増田寛也氏と吉原祥子氏ヒアリング。続いて自民党内組織として発足した農産物輸出促進対策委員会の初会合に出席、農林水産物・食品の輸出の状況及び「農林水産物の輸出力強化戦略」のフォローアップと関係者よりのヒアリング。その後、参議院本会議で、子ども・子育て支援法改正法案について、松山国務大臣からの趣旨説明、質疑。午後は、 参議院農林水産委員会で、平成30年度予算の委嘱審査を約4時間20分にわたり行い、濃密な一日を過ごしました。
2018. 3.22.(木)午前中、参議院東日本大震災復興特別委員会で、東日本大震災復興の基本施策に関して、吉野復興大臣から所信をお聴きした後、平成30年度復興庁関係予算に関して、土井復興副大臣から説明をお聴きしました。午後は、参議院農林水産委員会で、平成30年度の農林水産行政の基本施策に関して質疑と本格的な審議の始まりです。夕方には、(公社)土地改良測量設計技術協会の意見交換会に出席しました。
2018. 3.20.(火)混乱していた参議院の各委員会審議が正常化しつつある中で、農林水産委員会で平成30年度の農林水産行政の基本施策に関して質疑が行われ、農林水産政策全般についての政策論議がなされました。今日も多くの方々が私の事務所にお越しになり、東広島市のファーム小田の吉弘さんのように久々にお会いしできた方がおられる一方、直接、お会いできなかった方々も多くおられ、申し訳ありませんでした。
2018. 3.19.(月)参議院予算委員会で約7時間半に及ぶ集中審議がなされ、自民党国対委員として出席しました。予定していた栃木県と新潟県での国政報告等に行くことが出来ず、申し訳ございませんでしたが、ご理解を賜りたいと思います。そうした中で、宮崎雅夫さんに対応いただき感謝でした。今日は、各省からのレクとともに、北海道天塩町の菊池議長と副町長がお見えになりました。
2018. 3.18.(日)秋田大曲での御法川信英代議士の政経セミナーに出席しました。千人を超える多くの方々の御出席のもとで盛大なセミナーで、河野外務大臣の講演が予定されていましたが、急遽訪米されたことから、ビデオメッセージが流され、北朝鮮との関係など現下の日本外交を巡る状況と方向が分かりやすい内容のメッセージでした。会場では多くの顔見知りの方々にお会いする一方で、新たに挨拶を交わす方も多くおられました。雪が多かった秋田も確実に春に向けて暖かくなっており、融雪災害がないことを祈りつつ、故郷秋田を後にしました。帰りの新幹線で先々週伺った山形県天童市の和農産の牛肉を使った黒毛和牛サラミが販売されており、堪能しました。

2018. 3.17.(土)福井の朝、快晴です。平野部の雪は殆んど溶けていました。福井の土地改良関係者に宮崎雅夫さんとともにご挨拶、また、かつて勤務した日野川用水農業水利事業について、美濃理事長から現状と課題をお聞きしました。その後、和歌山に移動し土地改良関係者に国政報告。土地改良法改正案に関心も高まっており、しっかりと審議しなければなりません。和歌山でも宮崎雅夫さんと一緒にご挨拶しました。和歌山も快晴で、春の到来を肌で感じました。夜に関西空港から羽田に戻りました。
2018. 3.16.(金)早朝、自民党農林関係合同会議での冬期の大雪被害等についての報告、過疎対策特別委員会に対応しました。続いて、田園回帰の調査結果についての明治大学農学部小田切徳美教授の話をお聴きしました。その後、参議院本会議で日銀の黒田総裁等の同意人事案件の採決、地方税法等の改正法案の趣旨説明と質疑、参議院自民党政策審議会で政策論議、参議院予算委員会で一般質疑が行われました。夕方に特急しらさぎ号で福井に向かいましたが、進むにつれて感慨深いものがこみ上げてきます。
2018. 3.15.(木)早朝、自民党差別問題に関する特命委員会・部落問題に関する小委員会合同会議でに出席し、部落差別の解消の推進に関する法律施行後の関係各省等の取組状況について関係省庁等からヒアリングを行い、自民党地域の農林水産業の振興促進議連設立総会に出席、沖縄振興調査会で過日提言した内容のフォローアップ等についての意見交換と続きました。その後、農林関係合同会議で平成29年度「食料・農業・農村白書」及び「森林・林業白書」骨子(案)、平成29年から30年冬期の大雪被害の状況について意見交換、続いて自民党憲法改正推進本部で憲法への自衛隊の明記についての議論、夕方には、最も年次が若い参議院議員と安倍総理との意見交換の場が持たれ、有意義な時間を過ごしました。夜は沖縄関係の退職予定者の激励会に出席し、先輩達のご功績とご苦労に感謝を捧げさせていただきました。
2018. 3.14.(水)自民党地方創生実行統合本部で、高橋はるみ北海道知事に北海道の地方創生の取り組みについて講演いただき、その後、自民党本部前で北海道物産展が開催され、大盛況でした。昼には、自民党女性局役員会、農林部会勉強会、午後一番に自民党北朝鮮による拉致問題対策本部で、最新の北朝鮮情勢や拉致問題の啓発に関する取組について意見交換、水産基本政策委員会で、資源管理の現状と漁業の成長産業化に向けた対応方向お議論、水産関係合同会議で水産白書(概要)案とクロマグロの管理方策の意見交換と続きました。夕方には、自民党国際局外交関係勉強会で最新の朝鮮半島情勢について、木村神戸大学教授から講演と今日も濃密な日程でしたが、朝鮮半島情勢についての認識を新たにしました。
