活 動 詳 細

新年明けましておめでとうございます
2017年、平成29年の幕開けです
今年が皆様にとり素晴らしい年になりますよう心からお祈り申し上げます
今年も引き続き宜しくお願い致します
 
12月31日大晦日です。
今年は、激動の一年でした❗
多くの方々に支えていただき意義ある今年を越すことが出来ました
皆様には感謝、感謝です。とともにしっかりと恩返しをさせていただく覚悟です。
大晦日は自宅で大掃除し、2009(平成21年)から3年間にわたり放映された「坂の上の雲」のビデオを見返しました
全13話でしたが12話が203高地、13話が日本海海戦です。
爾霊山と乃木大将が詠った203高地、第3軍司令部に児玉源太郎大将が乗り込んだ場面、児玉大将の迫力ある言葉は現代の組織の中にも十分
通用するものと思います。
今より遥かに厳しい国際環境下で、決死の覚悟で我が国日本を守った明治の国民。東郷平八郎長官の「聯合艦隊解散之辞」は含蓄がありますね
「降る雪や明治は遠くになりけり!」(中村草田男)を思い、明治生まれの厳格な祖父を想い、安倍総理の真珠湾での感動的な演説を脳裏に焼き付け、
年を越したいと思います
皆様、良いお年をお迎え下さい❗明年も宜しくお願い致します
    
 
 
12月30日は、自民党災害対策特別委員会・総務部会合同会議に出席しました。
糸魚川大火災対策の緊急会議でした。
二階幹事長ご出席の下、長島新潟県連会長、地元選出の高鳥衆議院議員、塚田参議院議員、新潟県会議員、糸魚川市長から火災の状況と被害
の現状が説明され、今後の復旧・復興に当たっての各種要請がなされました。
関係省庁からは短期間の中で前向きな対応策が示されました。
特に松本大臣(防災担当)から、安倍総理からの指示も踏まえ、今回の火災は台風並の強風に起因する自然災害との示唆があり、各種対策の適用
可能性が大きくなりました
二階幹事長は、今日糸魚川入りされ明日現地調査とのことです。
幹事長は、この目でしっかりと実際に現場を見て対応策を検討したいと言われてました。
それにしても、年越しを目前に突然家と財産等を一瞬にしてなくした被災者の方々の気持を思うといたたまれません。
早期の復旧・復興を実働するのみです
   
   
 
 
 
 
12月29日は、農水省の大先輩で尊敬する故内藤克美さんの告別式に参列しました。
私が農水省に入った時の設計課長が内藤さんで、その後全国農業土木技術連盟(現農村振興技術連盟)会長、(財)日本農業土木総合研究所
(現日本水土総合研究所)理事長を歴任され、この間ご指導を賜りました。
温厚かつ思慮深い内藤さんからは、学ぶところが多く本当にお世話になりました。
告別式には、多くの関係者の方々が参列され、内藤さんのお人柄が偲ばれました。
喪主の息子さんも「父を尊敬していたが父の仕事のことはよくわからなかった。
しかし、多くの職場の関係者の方々の話を聞き、父がコツコツとしっかりと良い仕事をしたんだと誇らしく感じた」といつた趣旨のご挨拶をされました。
人間色々ありますが、内藤さんのように最期に家族、同僚から惜しまれ感謝で送り出されることは素晴らしいことだと感じました。心からご冥福を
お祈り致します。
 
1月28日は、官庁御用納です。
私も長い公務員生活の名残で、28日には特別の思いを持ってます。
私が農水省に入ったのが昭和61年ですが、その時分は予算の越年編成とかあり、予算担当係は除夜の鐘を聞きながら電卓叩いていたという話が
ありました。
最近は、予算もクリスマスイブには仕上がるようになり、役所の中の雰囲気も随分変わりました。
今日は、会館事務室で資料の整理を行いました。久々に静かな事務室で、寂しい感じもしましたが、来年に向けた準備を行いました。
今年は、30日まで仕事がありますが、自宅からの通勤の予定です。
 
12月27日は、長野県に行って参りました。
11月10日に亡くなられた中原正純長野県土地改良事業団体連合会前会長(元駒ヶ根市長)宅を弔問しました。
中原前会長は病床の中にありながら、私のことを心配され、いつも親身になってアドバイスいただきました。
自ら責任を持って事にあたるから厳しく人に対峙し、かつより自らを厳しく律するといった中原さんだったと思います。
仏前で予算回復の報告をしたら、厳しい眼差しで「まだまだ」と睨められ、すぐにニッコリと微笑んだ気がしました。ご冥福をお祈り致します。
その後、伊那地域の土地改良関係者に国政報告を致しました。
質疑の時間も十分あり、TPP関連、米の生産調整の見直し、土地改良制度の見直しなど様々な課題に対して、事実関係に基づき私なりの考えを
応答させていただきました。
今年の国政報告は、今日で終わりです
 
 
 
12月24,25日は、都内で私的な用事を済ませ、26日は会館事務室で農水関係の新規制度や予算執行の見通し等について検討し、今後の課題解決に
繋げたいと思います。
毎年、新規制度が創設されますが、執行は現場です
現場からは、人手不足と事務量の増加で悲鳴が聞こえてきます。
行政手法の思い切った転換が必要になってきてます。
12月23日は、埼玉県深谷市にお邪魔しました。
東京駅に似た駅舎が洒落ている深谷駅ですが、7月6日に街頭演説をした場所です。本当に多くの方々にご支援いただきました。
あらためて感謝、感謝と念じつつ、神尾高善埼玉県議の県政報告会に出席しました
素晴らしい報告会でした。
出席されている方々の中にも、あの夏の演説会で支援いただいた方も多く、あらためて感激でした❗人と人との繋がりは本当に大切にしなければ
なりません
神尾県議に感謝です。
深谷駅前は、すっかりクリスマスの様相で、齢50を過ぎてもワクワクしました。
雪があればなおメルヘンチックなのですが・・・。
 
 
 
12月22日は、午前中は議員会館の執務室で久し振りに少し時間をかけて書類整理をしました。
膨大な量の書類ですが、やはり紙ベースの情報に触れることは貴重です。
如何に効率的に情報を取り込み、自分なりに加工して(一定の付加価値をつけて)発信できるかを更に追求しなければなりません!
午後からは金沢で行われた会議に出席し、夜に帰京しました。
強風の影響で新幹線が多少遅れましたが、新潟県糸魚川市の大火事は大変なことになってます。
昔から地震、雷、火事、親父と言いますが、災害や事故はいつ起きるかわかりません。
それ故に日頃からの備えと訓練が大切です。
ハードとソフト両面からの防災減災対策を加速していかなければなりません。
 