2018. 3.13.(火)参議院予算委員会の公聴会が開かれ、働き方改革関係、安全保障、外交関係、公文書管理関係について専門家から意見をお聴きし、各党から質疑がなされました。午後からは自民党内の議員連盟として、新たにファームステイ(農泊)推進議連の設立総会が行われ、無事に立ち上がりました。素晴らしい議連になると思います。
2018. 3.12.(月)各省からのレク対応の後、午後からは千葉県の両総土地改良区、千葉県、関東農政局との打合せを行いました。両総地区は、約17500haの受益面積を持つ大きな土地改良区で、平成5年から27年までに国営かんがい排水事業で幹線施設の更新事業が行われ、支線の施設整備がこれからの地区です。今後、全国の模範となる営農形態の変化に応じた施設整備を進めるための意見交換を行っています。
2018. 3.10.(土)雲が薄かった福島市上空、青森県の小川原湖、下北半島の尻屋崎上空を撮影しつつ新千歳空港に向かい、北海道当別土地改良区の山田智理事長の旭日双光章受章祝賀会に出席しました。明治初期に宮城県岩出山伊達家の伊達邦直公により開拓された当別町は、泥炭と不安定な用排水に悩まされ、戦後の国営かんがい排水事業や篠津地域泥炭地開発事業により、現在の豊かな農地に生まれ変わりました。当別土地改良区は、主に基幹的な用排水路の管理を担っており、今回の叙勲は、山田理事長の長年のご功績を讃えてのもので、心からお祝い申し上げ、北海道を後にしました。
2018. 3.9.(金)早朝、自民党外交調査会で外交評論家の岡本行夫氏から「日本外交の指針~日米同盟と日米安保」というテーマで講義いただき、自分自身、頭の整理が出来て極めて有意義でした。その後、参議院本会議が開かれ、所得税法等の改正法案の趣旨説明と質疑、昼には、農林部会農政勉強会て、農地政策と農業農村整備事業について農水省からの説明と質疑を行いました。やはり農政は奥が深くかつ幅も広いので、体系的に整理された資料などで頭の中を常にリニューアルしておくことが大切で、現場で目で見て耳で聞いて肌感覚で捉えたものと、この頭の中のものとを付き合わせて現場の課題を解決するためにはどうすべきか、その橋渡しを謙虚かつ真摯に研鑽し行動することの重要性を言い聞かせつつ週末を迎えます。
2018. 3.8.(木)参議院予算委員会、約4時間45分の審議ですが、自民、公明、維新、無所属の会のみの出席で、他の党の質問時間は、時間のみが流れていくという状態でした。昼には、参議院農林水産委員会で、平成30年度の農林水産行政の基本施策に関して、齋藤農林水産大臣から所信をお聴きしました。これから大臣所信、提出予定法案、そして現場の実情を踏まえて質問の準備を加速化致します。午後からは、各種打合せを行い、久々に事務所で今後の日程等について孰議できました。
2018. 3.7.(水)早朝、自民党資源・エネルギー戦略調査会再生可能エネルギー普及拡大委員会に出席。冒頭、水力発電の更なる活用について、竹村公太郎・日本水フォーラム代表理事の講話の後、国土交通省と環境省から水力発電の取組みの現状の説明と意見交換、また、経済産業省から調達価格等算定委員会の平成30年度以降の調達価格等に関する意見が紹介されました。私からは、系統接続や農業用水の非かんがい期の水利権等の課題解決に向けた努力の必要性を述べました。昼には資源・エネルギー戦略調査会再生可能エネルギー普及拡大委員会自立分散型エネルギー分科会で、グリーンファンド事業や地産地消エネルギーの実例についてヒアリングを行いました。また、平野達男先生と農水省の方々と小水力発電の現状と今後の方向について勉強会、夕方には、自民党子供の元気!農山漁村で育むPTについて意見交換を行いました。事務所には、今日も多くの方々がお越しいただき、感謝です。
2018. 3.6.(火)森友関係文書問題で予算委員会は未開催。早朝に自民党歴史を学び未来を考える本部にて、小谷賢・日本大学危機管理学部教授から第二次世界大戦の前史の欧州情勢について講話、昼には、東日本大震災復興加速化本部総会で政府側からの復興状況等の説明と質疑が行われ、まだまだ復興も途半ば、しっかりとした取組みの必要性を再認識しました。夕方には大阪万博を実現する議連総会に出席、会議の合間には、各省から法案等のレクもあり、結構慌ただしい一日でした。
2018. 3.5.(月)参議院予算委員会で約7時間半に及ぶ集中審議がなされました。森友問題で財務省の答弁を巡り紛糾した場面もありましたが、国民の皆様には必ずしも分かり易いとは言えない予算について、質問を通じて理解いただことの大切さを思いました。
2018. 3.4.(日)広島県三次市で、小島敏文代議士の「ふるさと対話集会」にお呼びいただき、色々な声をお聞きしました。2会場での対話でしたが、双方とも米政策の転換について不安の意見、中山間地の農地保全の話題、法人設立に当たっての不安や疑問など現場の声は切実でした。現場の声をしっかりと受け止めて、現行の施策での対応、新たな対策の検討に仕訳して、お返しに努めます。米政策については、まだ政府の説明が現場に届いてない気がしますので、色々な事案や不安があれば遠慮なく私にお伝えくださいと強調しています。
2018. 3.3.(土)桃の節句の佳き日、山形に伺いました。1日からの暴風雪で被災された方々にお見舞い申し上げます。この日は、まず天童市の㈱和農産を訪問し、社長の矢野さんと面談。国産飼料にこだわることが、食の安全、安心、水田の維持をはじめ地域環境を守る、という強い信念を持って実践されておられることに、心が洗われる思いでした。その後、山形県土地改良事業団体連合会西村山支部研修会で米政策を中心講演しました。後日、色々なご意見をいただきたいと思います。山形の皆様、有り難うございました。
2018. 3.2.(金)終日、参議院予算委員会に出席。質問と答弁をじっくりと聞き、自分の考えを深めることは有意義なことです。また、私がテレビに映ることで、国会を身近に感じていただき、色々なご意見をいただければ幸いです。夜、中山間地域の振興に関する協議会の懇親会に出席し、中山間地域の首長さん達と意見交換を行いました。
2018. 3.1.(木)来年度予算の審議がいよいよ参議院で始まりました。午前中、自民党国会対策委員会、予算委員会に出席しました。午後、娘の高校の卒業式謝恩会で挨拶させていただきました。親としての感謝の気持ちと同時に、高等教育に関する諸課題に思いを馳せていました。
2018. 2.28.(水)午前中、九州国会議員の会、その後、各省のレクを受けて、昼には棚田振興議員連盟総会に出席、農林水産省から棚田に関する施策や予算、各地の取組状況などの説明と意見交換を行いました。第23回全国棚田(千枚田)サミットは、昨年長崎県波佐見町で開かれましたが、本年の第24回は長野県小谷村で開催予定で、松本久志村長、棚田の学術的な重鎮の中島峰広先生も会議に出られました。午後からは、自衛隊の明記を議題に自民党憲法改正推進本部の会議に出席、夕方には、今村雅広先生の政経パーティーに出席しました。本日、平成30年度予算が衆議院本会議で可決され、いよいよ明日からは参議院での審議が始まります。
2018. 2.27.(火)早朝、自民党国土交通部会で、所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法案、船舶の再資源化解体の適正化法律案及び国家戦略特別区域法改正法案の審査、引き続き水産関係合同会議では、卸売市場法及び食品流通構造改善促進法改正法案の審査と韓国による日本産水産物等の輸入規制に関するWTOパネルの状況について政府側から説明がありました。韓国のWTOから是正勧告への不服上訴は遺憾なことです。午後からは、平成30年豪雪対策合同会議で被害状況と政府の対応状況について意見交換、その後、日本水フォーラム主催の国連世界水の日記念・水未来会議2018、自民党の緊急事態法制に関する若手勉強会、各省から多くのレクと意見交換と続きました。事務所には今日も多くの方々が来訪され感謝です。
2018. 2.26.(月)群馬県の八ッ場ダム工事現場を視察。平成31年度完成を目指し急ピッチで工事中。ダム建設に至る歴史とその後の経緯に、公共事業と政治について改めて深く考えさせられました。コンクリートと人は対立するものでなく、相協力することで巨大なダムが造られ、自然の猛威から人々の安全を守り、安心で便利な生活を支えています。視察を先導、支援いただいた足立敏之参議院議員、国土交通省、ダム建設共同企業体をはじめとした関係者の皆様に心から感謝しつつ、八ッ場ダムが多くの人々の生命、財産を守り、また地域振興に大きな力を発揮することを期待して、現場を後にしました。
2018. 2.25.(日)石垣島のダム、水路、農地を視察。老朽化、水需要変化に対応する施設更新や新設、気候変動等に対応して水供給能力を高める複数ダムの連結、不整形な農地のほ場整備を実施中。視察後、土地改良関係の設計や建設業の皆様と、色々な課題や石垣の農業、地域経済の更なる活性化の望ましい方向性、道筋について意見交換。この方向性の加速化のため現市長の中山義隆さんの市政継続が大切と思います。八重山ソーキそばと「じゅーしー」をいただき、気温差20℃以上マイナスの東京に戻ってきました。
2018. 2.24.(土)秋田から石垣島に直行。土地改良関係者との国政報告と意見交換を実施。その間に、再選を目指す石垣市長の中山義隆さんを激励。中山市長が成果をあげてこられた観光客増加の流れを止めず、インバウンドも含めた消費の増加分が石垣域内で循環し更に付加価値を高めていくことが必要です。今日は、桜が満開の石垣市に宿泊です。
2018. 2.23.(金)自民党内閣第二部会・経済産業部会・国土交通部会・海洋総合戦略小委員会・再生可能エネルギー普及拡大委員会の合同会議で、海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域利用促進法案の条文審査、その後、農林関係合同会議で卸売市場法・食品流通構造改善促進法の改正法案と土地改良法改正法案の審査、農薬取締法改正に関するワーキングチームの論点整理、農薬取締法改正法案の審査と盛り沢山の内容が続きましたが、充実した議論がなされました。午後は、参議院自民党政策審議会の教育のあり方を考えるプロジェクトチームでAIの進展と人材について勉強、その後、快晴の東京から吹雪の秋田に移動して、佐竹秋田県知事の県政報告会に参加、静かで穏やかな秋田の夜でした。なお、本日はチリ下院議員の皆様が来日されてます。