12月21日は、朝から山形に伺いました。
自民党農林・食料戦略調査会西川公也会長、山田俊男参議院議員、地元山形選出の鈴木憲和衆議院議員とご一緒させていただき、
農業関係団体の皆様と意見交換致しました。
まずは米沢平野土地改良区に寄り、佐貝理事長(山形県土連会長)他役員の方々と意見交換した後に、関係団体との意見交換に臨みました。
JA、土地改良区、農業委員会の関係者が一堂に会して、自民党農政の責任者である西川先生とじっくり意見を交換し、山田先生と私も専門分
野の立場から各種意見を述べさせていただきました。
本当に奥の深い実のある会で、私自身も本当に勉強になりました。
このような機会を設けていただいた鈴木先生と私にお声掛けいただいた西川先生、農政の大先輩の山田先生に心から感謝でした
帰京後、北海道土地連の塩尻会長はじめ役職員の皆様と議員会館で意見交換しました
明日が平成29年度予算政府案が閣議決定されるため、まさに臨戦態勢で予算の細部の確認のための上空であり、私とも今後の北海道土地改良
の方向性について、予算制度について深い議論をいたしました。
北海道も新たな営農方向に即した基盤を整えるための区画拡大、排水改良等の農地整備や水利施設の更新、農地の防災減災対策を行う新規
地区が順番待の状態です。
これに対応するには当初予算が不可欠です。
まずは今年度補正予算と来年度当初予算をしっかりと効果的に執行し、平成30年度当初予算にチャレンジしなければなりません
闘いはもう始まってます
 
 
 
12月20日は、早朝から自民党農村基盤整備議員連盟総会が開催されました。
二階幹事長が会長をされており、多くの国会議員の先生方が出席され、今後とも引き続き当初予算を確保していくことの必要性が強調されました。
しっかりと頑張っていかなければなりません。
その後、長野に移動しました❗農家や地域の人達が長年待ちわびた広域農道の開通式に出席し、祝辞とテープカットをいたしました。
多くの関係者の思いが伝わり胸が熱くなりました
中長期的にみて地域の発展や防災減災の側面から大きな役割を果たすものと確信してます
その後、松本市と長野市で国政報告会を開始致しました。
長野県土地改良連合会(長土連)は、今年、中原会長が逝去されました。本当にお世話になった中原さんと会えずに残念です。
ご冥福を祈りつつ国政報告をしました。多くの方々に熱心にお聞きいただき感謝でした。
夕方の懇親会では多くのお世話になった方々に心から御礼申し上げました。
病床で「当選して俺も治ったら美味しい酒飲もう」と言われた中原さんの姿がなく、世の中の無常をつくづく感じました。合掌。
 
 
 
 
 
12月19日は、午前中に富山県入善土地改良区の上田理事長(県議)、北海道天塩町の方々が会館に来られました。
午後からは静岡に移動して、静岡県土地改良区等代表者会議で講演しました。
この会での講演は現役時代を含め三回目で、随分、顔見知りの方々も多くなりました。
私の前に講演された小谷あゆみさんとお話しました。
農水省審議会の委員もされている小谷さん、色々な角度から食料・農業・農村をみておられ勉強になりました
小谷さん有り難うございました。
静岡では茶価の低迷で困っている農家が多くいます。
日本茶の輸出も伸びてますが、皆さん!是非とも急須で入れたお茶を沢山飲みましょう❗
今日の富士山は格別でした❗やはり富士山は雄大で堂々としています
富士の姿に心を洗われ、静岡の皆様に勇気付けられて東京に戻りました
 
 
 
 
12月18日は、網走から陸路で帯広に移動しました。
日本一寒い町「陸別町」、松山千春さんの故郷「足寄町」を経由しましたが、快晴の中で道路も良好で順調に移動できました。
帯広では、中川郁子代議士、有塚利宣十勝地区農業協同組合長会会長ご同席の中で、国政報告会を開催しました
年末の日曜日、それも快晴の中、多くの方々にお集まりいただきました。報告会の後、懇談会が開かれましたが、やはり今夏の台風災害の復旧の話題が
中心で、今後の防災減災対策の重要性を強調する声が多かったです。
12/15から洪水で流出した畑へ河川の掘削土の搬入が開始されました。
農業部門と河川部門の連携で効果的な災害復旧がなされてます。官民も現場の方々のご苦労に頭が下がります。
また、昭和36年の農業基本法制定時にいち早く稲作から畑作に転換した当時の十勝地域の指導者の英断を振り返り讃える話や、暗渠排水の重要性を
説く方々の真剣な眼差しが印象的でした。
早期の災害復旧と清水町で発生した鳥インフルの早期終息を祈りつつ、クリスマス色が漂う帯広を後にして東京に戻りました
 
 
12月17日は、北海道網走です。快晴の羽田空港を飛び立ち、女満別空港に降りました。
網走で「オホーツク農業土木研究会」主催の国政報告会を開催いたしました。
土曜日の午後からでしたが、約50名の方々にお集まりいただきました。
皆様に熱心にお聞きいただき感謝でした。
夕方には、地元選出の武部新代議士に出席していただき、「オホーツクの未来を語る夕べ」が開かれました
高橋道会議員、塚本道会議員、水谷網走市長、辻北見市長、井上置戸町長(オホーツク町村会長)をはじめ、農業はもとより林業、漁業関係の方々も
参加されており、森林環境税(仮称)のことや漁港整備の話題など幅広く意見交換が出来て有意義でした。
網走は大変寒く積雪があり、ガチガチの路面でしたので、革靴に簡易の滑り止めスパイスをはいて移動しました
 
 
 
 
 
12月16日は、午前中に自民党部会に出席した後、青森県を訪問しました
青森県農業農村整備推進講演会「青森の農業・農村を考える」で特別講演を行いました。
快晴の東京を飛び立ち、大雪の青森に降りました。
青森空港は大雪で滑走路の除雪に時間を要し、青森空港上空で約40分間旋回してました。小さなお子さんが大泣きし可哀想でした。
乾燥した小空間で振られながらの旋回は、さぞかし不快であったと思います。
講演会では約170名の方々から熱心に私の話を聞いていただき、感謝でした
TPPの話、水田農業の今後のあり方など全体的な政策の方向性の中で、土地改良が果たす役割について講演しました。
また、私が掲げている「3つの約束」と「6つの全力」について、現在の取組状況を説明しました。
講演会後の懇談会では、関係者から色々な話をお聞きし、まさに良いキャッチボールができたと思います。
 
 
 
12月16日は、自民党の農林部会・食料戦略調査会・畜酪小委合同会議でH29年度の畜産物価格決定の報告がなされました。
冒頭、西川公也会長から、今年の価格決定では農水省の枝元生産局長はじめ多くの職員の皆様が連日役所に泊まり込みで財務省との折衝を行っ
ていただいたとのご紹介と慰労の言葉がありました。
関係議員一同拍手で感謝と慰労そして敬意を表しました
その後、水産部会、農林合同会議と出席し、H29年度予算と組織定員関係の財務省との折衝状況を説明を受けました。
農業農村整備関係予算が今年度比で200億円増額とのことで、これによりH29年度の執行ベースで5772億円になり、悲願のH21年度当初のラインに
復活することになります。
私からは、自民党二階幹事長はじめ農林幹部の先生方、農水省の皆様に感謝の言葉を申し上げました。
特に財政が厳しい中で、水産、林野の公共予算を削減することなく農業農村整備を増額していただき感謝です。
これで予算不足で遅れている農林水産基盤関係の整備が回復していくものと期待されます。
まだまだ予算不足が続いているので、引き続きH30年度以降の当初予算確保に向けて頑張らなくては行けません。
H29年度予算は来週最終的な大臣折衝が行われ、22日の閣議決定を目指すとのことでした。大臣折衝に向けて、農林関係議員と関係団体幹部一同
で山本大臣を激励申し上げました。
 
 
 
 
 
12月15日は、午前中に高校の同級生が議員会館に来てくれクラスメートからの当選祝いを持って来てくれました。感謝です。
自民党の農林部会・食料戦略調査会合同会議で税制、H29予算重点の説明と審議がなされました。
いよいよ予算折衝も大詰めです。
その後、福島県の戸ノ口堰土地改良区の要請をお受けしてから、奈良県にいってまいりました。
奈良県内の土地改良区役職員研修会で講演を行いました。
皆様に熱心にお聞きいただきました
講演後に荒井知事を表敬させていただき、参議院の先輩でもある知事から激励とアドバイスをいただきました。本当に感謝です。
夜は土地改良関係の方々と懇談会を行い、東京に帰りました。
少し冷え込んだ奈良でしたが快晴であり、緊張感のある雰囲気で心地良さを感じました
また明日から頑張りましょう
 
 
 
12月14日は、早朝より自民党地方創生実行統合本部、東日本大震災復興加速化本部、奄美振興特別委員会に出席しました。
地方創生については、重点事項として地方大学の振興ということが取り上げられています。
私からは、地方大学の実態として、特に大学の先生が学生の就職指導に傾注出来ない問題点を指摘しました。
論文の数でなくどれくらい学生を数として地方の企業等に就職に導いたか、その実績に応じて運営交付金の配分を決めるといった大胆な
ことを行うべきという趣旨の要望をしました。
こういう仕組みがあれば、大学の先生も地方の実態を研究し雇用を生み出す知恵をどんどん出してくれるはずで、地方にとっては頼りに
なる各地方独自の個性豊かな大学になっていくと思います❗
その後、参議院各委員会で休会中等の各種取扱の決定をし、参議院本会議が行われました。
一部野党から議長不信任案が出されましたが否決され、予定されていた法案が可決されました。
国民年金改正法案は可決成立しましたが、IR整備推進法案は参議院で修正可決されたため、再度、衆議院に送付され、衆議院で翌日
未明に可決成立しました。実質的に臨時国会の審議が終了しました。色々な経験をさせていただいた臨時国会でした。
また、夕方に国際かんがい排水委員会(ICID)から世界かんがい遺産に登録された14施設の管理団体等の皆様の祝賀会が開催され、出席しお祝いしました
 
12月13日は、午前中に秋田県能代市の土地改良関係の方々からの要請を聞いて意見交換しました。
国営総合農地開発事業能代地区で整備された施設の老朽化が著しく、受益地内の農地整備とともに施設の更新整備が急務です。
午後からは参議院農林水産委員会に出席しました。
畜産物等の価格安定等に関する件についての質疑で約3時間半の審議で、質疑後に畜産物価格等に関する決議がなされました。
 
12月11日は、明日からの国会終盤に備え、久々に自宅で愛犬を膝において読書。
インフルエンザ予防接種をして夜に議員宿舎に戻りました。
12日は午前中に関係省庁からのレクを受け、午後から参議院内閣委員会で特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案(IR整備推
進法案)の参考人質疑が行われ、出席しました。
色々な課題に対して専門的な質疑が行われました。
4時間を超える審議の後、自民党政調の畜産・酪農対策小委員会でのH29畜産物価格等の審議に出席し、引き続き農林部会での日EU・EPA
交渉の状況について外務省、農水省から説明を受け、意見交換しました。
 
12月10日は、自民党女性局の仕事で徳島に伺い、女性局四国ブロック会議に参加しました
色々と意見交換させていただく中で、やはり東京で平均的というか平面的な話を聞いたり書類を見たりするよりも、現場に赴き直接、当事者から
話を聞くの方が臨場感があり腹にスット落ちることを実感します。
女性局の中では政策的に色々な課題がありますが、私自身としては中山間地域の振興に関する要請をたくさん受けました。
やはり拠点集落の整備を核として、自動運転の自動車やロボットによる草刈機や山林の下草刈機など、Al技術により生活の利便性向上や重労働
からの解放を進めていかなければならないと思います。
そのような将来の姿も見据えつつ、現在、今の課題にもしっかりと目を向けて、農山漁村における女性がいきいきと輝けるような地域づくりをしてい
くことが重要です。
こうしたことを、四国の女性局の方々のご意見を聞きながら、あらためて実感したところです。
   
 
12月9日は、午前中にTTP特別委員会の締括的総括質疑がなされ、賛成反対の討論の後に採決され、TTP協定締結の承認と協定締結に伴う関係法律の
整備法案が可決され、本会議に上程されました。
衆議院の審議時間を超える審議で、時間も内容も相当充実したものになったと思います。
午後から本会議が開催され、「電柱化の推進に関する法律案」、「自転車活用推進法案」、「道路運送法及び貨物自動車運送事業法の一部を改正する法
律案」及び「部落差別の解消の推進に関する法律案」が可決成立するとともに、TPP協定締結が国会承認され、協定締結に伴う関係法律の整備法案も可
決成立しました。
TPPに関しては、私自身は協定内容を更に確認しつつ、不安を感じる方々の声に真摯に耳を傾け、引き続き丁寧に説明していく必要があると考えていま
す。
 
12月8日は、水田農業振興議員連盟総会(29年産・30年産に向けたコメ政策の動向と対策)に出席しました。
私からは、飼料用米助成等からなる水田利活用対策の意義について発言しました。
この対策は、我が国 の食料の自給力や供給力を中長期的に高めていくため、水田をフル活用を図るための重要な対策です。
あたかも高米価誘導対策との批判には、私自身忸怩たる思いを持ってます。
米価はあくまでも需要と供給のバランスで市場で決まるものです
結果として米価が高くなっても、農家の方々が再生産可能となる環境を整えることにつながるものであり、消費者の方々に是非ともご理解いただきたいと
思います
ご飯一杯約24円です。これが仮に30円となっても高いと言えますか?
他の食品の値段と比べてみて下さい
また、農林・畑作物等対策小委合同会議でH29産サトウキビ単価等が決定しました。前年度と同水準です。
午後からはTTP特別委員会です。
安倍総理ご出席の下で掘り下げた質疑が行われました。
夜は、三重大学の同窓会(農業土木関係)に出席しました。
私自身三重大出身ではありませんが、多くの同窓生の方々にお世話になっており、感謝の思いで一杯でした
 