2018. 2.22.(木)参議院農林水産委員会の委員派遣で静岡県と山梨県の現地を視察です。静岡では中央卸売市場と新丹谷地区土地改良事業の現場で、新丹谷地区は、第二東名高速工事の余剰土砂を有効活用により急傾斜地のミカン畑を広大な平地畑に変え、女性の労働が楽になり、JAしみずと土地改良区の一体となった取組により、若い後継者も育っている素晴らしい先進事例です。山梨では、早川町で森林整備の実情を直に見て意見交換、間伐がなされた森林と管理せずに放置された森林の差が歴然としており、改めて森林管理の重要性を認識し、今国会の法案審議にしっかりと活かしてまいります。
2018. 2.21.(水)早朝、自民党資源・エネルギー戦略調査会、再生可能エネルギー普及拡大委員会、 自立分散型エネルギー分科会に出席し、『分散型エネルギーシステム分科会 中間とりまとめ』の実施状況等について意見交換。引き続き、自民党緊急事態法制に関する若手勉強会で有事法制の勉強、憲法改正推進本部(教育の充実)と続きました。午後は、参議院国民生活・経済に関する調査会(第4回)で、「あらゆる立場の人々が参画できる社会の構築」のうち、豊かな国民生活の実現(高齢者をめぐる格差への取組)について、3人の参考人の方の意見聴取、各会派代表から質疑、その後、自民党サイバーセキュリティ対策本部会合で「重要インフラ分野に対するサイバーセキュリティ対策の現況(情報通信)」の総務省ヒアリングと続きました。夕方は、平成30年度日本林業土木連合協会(林土連)の定時総会の懇親会に参加、全国各地の森林整備や治山事業などを担っている方々と有意義な意見交換がてきました。
2018. 2.20.(火)早朝、自民党国土交通部会で、海外社会資本事業への我が国事業者の参入促進法案、建築基準法改正法案の条文審査、所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法案(仮称)等の概要の意見交換。昼には、水産関係拡大役員会を経て、水産関係合同会議に参加し、海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進法案(仮称)、引き続き、水産基本政策委員会で、海技士の確保・育成の検討状況、海上保安庁による航路標識の廃止について意見交換と続きました。その後、外交国家ビジョン策定プロジェクト・参議院自民党朝鮮半島PT合同会議に参加の後、仙台に移動し土地改良関係団体の懇談会に出席し、多くの先輩の方々に土地改良を巡る予算や政策の状況の説明と意見交換と濃密な一日でした。
2018. 2.19.(月)埼玉県土地改良事業団体連合会創立60周年式典及び通常総会に出席。数ある埼玉の土地改良の歴史のうち、見沼代用水を整備した紀州和歌山出身の井澤弥惣兵衛氏と耕地整理時代の「鴻巣式」を紹介し、更なる埼玉の土地改良の発展への期待を述べました。午後 農林高校を応援する会特別勉強会「大学農学部の現状について」に参加。その後、自民党農林関係合同会議にて今国会に提出予定の森林経営管理法案、独立行政法人農林漁業信用基金法改正案を審査しました。今日も和歌山県日高川土地改良区の皆様はじめ多くの方々から地域の実情と課題をお聞きしました。
2018. 2.18.(日)自民党前女性局長の高階恵美子先生に同行、宮城県名取市で開催の自民党女性局主催の「いどばたキャラバン」に参加し、地域の多くの方々の生の声をお聞かせいただき、本当に勉強になりました。介護の問題が多く出されましたが、どの分野でも色々な制度が出来てますが、住民の皆様に伝わってない、或いは伝わっても実際に使われないケースが多々あります。いつまでも行政の人海戦術に頼るのではなく、技術、制度がバージョンアップする中で、どの年代で何の悩みが多く、どの制度が最も活用されたか、或いは何が足りないか、分析、総括できるシステムができるのではないかと帰りの新幹線でずーっと考えてました。高階先生、自民党宮城県連の皆様、そして参加いただいた多くの方々に感謝です。
2018. 2.16.(金)早朝、自民党山村振興特別委員会に出席、3年前の担当課長としての説明側から今は議員席ですが、山村振興にかける思いは変わりません。今回は、関係省庁から平成30年度山村振興関係予算概算決定等の説明を受け、山村活性化対策の取り組み状況等について地域おこし協力隊の方からヒアリング、意見交換をしました。その後、今般の大雪等による被害状況と政府の対応状況を議題に平成30年豪雪対策合同会議、続いて、内閣第一部会で「古物営業法の一部を改正する法律案」の法案審査、更に、農林関係合同会議で卸売市場法及び食品流通構造改善促進法の一部を改正する法律案(骨子)について議論しました。また、今日は国際人口問題議員懇談会主催のウガンダの子供たちを迎えての交流会に参加、WATOTOの皆さんのミニコンサートを聞かせていただきました。
2018. 2.15.(木)午前、水産関係会議の拡大役員会で、卸売市場法(骨子)、海洋再生可能エネルギー発電設備法などの意見交換。午後、CLT(直交集成材)議連総会、ファームステイ(農泊)議連発起人会に出席。夕方、次期参議院選挙に向けて政治活動を本格化する全国土地改良政治連盟顧問の宮崎雅夫さんの後援会事務所開きに出席。私も一緒にしっかりとした活動をさせていただく決意です。