12月7日は、早朝に自民党の野菜・果樹・畑作物等対策小委(サトウキビ・でん粉原料用かんしょの現状・課題・対策)の審議に出席しました。
北海道、鹿児島、沖縄の関係者の方々も大勢おられました。
そして参議院本会議です。
「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」いわゆるIR法案の趣旨説明と質疑が行われました。
この法案は賛否両論ありますが、確実に言えることは「カジノ解禁法」でないということです。
あたかも本法案が可決されると即刻カジノが解禁されるというのは誤りです。
今回の法案はプログラム法と言われるもので、規制等の詳細は政府内で検討の上で別の法律として改めて国会で審議されます。
また 「建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進に関する法律案」などが可決されました。
午後からは党首討論(QT:Question Time)が行われました❗私も会場で立ち会いました。
テレビで放映されましたが、皆様如何でしたでしょうか?
また、今日は多くの方々が事務所に来訪されました。
山形県村山東根土地改良区の皆様、野川土地改良区の皆様、秋田県土地改良事業団体連合会の高貝会長などです。
夕方は土地改良建設協会の理事会と懇談会に出席し、更に4か所のパーティー等に参加しました
今日もフル回転でした。
 
 
 
   
 
12月6日は、午前中に参議院国土交通委員会に出席し、自民党の畜産・酪農対策小委員会に出席しました。
そして午後からは、TPP特別委員会で参考人質疑が行われました。
各会派からの質疑を通じて、広範な分野にわたり自分の知見を再確認し、まて深堀して整理でき、更に自分が質問する立場でどの部分をどのように
質すべきかが見えてきます。
やはり緊張感の中で真摯に国会審議を尽くしていくことは、極めて重要だと思います
12月4日は、秋田から自宅に帰り色々と生活の準備をして、月曜日からの国会に備えて宿舎に戻りました
5日は午前中に福島県安積疎水土地改良区の皆様が要請活動に来られ、昼には千葉県成田用水土地改良区関係の方々と今後の更新事業等の
方向性等について打合せを行いました。
午後からはTPP特別委員会の集中審議です。安倍総理出席の下でテレビ中継が行われました。
各会派の代表9名から質問がなされ、審議が深められました。
会派を問わず本当に真摯に疑問点、問題点を掘り下げた丁寧な審議がなされていると思います。
 
12月3日は、秋田県大仙市大曲で開催された大信会望年会に出席しました。
この会は御法川信英衆議院議員の若手支援者の集まりで、私と同年代の企業経営者の方々が多い、活気ある会です。
忘年会でなく望年会なのです❗素晴らしい発想ですね。
今年を忘れることを裏に置き、来年に望みを抱くことを表に出しての会です。
それにしても今日の天気は最高でした。東京から秋田県大曲まで全く雲がない快晴でした。
学生時代にいつも元気を貰っていた岩手山も大変綺麗でした
夜は湯沢市に移動して支援者有志の会の方々との懇談しました。
菅官房長官の小中学時代の同級生の方々もおられました。
菅官房長官は、いじめが大嫌いで登下校中にいつもいじめられる子達を守っていたのだそうです。
相撲が強くて誰もかなわなかったとも言ってました。
随分酔って盛り上がった中での話でしたが、感動しました。
寒く静寂な湯沢に宿泊し、熟睡しました
 
 
 
12月2日は、早朝から豪雪対策特別委員会、農林関係合同部会に出席しました。
農林関係合同部会では平成29年度予算編成大綱案が審議されました。
土地改良分野も林業分野もしっかりと位置付けられております。
なお、水産分野は水産関係合同部会での審議です。
そして午前中に参議院本会議が行われました。
国民年金法改正案の趣旨説明、質疑がなされ、その後休眠預金等活用法案などが可決されました。
国民年金法案については、年金カット法案という方々もおられますが、世代間の公平性を保ち現役世代がしっかりと年金を受給できる環境を
整える重要な法案です。
一部を批判して全体を否定する、矯角殺牛的なことは避けるべきと思います。
午後からは新潟県新発田市に出向き、新発田市内土地改良区連絡協議会研修会で講演を行いました。
多くの方々に私の話を熱心にお聞きいただき感謝でした。
 
 
 
12月1日、いよいよ師走です。
本当に月日の経つのは早いものです
今日は早朝、地方創生実行統合本部の会合に出ました。
平成29年度予算編成大綱案の審議でした。
地方創生には「人の創生」が重要ですが、私からは地方の農業、林業、水産、工業といった基礎的産業を担う高等教育について、
実業高校が普通高校に統合されている実態などに触れ、改善の必要性を要望しました。
また、地方大学の活性化も重要な中で、予算を要望しても措置されない実態の改善を要望しました。
また、今日は和歌山の物産展が自民党本部前で行われました。
二階幹事長自ら法被姿で陣頭指揮を執っておられました。
午後からは、TPP特別委員会で安倍総理出席の下で、各会派9名による質疑がなされました。
 
11月30日は、愛知県海部地方の方々(中野治美愛知県議後援会の方々)が藤川政人参議院議員のところに来られ、私もご挨拶させていただきました
その後、自民党の中山間農業を元気にする委員会に出席しました。
短時間に良い方向での論点整理がなされました。
今回の検討では、宮下一郎委員長はもとより、やはり西川公也先生、小泉進次郎先生、森山裕先生、野村哲郎先生など自民党の農林幹部の方々の
ご尽力が大きかったと思います。
12/1の日本農業新聞一面でも記事になってますが、具体的内容はこれから予算と制度で実現されていきます。
農林水産省のご努力にも感謝です
夕方は、農村基盤整備議員連盟役員会、秋田県農業委員会の方々との懇談会などに出席しました。忙しくも充実した一日でした
 
11月29日は、早朝から国会対策委員会が開かれ、午後からは自民党税制調査会、農林部会への出席と党務を行いました
農林部会では、鳥インフルの状況と対応について審議しました。これ以上、広がらないことを祈るのみです。
空から飛来する厄介なもので、野ネズミ等を介して感染していくといわれてます。
鶏舎の小動物侵入対策などが大切です
今日は、昨日の農業農村整備の集いに来られた多くの方々に私の会館の部屋に来ていただきました。
各地域それぞれ課題がありますが、決して個別地区で深く悩むことなく、他人事は自分事、皆で団結して難しいハードルを越えていきましょう
 
11月28日は、午前中参議院本会議で平成27年度決算について麻生財務大臣から報告があり、各会派からの質疑がなされました。
午後からは「農業農村整備の集い」が都内平河町の砂防会館で行われました❗全国から約1100名の土地改良関係者が集まりました。
全国土地改良事業団体連合会・二階俊博会長はじめ多くの国会議員の方々が党派を超えてお集まりくださいました
山本農林水産大臣はじめ農林水産省の幹部の方々も多数出席していただきました。
まだまだ予算が不足しており、我が国の食料生産基盤と国土を健全に維持していくためには、その基礎となる農地と水を安全安心かつ
効率的な状態で次世代に引き継がねばなりません。
こうした思いを強くした全国大会であり、更に背筋を伸ばし腹に力を入れて頑張っていきたいと思います
 
 
 
   
会場全景です。下の写真をクリックすると大きな写真で臨場感が伝わります。
 
11月26日は移動日で、翌27日は私の出身地である秋田県大仙市協和の水田整備の現場を視察しました。
中学校の同期生が排水路の法面が長くて草刈りが無理との話があり、早速、現場に行ってきました。
私の感覚でも草刈りは厳しい感じでした。
今度は、実際に私も含め設計者、発注者で一緒に草刈をしてみなければなりません。
机上論でなく現場で効率化を阻止する要因を皆で取り除かなければなりません。
午後からは、地元の大仙市協和で国政報告会を開きました
多くの方々にご来場いただき感激でした。
ご多忙の中、御法川信英衆議院議員、石井浩郎参議院議員にもご来場いただき感謝でした。
 
 
 
 
 
11月25日は、早朝より「中山間地農業を元気にする委員会」に出席しました。
全国事例のヒアリングで、東広島市ファーム小田の吉弘さんがお見えでした。
中山間地域の振興を図る上でファーム小田の取組は本当に参考になると思います
その後、参議院本会議でAPEC首脳会議等に出席した安倍総理からの報告があり、これに関する各会派からの質疑がなされました。
午後からは、再びTPP特別委員会での審議です。
中央公聴会が開かれ、3人の公述人の意見陳述の後、各会派からの質疑がなされました。
 
11月24日は、いい「和食の日」です。
早朝の自民党農林部会は、式次第が「お品書き」となっており、「先付け」が小泉進次郎部会長のご挨拶。
なかなか趣向の凝った部会でした❗
その後、「中山間地農業を元気にする委員会」に出て、千葉県の土地改良関係の方々から予算確保等の要請を受けました。
午後からはTPP特別委員会に出席。今日は、安倍総理出席の下での審議となり、NHKテレビで中継されました。
9人の方々の質疑がなされました。
委員会終了後、秋田県大仙市の首都圏企業懇話会、秋田県要請、オホーツクフェア2016感謝の夕べへ出席しました。
秋田県の佐竹知事、大仙市の栗林市長ともお会い出来て、多忙な中にも充実した一日でした
 
 
 
   
 
11月23日は、自民党女性局の行事で山口に行ってきました。
中国ブロックの女性担当部局の代表の方々との意見交換です。
家庭や地域を支える女性ならではの視点から色々な課題が示されました。
働き方改革が急務ですが、ワークライフバランスも都市と農村では、そのあり方が異なるかもしれません。
私自身は、福井で勤務した際に福井の方々の働き方に感心したことがあります。
もう20年近く前になりますが、家族の中で労働と子育ての役割分担がなされ、収入の最大化を図りつつ家族の幸福を追求している方々が多かった
と思います。
こうした姿は、燃料が薪炭中心であった私の幼少時の秋田にもあった気がします。
両親が働くなかで、子供なりに薪割りをし、風呂を沸かし、炭焼き小屋で遊ぶといった光景がセピア色の写真のように脳裏にこびりついてます。
思い出すと、何となくホットし元気が出てくるのです。そんなことを思い、水田で母の働く姿を思い浮かべながら、中国ブロックの皆様と懇談しました。
有意義な一日でした
   
11月22日は、午前中に徳島県の土地改良関係者と意見交換しました。
大規模な国営事業が2地区実施されている徳島からは、予算確保による工期どおりの完了を強く要請されました
午後からはTPP特別委員会の審議です。
今日は、各会派から10名の質問が行われました。
今日の審議もTPPの各分野における課題等について、深化した審議がなされたと思います。
私も可能な限り、参議院での審議の状況を自分自身の国政報告会等でお伝えし、国民の皆様の理解が深まる努力をしたいと思います
 
 
 
11月21日は、午前中に伊藤信太郎衆議院議員からのお声掛けで宮城県加美西部土地改良区関係の方々と意見交換しました
ほ場整備の必要性や多面的機能支払制度における土地改良区の果たす役割など色々なご意見を伺いました。
午後からはTPP特別委員会の審議です❗各会派から11名の質問がなされました。
中味の濃い審議だったと思います。
質疑終了後に地方公聴会の報告が帯広市、水戸市の順で行われました
 
11月20日は、佐賀です❗昨夜、土地改良関係の先輩数名と懇親会を行いました。
目覚めが良く、それもそのはず快晴の佐賀で、気温も上がりポカポカ陽気でした
朝から土地改良関係者との意見交換を行いました。
佐賀平野から有明海に至る平坦な大農業地帯や私が勤務した唐津周辺のように中山間地域が多いところなど、佐賀は多様です。
色々なご意見を伺いました。
共通しているのは水田の排水条件の改良と老朽化した水利施設の補修・更新の必要性です
農業関係者には有名な「佐賀段階」という言葉が示すように、土地利用率を高めて農家の所得向上に繋げていく必要があります。
玉ねぎの主要産地に成長した佐賀の底力はまだまだあります。そこを引き出すのが土地改良の役割です
意見交換の後、佐賀県出身の今村雅弘復興大臣の就任パーティーに出席し、福岡空港から帰京しました。
 
11月19日は、三重県に伺いました。
土曜日でしたが多くの方々の参加を得て、農業農村整備事業推進懇話会が開催されました。
皆さん、私の話を熱心にお聞きいただき感謝でした。
また、林業、水産業の関係者との意見交換を行い、現場の課題をお聞きしました。
夕方には新幹線と在来線で佐賀まで移動しました。
 
 
 
 
11月18日は、午前中に参議院本会議があり、午後からTPP特別委員会に出席しました。
今日の委員会は農林水産分野についての参考人質疑で、荒幡岐阜大教授、作山明治大准教授、磯田九州大准教授からご意見を伺い、
その後各党派から質疑が行われました。
私は自民党代表として20分間質疑を行いました。
TPPと農林水産分野について自分なりの意見を述べ、専門家の方々の見解を伺いました。
皆様、是非とも参議院インターネット中継をご覧下さい❗そしてご意見をいただければ幸いです
 
11月17日は、TPP特別委員会の地方公聴会が北海道帯広市と茨城県水戸市で開かれ、私は水戸の公聴会に参加し、
4人の公述人の方々から貴重なお話を伺いました。
やはり色々な不安があり、一方で期待もあるわけです。
こうした声に真摯に向き合い、不安を解消し期待を現実のものにしていく努力が重要です
水戸といえば、高校時代に作文コンクールで入賞したグループで駅前のホテルに宿泊し、東海原発等を見学したことが
懐かしく思い出されます
当時のメンバーは、各地で元気に活躍されていることと思います
東京に帰って、参議院農業・農協研究会に出席し、19時から開会の農林水産委員会で、
重要法案である鳥獣害被害防止特別措置法を全会一致で可決しました。
慌ただしい一日でした
 