2018. 2.14.(水)自民党歴史を学び未来を考える本部で、川島東大教授から満州事変及びそれ以降の中国と日中関係について講義。参議院本会議では、国家公務員等の任命に関する同意人事の採決が行われました。午後 農産物を巡る国際交渉(WTO,TPP,EPA等)をテーマとする自民党農林部会農政勉強会、参議院国民生活・経済に関する調査会に出席しました。夕方 自民党政治制度改革実行本部勉強会で、自民党改革について、講師の田原総一朗氏の話を伺いました。その後、離島振興懇談会に出席し、関係の市町村長の皆様と懇談しました。
2018. 2.13.(火)東京都土地改良事業団体連合会の総会に伺いご挨拶。東京は、各々の地域の特性に応じた多様な農業が営まれており、税制や補助制度なども更に検討が必要です。午後、自民党国土交通部会で、海外社会資本事業への我が国事業者の参入の促進に関する法律案の概要等、国際協力調査会・外交部会合同会議で、2017年版開発協力白書、日韓首脳会談について意見交換がなされました。夕方には自民党経済構造改革に関する特命委員会で、水産業・林業のIT化についての先進的取組の発表、農薬取締法改正ワーキングチーム法改正の論点整理と法案骨子についての審議を行いました。
2018. 2.11.(日)昨夜は温かい心に包まれた滋賀を後にして大阪に戻り、チリでご一緒した尊敬する先輩夫妻と会食。11日は一転して晴れの日、松原市三宅町土地改良区の仲川理事長の叙勲記念の素晴らしい祝賀会に出席しました。午後、雪を纏った綺麗な富士山を眺めながら東京に帰り、今日も素晴らしい一日を過ごしました。
2018. 2.10.(土)和歌山で、門博文代議士からのお声掛けで「ふるさと対話集会」に参加しました。マイクのいらない対話ということで、多くの方々から生活実感そのものの貴重なご意見をいただきました。昨年10月22日、23日の台風21号による浸水被害は、地域の都市化、降雨形態や上流域の開発等で洪水被害が出やすくなっていること、排水機場のハード施設の整備に限らず、維持管理手法の見直しの検討が必要なこと、ため池の滞砂問題、水面のホテイアオイ問題、供用後50年以上経過しているポンプやゲートの問題など、現場で今後の対応と改善策について地域の方々と意見交換しました。その後、滋賀県東近江市に移動して、第33回愛知川(えちがわ)農業水利研究集会で、「平成30年度予算の概要と森林保全施策」と題して講演し、多くの方々に真剣にお聞きいただき、会場から貴重な意見もいただき、こうした生の声を胸に止めて、今後の活動に生かしてまいります。
2018. 2.9.(金)早朝、自民党災害対策特別委員会で、2月4日からの大雪等による被害状況と政府の対応状況について意見交換を行いました。新潟、富山、石川、福井の国会議員の先生方から、現場の実情と財政支援を含めた政府の対応が強く要請されました。除雪等の現場対応で地元の建設業の方々に一生懸命対応いただいていることをもっとPRすべきとの意見が多く出されました。雪害も災害であり、高齢化、過疎化の進展が加速化するなかで、雪害にも強い強靭な社会を構築していかなければなりません。午後からは、各種会議や打ち合わせを行い、明日の和歌山訪問に備え、大阪に移動しました。
2018. 2.8.(木)早朝、自民党農林関係合同会議で、農薬関係、森林関係、信用基金関係の3法案について議論、続いて自民党北方調査会で日露外務次官級協議の報告の後、北方領土隣接地域の振興等に関するPTが開かれ、北方領土隣接地域振興および元島民の援護施策に関するヒアリングが行われました。その後、奄美振興特別委員会で奄美大島沖合でのタンカーによる油状漂着物、米軍オスプレイの奄美大島上空での低空飛行問題の政府の現状認識等を聞き、意見交換しました。また、雪の秋田から秋田県主食集荷組合・営農集団協議会の皆様が来られ、平成30年からの米政策の転換への不安が話題になり、引き続き正確な情報提供のため、現場の不安や思いを遠慮なく伝えていただくようお願いしました。都城志布志道路推進協議会の方々も要請活動に来られました。夜は、日中友好団体新年会に出席しました。
2018. 2.7.(水)昼には第2回自民党農林部会勉強会で農林関係予算について勉強し、改めて農林予算の構造と変遷を振り返ることが出来て有益でした。午後からは、参議院国民生活・経済に関する調査会(第2回)で、「あらゆる立場の人々が参画できる社会の構築」のうち、豊かな国民生活の実現(子どもをめぐる格差への取組)について、参考人として公益法人や特定非営利活動法人の方々からの意見聴取、質疑に参加し、現場の課題への実効性のある施策の必要性を痛感しました。今日も私の事務所に多くの方々が来られました。感謝です。
2018. 2.6.(火)終日、主に各省からの法案レクが主体で事務所を中心に活動しました。各地からアポなし訪問が結構多く、ついでに寄っていただく、これも本当に嬉しいものです。皆様、お待ちしています。
2018. 2.5.(月)農水省時代の先輩の皆様に国政報告を行いました。尊敬する先輩から現下の農村政策の課題や今後の方向性についてお話を伺い、本当に勉強になりました。今日も多くの方々が私の事務所に来られ、各省から今国会で提出予定の法案の説明などもあり、充実した一日でした。
2018. 2.4.(日)引き続き、秋田市から県南の湯沢市に移動して、御法川信英代議士の国政報告会に出席しました。国政報告会の前に、佐藤養助さんの稲庭うどんをはじめ美味しい料理をいただきながら、湯沢市内の若手経営者の皆様と働き方改革や生産性革命の現場での課題などについて、本当に有意義な意見交換を行いました。御法川代議士の国政報告会には、550人を超える多くの方々が出席しており、湯沢、雄勝地域の御法川代議士への期待の大きさを実感しました。私も挨拶をする機会を与えていただき感謝しつつ、湯沢での素晴らしいおもてなしに、外の雪と寒さとは裏腹に、温かな心のまま東京に戻りました。
2018. 2.3.(土)引き続き秋田で、午後から大曲商工会議所会頭佐々木繁治氏の旭日小綬章と秋田県文化功労者表彰の同時受賞を祝う会に出席いたしました。佐々木会頭の大きなご功績とお人柄を実感する素晴らしい祝賀の宴でした。お昼は久々に秋田名物、キリタンポを美味しくいただきました。
2018. 2.2.(金)自民党農林関係合同会議で、今国会に提出予定の農業経営基盤強化促進法等改正法案の質疑、引き続き農業基本政策検討委員会で、土地改良区制度の見直しについて、法改正の方向を議論しました。現場の声をしっかりと反映できる法改正に努力していきます。午後からは、秋田に移動して、秋田県仙北建設業協会設立60周年記念式典で講演、我が国の食料と農業について私の持論をお聞きいただきました。夜には、横手市土地改良区関係の職員技術講習懇談会で多くの方々と意見交換しました。昨年の1.5倍以上の横手で久々に宿泊しました。

2018. 2.1.(木)昨日に引き続き参議院予算委員会で平成29年度補正予算の審議が行われ、本会議に上程され可決成立しました。土地改良に関しては、「利権の温床」とか「ばらまき」といった批判が寄せられました。批判には真摯に耳を傾け、誤解は解く努力をし、正すべきことがあれば改善は当然ですが、農業・農村の振興のため色々な立場で身を粉にして頑張っている方々の努力が報われるようにしなければなりません。夕方には、「漁業の成長産業化に向けた誓いと感謝の夕べ」(全漁連主催)出席、引き続き昨年末に訪中した第7回日中与党交流協議会の反省会に参加しました。
2018. 1.31.(水)昨日の夕方に衆議院で平成29年度補正予算が可決され、参議院に送付され、今日は、参議院予算委員会で審議です。昼には、参議院東日本大震災復興特別委員会で、㈱東日本大震災事業者再生支援機構法改正法案(二重ローン対策の延長) が可決、自民党本部での第2回自然と農山村を守る狩猟のつどい、農林部会の若手議員での政策勉強会と続きました。夕方には農林水産省秋田県人会、菅官房長官も出席され、女性の方々の着物姿も素晴らしく大変盛り上がりました。
2018. 1.30.(火)早朝、自民党所有者不明土地等に関する特命委員会で、今後の工程、今国会への提出予定法案の概要について関係省庁より説明を受け、質疑を行いました。午後からは、北海道に移動して、土地改良関係の皆様に新年のご挨拶いたしました。宮崎雅夫顧問と一緒でした。土地改良関係の方々の心温かな歓迎に、心底暖まり、感謝の気持ち一杯で、後ろ髪を引かれる思いで日帰りで東京に戻りました。
2018. 1.29.(月)終日、議員会館で今国会提出予定の法案の勉強と机の上が書類整理を行いました。水土里ネット会長会議顧問の宮崎雅夫さんをお連れして、関係の先生方にご挨拶、熊本選出の野田毅代議士の部屋に伺った際に、熊本の干拓の歴史の絵図が部屋に掲げられており、感動。宮崎さんも私も熊本県庁勤務経験があり、あらためて熊本の農地の形成過程と必要な対策を考えさせられました。
2018. 1.28(日)斎藤伸志・川崎市議会議員の「新春の集い」に出席いたしました。斎藤市議は私の高校の後輩にあたり、昨年に引き続いての出席でしたが、昨年との大きな違いは、奥様が加わったこと、参加者が多くなったこと、演説が進化していることなどで、特に奥様を迎えられたことは、本当に大きな力になり、益々のご活躍が期待されます。
1月26日夕方、野中広務先生がお亡くなりになりました。
2018. 1.27(土)徳島阿波市で開催された土地改良連絡協議会の新年互礼会に出席しました。互礼会の前に、関係土地改良区の理事長さん達と意見交換を行い、水利権前倒し要請、多面的機能支払い制度の運用改善、施設管理に関する費用負担、土地所有者不明農地の取扱いの問題、米政策への疑問、新規就農者対策の課題など多くの声をいただきました。やはり現場の声をじっくりと聞くことが大切です。今年も地域主義、現場主義で前進してまいります。
2018. 1.26(金)早朝より自民党農薬取締法WTが開催され、今国会で改正法案として提出予定の農薬取締法について、農家、JA関係、主婦連、農薬メーカーの方々から貴重な意見を伺いました。今回の改正では、食の安全安心や農作業の安全を確保することを第一義として、日本の農産物の安全性について、国際的認知を得て、輸出に備える対応が大切です。参議院本会議は、昨日に引き続き各会派からの代表質問がなされ、午前午後で約3時間半の質疑が行われました。本会議終了後、私も同研究所に主任研究員、部長として各々2年、計4年お世話になり、多くの知見と経験を積まさせていただいた(一財)日本水土総合研究所の調査研究発表会の懇談会に出席しました。夜には明日に備え、徳島に移動しました。