11月16日は、午前中参議院本会議がありました。
国民年金法一部改正法の改正、がん対策基本法の改正、給与関係の法律などが成立しました。
その後、東日本大震災復興特別委員会に出席しました。
午後にはTPP特別委員会に出席、引き続き中味の濃い審議が行われました
その後、自民党本部で行われた「水産業の構造改革を推進する誓いと感謝の会」に出席しました。
多くの水産関係の方々にお会いしました
その後、土地改良関係の大分県女性の会懇親会に参加し、色々と懇談しました。
 
11月14日、15日は、終日、参議院TPP特別委員会に出席してました。
与野党問わず中味の濃いしっかりとした質疑であったと思います
テレビ中継されましたので、多くの国民の皆様にもご覧いただいたと思います
最近、「進藤さんがテレビに映るかと思い、国会中継を視る機会が多くなったんだよ!」という声が多く寄せられます❗
本当に素晴らしいことです。
民主主義の基本のひとつが皆で政治に参加することだと思います。
「あの質問は良かった。答弁も分かりやすかった。」というのがベストですよね。
両日の審議は、議場にいてベストの形に近かったのではないかと思います❗
皆さん、是非とも内閣官房が出している「TPPに関するQ&A(全体版)」ご覧下さい
www.cas.go.jp/jp/tpp/160621_tpp_qanda_zentai.pdf
この両日、折角、遠くから私の事務所に来ていただいた方々には、お会いできず本当に申し訳ございませんでした。
 
11月13日は、宮崎県都城市です。
朝からJA都城のふるさと納税の返礼品の詰め込み現場を視察しました。
最高の品質の地域の産品を納税者に届けるとの気概と誇りに感心しました❗
その後、後援会主催の国政報告会に参加しました。
お忙しい中、本当に多くの方々に参加いただき、素晴らしい報告会になりました。
主催された方々には本当に頭が下がります❗有り難うございました。
妻の父が体調を崩してましたが、この日を目指してリハビリに励み、会場に来て最後までいてくれました。
高校の数学教師であった義父ですが、会場に教え子の皆さんが多数いて、あらためて親への感謝を身に染みて感じたところです
帰路には、宮崎市内の農業用水の災害現場を確認し、戸敷宮崎市長、丸目土地改良連合会会長にご挨拶して東京に戻りました
 
 
   
 
11月12日は、熊本県耕親会秋季懇親会に妻共々出席しました。
耕親会は、土地改良関係の県OBと土地改良事業団体連合会OBの親睦団体です。
私は一番若い会員であり、県の課長時代は、大先輩を前に農政の動向等を報告していましたが、このような立場で参加するとは、その当時は夢にも思っていませんでした。
国政報告の後、多くの先輩の皆様、かつての同僚の皆様と楽しく会話できて嬉しかったです。
快晴の中、熊本城が綺麗でした(遠くからであり近くに行けば痛々しいと思いますが)。

午後には、熊本から宮崎県都城市に移動して、池田都城市長にご挨拶、意見交換を行いました。
ふるさと納税をはじめ各種施策の推進で大活躍の池田市長、二期目の市政が期待されてます
 
 
 
 
 
 
 
11月11日は、午前中参議院本会議でTPP関連法案等の趣旨説明と質疑が行われました
その後、参議院TPP特別委員会で趣旨説明がなされ、参議院での審議が始まりました。
同特委の委員として、しっかりとした審議を行いたいと思います。
午後には熊本に移動して、土地改良関係者との意見交換の後、私の後援会主催による農業農村整備の集いが開催されました。
妻も参加しました!多くの方々に参加いただき感謝でした
熊本県庁勤務時代のご恩返しのためにも、熊本の復興に全力を尽くす覚悟です
   
 
 
 
11月10日は、自民党本部で各種会議に参加しました。
地方創生実行統合本部会議、水産部会、農林部会など重要な会議に出席しました。
この時期になると自民党としての税制要望の取りまとめの審議が行われます。
また、中山間地域の農業を元気にする委員会の初会合が行われました。
この委員会は、地形条件などが厳しい中山間地域の農業振興を検討する大切な委員会です
しっかりとした検討に貢献できるように努力したいと思います
 
11月9日は、午前中に参議院本会議がありました。
社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の法改正に関する質疑を行いました。
午後からは京都府の土地改良関係の方々と二階幹事長に面会し、その後広島県、秋田県の方々、宮城県亘理土地改良区、北海道秩父別町長・土地改良区・JAの皆様から色々と要請を受けました
各地域の要請書を見ると、ビジュアルで分かりやすいものが多く、臨場感があります。
 

11月8日は、千葉県印旛沼土地改良区、大分県安心院土地改良区の要請をお聞きし、昼は自民党の有明海・八代海再生PTに出席しました
その後、全国土地改良政治連盟(全国土政連)臨時総会に出席、全国土政連会長に選出されました。
肩の荷が重いのですが精一杯頑張る所存です。
夕方、参議院農業・農協研究会に出席した後、山口県の土地改良関係の方々と一緒に安倍総理に面会しました。
 
 
 
 
 
 
11月7日は、参議院会館と自民党本部での執務が中心でした。
午前中に秋田県東成瀬村の方々、群馬県の群馬用水土地改良区の方々、午後には宮崎県土地改良関係の方々がお出でになりました
各地域の実情や課題をお聞ききし、しっかりと自分の頭でなく腹に落とし込んで、自分事として解決に向けて頑張っていかねばならないと決意を新たにしたところです
 
11月5日は、第32回東京協和会に出席しました
東京協和会とは、秋田県の旧協和町(現大仙市)出身者を中心としたふるさと会です。
私は、副会長ですが、今回は来賓として参加しました。
第7回大会から25年間、関わってきたこともあり、多くの方々と顔見知りになりました。
参加者は確実に高齢化していますが、最近は若い方々も少しですが出席しています。
大仙市に合併した旧市町村のふるさと会の代表者も横連携で出席していただきました。
旧協和町は4つの村(荒川村、淀川村、峰吉川村、船岡村)が昭和の大合併で誕生した町(合併当初は協和村)で、かつては4つの中学校がありました。
各中学校の校歌を合唱する企画もあり、私は統合後の協和中学出身ですが、姉と兄の出身校の船岡中学校の校歌を唄いました
ハーモニカに合わせての合唱でしたが一体感があり、感動しました
何故かPTA活動や町議会活動を通じて文教に熱心だった亡父を思い出しました。
 
 
11月4日は、岡山で行われた「農業農村整備事業地域推進会議」に参加して、講演を行いました。
200名を超える参加者でしたが、「食と農村の未来を支える土地改良」というテーマでの講演でした。
岡山県土地改良事業団体連合会会長の参議院議員・石井正弘先生も主催者側で参加されており、色々とご指導いただきました
夜の新幹線で東京に帰りましたが、岡山駅前は結構賑やかでした
   
 
11月2日は、10時から参議院本会議で、公的年金制度の財政基盤と最低保時間障機能の強化等のための国民年金法等の改正法案を議題に、
塩崎厚生労働大臣の趣旨説明と質疑が行われました。
その後、自民党の参議院のあり方検討会に出席し、北海道・札幌に飛びました
札幌で当選後初の政経セミナーを開催しました。500人を超える方々にお集まりいただき、私から国政報告をいたしました。
多くの方々から激励していただき感謝で一杯でした
寒い札幌を夜に発ち東京に戻ったら小雨でした
   
 
 
 
11月になりました
秋も深まりつつあります
今日は、第35回山形県土地改良大会に出席しました
生憎の雨でしたが、多くの方々の参加により大盛会でした。
山形県県立村山産業高校の皆様の研究発表を聞いて、そのレベルの高さと地域密着性に感心しました
担い手不足や少子高齢化の中で、厳しさばかりが強調される農業農村ですが、しっかりと地に足をつけて頑張っている子ども達も多いことに感激し、
かつ身の引き締まる思いでした
私の講演は、約40分でしたが、沢山の皆様に熱心にお聞きいただき感謝でした
夜の新幹線で東京に戻りましたが、後ろ髪を引かれる思いでした❗山形の皆様、いつも本当に有り難うございます
 
 
10月も今日で終わりです早いですね。
今日は、薨去された三笠宮殿下に慎んで哀悼の誠をお捧げするため、皇居に記帳に伺いました。
坂下門から入らさせていただきました
その後、事務所でじっくりと書類に目を通しました
そうした中で、各地から多くの方々に事務所を訪ねていただきます
多分、上京して電車だタクシーだと普段と違う環境の中で、しかも多くの人と出くわし、色々なところに行って説明をし、
くたくたの中でも私の事務所にお立ち寄りいただき、本当に感謝です。
進藤事務所に寄れば、少しでもホットすると言われるよう、事務所のスタッフ一同で心掛けています。
 
10月29日は、仙台から水沢江刺に移動し、胆沢平野土地改良区主催の第3回収穫祭に参加しました。
アクア君をはじめ多くのキャラクターが登場し、子供たちも大喜び、楽器演奏など子ども達の出し物も上手で感心しました
やはり皆で笑顔で集まって行う収穫の祭りの喜びは格別です。その後、胆沢ダムを視察しました。
我が国初の本格的なロックフィルダムである石淵ダムは水没してますが、管理所の展示館に模型がありました
続いて用水を公平に分配する円筒分水工をみて、大学の学科(農業工学、農業土木系)のOB会に出席しました。
懐かしい先生や多くの先輩達にお会い出来て、楽しいひとときを過ごしました
 
 
 
 
   
 
10月28日は、朝から農林水産基本政策検討PTに出席しました。
土地改良制度の見直しについての論点整理が示され、愈々取りまとめに向かって検討も終盤になってきました。
その後、参議院本会議でした。パリ協定が参議院で全会一致で承認され、衆議院に送られました

午後からは、山形県鶴岡市に飛び建設業協会支部の青年部会25周年記念の講演を行いました。
大農業地帯の庄内地域の土地改良と建設業の皆様の役割などについて話しました。
その後、バスで仙台まで移動。明日の岩手への移動に備えました
 
 
 
10月27日は、参議院農林水産委員会で初めて質問を行いました。
土地改良事業への誤解を解きたい思いから、自分なりに「UR関連対策」と「TPP関連対策」と「土地改良事業」の関係を整理したものを配布し、
説明を行った上で、両対策の効果を質問しました。
事業展開の方向や予算確保についても質問し、林業、水産業についても質問しました。
議事録は公表されますので、皆様ご覧下さい
 
 
インターネット中継の画面 
 

10月26日は、金沢から東京に戻り、午後から災害対策特別委員会に出席し、超党派の議員連盟である学校図書館議員連盟総会にも出席しました。
27日の参議院農林水産委員会での初質問が決まり、夕方から準備を行いました。
 
10月25日は、全国土地改良大会石川大会に出席しました
約4300人を超える方々が全国から集まりました。
金沢は、快晴で素晴らしい大会になりました。
国会開会中で綱渡りの日程調整の中、二階俊博全国土地改良事業団体連合会会長、自民党幹事長が出席され、野中広務名誉会長も出席されました。
あらためて参加者一同で土地改良の重要性を認識したところです。
「闘う土地改良」はまだまだ続きます
 
     
 
 
10月24日は、先般志帥会で決議された土地改良予算の確保に関する申入書を財務省、農水省に伺い要請してきました。
長崎幸太郎衆議院議員と一緒に、お互いに古巣の役所に伺いました。
財務省は主計局茶谷次長、岩元主計官、農水省は荒川官房長、農村振興局佐藤局長、室本次長奥田整備部長にご対応いただきました。
夜は、秋田県県北合同要望活動懇談会に出席しました。
首長や市町村議員、商工会議所の皆様と金田法務大臣、石井浩郎参議院議員、中泉松司参議院議員との
懇談会に参加させていただき感謝でした!
 
 
 
 
10月23日は、快晴の秋晴れでした
新潟県上越地域に出向き講演と若い農業の担い手の方々と意見交換を行いました。
参議院の先輩、山田俊男議員と一緒に参加しました。
多くの方々から土地改良の必要性と重要性が訴えられました。
TPP問題、所謂H30年問題(米の生産目標数量配分廃止と直接支払金の廃止)への対応など現場では不安が広がってますが、
こうした不安を解消し、担い手の皆さんの意欲が結実し、農業・農村が良くなったと実感出来るような政策を
行っていかねばならないと強く決意したところです。
 

10月21日は、農林水産業骨太方針策定PTに出席後に国会内での委員会、本会議と続きました。
2020年以降の地球温暖化対策「パリ協定」承認案の審議が参院で先行して始まりました。
その後、参議院に設置された環太平洋パートナーシップ協定(TPP)等に関する特別委員会の委員になったことから、
同委員会に出席しました
午後からは、山梨に出向き挨拶回りと山梨県土地連の会議に参加して意見交換を行いました。
 

10月20日は、朝から国会内で委員会に出席し、その後所属する志帥会の勉強会を行いました。
テーマは、「土地改良予算の現状と課題」です。農水省と地方の土地改良関係者から現状と課題を説明いただき、その後意見交換を行い、
最後に関係省への申入書を決議しました❗
午後からは、岡山に出かけ中国四国農政局管内の方々との意見交換を行い、かろうじて今日中に東京に戻ってきました。
 
10月19日は、全国大規模農業水利事業協議会 役員会にも出席し、要請をいただきました。
予算不足、施設の維持管理の高度化、電気料金値上げの影響など、どれも深刻な課題です。
しっかりと取り組まなければなりません
役員会には、この協議会の産みの親である水野清先生(元建設大臣、元総務庁長官)も出席されてました。
水野先生は、私の大学の先輩でもあり、91歳を超えても大変お元気で次の打ち合わせ(というよりご指導を受けること)を約束しました。
 