2018. 1.25(木)7:17現在で-3℃と東京は冷え込みました。早朝より自民党地方創生実行統合本部・内閣第二部会・文部科学部会合同会議、農民の健康を創る会総会と続きました。参議院本会議では代表質問と通常国会も本格化ですが、今日の本会議は午前中のみで、 午後からは今国会提出予定の法案について、関係省庁からレク、夕方には、自民党TPP・日EU等経済協定対策本部で東京での首席交渉官会合政府説明と続きました。事務所には、総務省への特別交付税要請などにに来られた広島県呉市の土井正純市議、秋田県大仙市老松市長、鎌田市議はじめ多くの方々が来られました。
2018. 1.24(水)引き続き鹿児島で、早朝、水土里ネット鹿児島で日夜奮闘されている職員の方々に激励の挨拶を行い、桜島フェリーで大隅半島に移動しました。笠之原土地改良区、肝属中部土地改良区、曽於南部土地改良区の方々と意見交換を行いました。鳥獣害被害対策、担い手対策、家族経営への支援対策、豪雨被害による流木対策、所有者不明農地の問題、農地中間管理機構の課題、揚水機場の電気料金問題など様々な意見を頂戴し、私なりに最新の情報をお伝えしましたが、更なる対応の深堀りの必要を痛感しました。夕方には感謝しつつ鹿児島を後にしました。
2018. 1.23(火)鹿児島ですが、昨夜、万全の対応と思い名古屋に移動、中部国際空港から鹿児島に向かう予定が欠航となり、急遽、新幹線で鹿児島入りしました。このトラブルで笹山・姶良市長へのご挨拶ができませんでした。到着後、宮路・日置市長にご挨拶、その後、水土里ネット鹿児島の役職員研修会で我が国の食料と農業をテーマに講演しました。その後、会場を移して懇談会を行いましたが、水土里ネット会長会議顧問に就任したばかりの宮崎雅夫氏も加わり、有意義な意見交換ができました。種子島の方々からは、人手不足と高齢化で地域自体を維持していくことが不安である旨の率直な声をお聞きしました。島嶼部や中山間地域などの対策の必要性を桜島に対峙して、考えさせられる一日でした
2018. 1.22(月)通常国会開会です。午後から、天皇陛下をお迎えしての開会式が厳かに催され、国会正面前にて雪の中で天皇陛下をお出迎えし、お見送りさせていただきました。夕方、参議院で所謂政府四演説(総理大臣の施政方針演説、外務大臣の外交演説、財務大臣の財政演説、経済財政政策担当大臣の経済演説)が行われました。安倍総理は、農林水産物の輸出、生産農業所得の高水準、40代以下の若手新規就農者の3年連続で2万人超など農林水産業全般にわたる改革を力強く進めることで、若者が夢や希望を持てる「農林水産新時代」を皆で築いていこうと力説されました。また安倍総理は、田畑を耕す農家の皆さんの世代を超えた営みが、中山間地域、ふるさとの豊かな山々を守り、地域が誇る特産品を生み出し、我が国の美しい田園風景を作り上げてきたことを強調され、全国津々浦々で地方創生を力強く進めいくことを力強く述べられ、まさに地域政策の重要性を強調されました。首都圏の大雪の中で、私の地元の秋山・柏市長と星野・我孫子市長はじめ多くの方々が事務所に来られました。感謝です!夜には、明朝の鹿児島行きに備え、名古屋に移動しました。
2018. 1.20(土)沖縄です。早朝より活動を開始、名護市周辺の農業関係者から、水不足、土壌流出の環境対策、集落排水対策など多岐にわたる課題をお聞きしました。南城市長選挙で古謝景春候補、八重瀬町の「新垣ヤスヒロ」さんと精力的に応援しました。南城市では、もうすぐ開園するイチゴのハウスを訪問し、意見交換しました。沖縄は20度を超える暖かさで、東京に戻った時には、本当に寒く感じました。
2018. 1.19(金)午前中は今通常国会に提出予定の法案等に関する勉強を行いました。まだ素案段階の法案も多いことから、国会提出までに、内容と経緯のフォローが大切です。午後からは、全国土地改良政治連盟の総会が行われ、私と長年にわたり共に仕事をしてきた同志の宮崎雅夫氏が同連盟の顧問に就任、私と同様に全国水土里ネット会長会議顧問に委嘱されました。今後、農林水産業と農山漁村の振興に手を携えてともに努力していく覚悟です。夕方には、沖縄那覇空港に移動。事務所に届けていただいた啓翁桜が満開、寒の中にも春の息吹です。
2018. 1.18(木)熊本です。3年間住んだ熊本は、いつも暖かく迎えてくれます。一昨年の熊本地震の爪痕が残り、引き続き早期復旧と復興支援の覚悟を新たにしました。早朝より土地改良関係の企業に伺い、新年のご挨拶を申し上げ、昼には、九州地方の土地改良関係者の新年互礼会に出席して祝辞を述べました。7年間勤務した九州の先輩達にお会いし、今年こそは災害のない平穏な年であるよう祈念すると同時に、防災減災対策をはじめ国土強靭化対策推進の気持を新たにしました。午後からは熊本県土連でミニ講演を行い、東京に帰って在京秋田県人新春交歓会に出席しました。
2018. 1.17(水)岡山です。朝から土地改良関係の企業の皆様や県土連の皆様に新年のご挨拶とミニ講演、質疑を行い、その後、中国四国地方の土地改良関係者の新年互礼会で挨拶を行いました。香川県で発生した鳥インフルについて触れ、1/14に殺処分等の防疫措置を完了された関係者のご努力に心から敬意を表したいと思います。岡山を後にして、広島県と山口県の土地改良関係者に新年のご挨拶を申し上げ、広島では、参議院議員大先輩である重政庸徳先生の胸像にご挨拶、山口では全国各地からご参集の水土里ネット広報女性部会の皆様にご挨拶いたしました。その後、熊本に移動しました。
2018. 1.16(火)京都です。朝から土地改良関係業界の方々に新年のご挨拶をし、近畿地方の新年互礼会に出席しました。来賓挨拶では、昨年10月に逝去された元京都大学総長の故沢田敏男先生のご冥福をお祈り申し上げました。沢田先生のご功績は、京都大学農学部農業工学科農業施設工学講座の教授としての研究成果はもとより多くの人材の育成、京都大学総長のほか多くの要職を歴任され、 勲一等瑞宝章、文化功労者顕彰の授与に加え文化勲章を受章されています。改めてご冥福をお祈り申し上げます。互礼会後には、京都府と兵庫県の土地連の皆様に新年のご挨拶に伺い、岡山に移動しました。
2018. 1.15(月)新年3週目です。自民党鳥インフルエンザ対策本部の会合が持たれ、香川県における鳥インフルエンザ発生への対応等について意見交換しました。関係者のご努力で、14日に殺処分、鶏舎の消毒を含む全ての防疫措置が完了、完了後、21日が経過して(2/4の24時)異常がなければ半径3km以内の移動制限区域が解除されます。骨付き鶏肉の大産地である香川での鳥インフル発生ですが、風評被害が発生しないよう、正しい理解が大切です。その後、名古屋に移動して、愛知県の土地改良測量設計関係団体の新年懇談会に出席、名刺交換した後に京都に移動。今日も快晴の素晴らしい天気で暖かく、富士山も綺麗でした。
2018. 1.12(金)終日都内です。午前中は自民党内閣部会関係のレクで、政府全体として少子化、高齢化社会における諸問題、午後からは各種会議でしたが、本年も忙しくなりそうです。また、業界紙のインタビューを受け、網羅的かつ的を得た質問に応答するなかで、頭の整理が出来て有意義でした。
2018. 1.11(木)名古屋で、朝から農業農村整備の現場を技術で支えている測量設計業務を第一線で担っている方々に新年のご挨拶と陣中見舞いに伺いました。その後、我が国の土地改良技術を先導した東海地方の土地改良関係者の新年互礼会に参加し、多くの方々にご挨拶致しました。その後、静岡に伺い土地改良関係の方々に新年のご挨拶、昨年10月に行われた第40回全国土地改良大会静岡大会を大成功に導いた方々にご慰労と感謝を申し上げました。
2018. 1.10(水)昨夜、富山入りして早朝より富山県土地改良会館前の故 桜井志郎先生の胸像に新年のご挨拶をし、次いで土地改良関係者に新年のご挨拶をしました。その後、雪の中お集まりいただいた石川県の土地改良関係者の新年互礼会でミニ講演と質疑、そして北陸地方の土地改良関係者の新年互礼会に出席しました。その後、東京に戻り、全国水土里ネットの事務責任者の方々の懇談会でご挨拶、引き続き公益社団法人日本技術士会の新年会に出席してご挨拶させていただき、明日に備えて名古屋に移動しました。
2018. 1.9(火)今日から各地の土地改良関係者の新年賀詞交換会が始まります。東北地区の賀詞交換会で冒頭祝辞を述べましたが、平成29年度補正予算、平成30年度当初予算の政府案についての私なりの見解をお伝えしました。また、昨年末の中国訪問の状況についても触れ、土地改良の分野でも先人の皆様の積み上げてきたご努力に敬意を払いつつ、謙虚かつ果敢に将来を展望していくことの重要性を再認識した私の思いをお伝えしました。折角の仙台行きなので、昨年同様、栃木県、福島県、宮城県の土地改良関係者にも新年のご挨拶を致しました。
2018. 1.7(日)地元柏市の出初式に参列、国際消防援助隊員に登録されている方々もおられ、国際協力対応まで、本当に幅が広がっています。消防関係の方々の昼夜兼行の貢献があり、私たちの社会生活が円滑に維持されており、ご家族の方々のご尽力も含め、関係者の皆様に心から感謝したいと思います。今年、一年火災や災害が無いように祈念して、出初式の会場を後にしました。
2018. 1.5(金)自民党本部で仕事始め式が行われ、安倍総裁と二階幹事長から新年の挨拶がなされました。その後、大日本水産会の新年賀詞交換会、農業土木関係の新年懇談会に出席しました。懸案の予算も措置される見込みとなり、両懇談会とも出席者の表情が明るく感じられ、今後は、国会での審議を経て今年度補正予算、来年度当初予算の早期成立と貴重な予算の効率的執行に努力が必要です。
2018. 1.4(木)新年始動です。快晴の富士山を仰ぎながら、愛知に向かいました。東三河の方々に明治用水土地改良区でご挨拶、また、海部地域の土地改良関係者の方々に3年連続で新年のご挨拶を、その後、大府市の愛知用水土地改良区で新年の講演をさせていただきました。夜には元同僚と先輩の方々が集う新年会に参加し、今年も幕が開けました!本年も各地にお邪魔すると思いますが、皆様!宜しくお願い致します。
2018. 1.1(月)2018年(平成30年)がスタートしました。

2017年活動日誌へ

2016年活動日誌へ