 
 
10月19日は、朝から党の農林部会、国会内での委員会など慌ただしい午前中でした。
昼には、昨年に続き故郷秋田のJA秋田おばこが自民党本部前で物産展を開き、参加させていただきました。
開会式には二階幹事長もご出席され、昼には秋田出身の菅官房長官が立ち寄られました
西川農林・食料戦略調査会長、千葉柏選出の桜田衆議院議員、地元選出の御法川衆議院議員、中泉参議院議員とともに
私も法被を来てPRさせていただきました。
 
 
 
 
10月18日は、参議院農林水産委員会で山本農林水産大臣の所信的なご発言を伺いました。
機会があれば、しっかりとご質問させていただこうと思います。
午後は、島根県の方々との意見交換を行いました。
毎年、島根県は多くの首長さんと土地改良関係者が上京されて、農水省等と熱心な議論がなされます。
中山間地域の振興が大きな課題である島根です。
地域にあったきめ細かで効果的な施策を講じなくてはなりません
 

10月17日は、主に議員会館で活動しました
山形県長井市の農業委員会の皆様と意見交換しました。
鈴木憲和衆議院議員からのお声掛けで参加しました。
やはり現場の声にしっかりと耳を傾けることが大切だと痛感しました。
その後、神奈川の皆様と意見交換しました。
小泉新次郎議員の地元、三浦市のJAや土地改良関係者から、大根の大産地になった背景に土地改良があり、その必要性や重要性についてご意見を伺いました
やはり、現場の声をしっかりとお聞きすることは大切だと改めて痛感した一日でした
 
10月15日、昨日の最終新幹線で大曲から仙台に移動し、早朝に仙台から新潟に向かいました。
素晴らしい天候で、秋の行楽日和でしたが、私の国政報告会に多くの方々にお集まりいただきました
南魚沼、新潟、上越と3会場での報告会でした
予算が不足している新潟ですが、今回の補正予算で救われたとの現場の声をお聞きし、本当に嬉しく思いました
 
 
10月14日は、地元秋田の大仙市で国政報告会を開催しました。
稲刈りが概ね終わった秋田ですが、お忙しい中、多くの方々にご来場いただき感激でした。
栗林大仙市長、松田美郷町長、県議、市議、町議の皆様にもご臨席いただきました。
 
 
 
10月13日は、朝から国会対策委員会、農業基本政策PTなどの党務を行いました。
特に農業基本政策PTでは、新潟県土地改良事業団体連合会の渡辺専務と愛知県の明治用水土地改良区の竹内専務から現場の声が届けられました。
日本農業新聞にも取り上げられました。夕方には、鯨を食する懇親会に出て、久し振りに美味しい鯨をいただきました
夜には、千葉市で行われた土地改良関係者の懇談会に出席し、親しく意見交換させていただきました。遅くなったのですが、帰り際に国産の赤ワインを飲み、充実した一日を終えました
昨日の予算委員会での様子を情報提供いただきましたので、記念にアップします
 
 
 
10月12日は、新潟で主に国政報告会を行いました。
二階会長(全国土地改良事業団体連合会会長)と一緒させていただきました。
二階会長と土地改良の出会いや思い出を直にお聞きし、多くの方々とともに感動しました
私からは、成立した補正予算の内容や現在の国会での活動内容を報告しました
 
10月11日は、本年度第二次補正予算が成立しました。
本会議場で賛成ボタンを押したわけですが、この予算により予算不足で悩む多くの現場が少しでも進捗し、効率的な農業基盤の早期完成を祈りながらボタンを押させていただきました
夜に新潟入りしました
 
10月9日は、大阪・岸和田です。
前日に天王寺まで移動し、早朝より岸和田市久米田池の「行基参り」に出席しました。
久米田池は約1300年前に行基菩薩により築造された農業用ため池で、昨年国際かんがい排水委員会(ICID)から世界かんがい施設遺産に登録されました
「だんじり祭り」を直に見たのは初めてで、その勇壮さと醍醐味を体感しました。
久米田寺の信徒会館から挨拶をさせていただき、ため池の歴史と伝統文化継承の重要性について話しました
 
 
 
 
10月8日は、愛知県岡崎市、安城市を訪問しました
前日に新潟から安城市に移動し、朝から岡崎市で土地改良を語る会に出席、その後、安城市の明治用水土地改良区で国政報告会を開催しました。
連休初日に沢山の方々に私の話をお聞きいただきました
午後からは明治頭首工、羽布ダムなどを視察。開業間近な羽布ダムの小水力発電所は、既存ストックの有効活用の好事例だと思います
 
   
 
   
 
10月7日は、8時から参議院議員・山田修路先生の朝食セミナーに参加しました。
講師は元内閣府次官の松元崇氏です。「持たざる国」からの脱却」(書籍は写真ご参照)ですが、時間の関係で中途退席して聞けませんでした。
残念でしたが、本を購入して読ませていただきました
本当に勉強になりました
その後、自民党の農林水産骨太方針PTに出席して、新潟に向かい、柏崎の土地改良区で国政報告会を行いました。
報告会終了後に新潟知事選候補者の森たみお氏の応援に駆けつけました
   
 
10月6日は、引き続き参議院予算委員会が開かれました
私は、自民党の農業基本政策検討PTに出席し、土地改良制度および就業構造改善について意見交換をしま した。
極めて重要な内容であり、私からも発言しました
11月末までに成果を取りまとめるとのことで、まさにこれからが本番です
また漆JAPAN議員連盟にも出席し、昼には自民党本部前で開かれた沖縄物産展に参加しました。
大盛況で翁長知事も参加されてました
 
 
 
10月5日、参議院予算委員会での審議が始まりました
参議院第一委員会室での審議ですが、農水省時代は、答弁関係の参考資料を鞄に詰めてよく待機していた通路が懐かしく感じました。
予算委員会は、テレビで放映されますが、私の顔が映ったと多くの連絡をいただきました
補正予算の早期成立を待つ方々の顔を思い浮かべながら真剣な審議に立ち合わさせていただきました
 
10月4日、平成28年度第2次補正予算案が衆院本会議で可決され、参議院に送付されました。
いよいよ参議院での審議が始まります❗
今日は、自民党TPP総合対策実行本部において、TPPをめぐる最近の動向について関係府省から説明がありました。
その後、会館の執務室で農業共済、予算、事業制度、各地区の事業実施状況や今後の展望などについて、議論したり確認したりと充実した一日でした
 
10月3日は、「CLTで地方創生を実現する議員連盟」総会に出席しました。
この議員連盟は本年5月13日に自民党の有志議員により設立されたもので、私も早速加入しました❗
CLTとはCross Laminated Timberの略称で、ひき板を並べた層を、板の方向が層ごとに直交するように重ねて接着した大判のパネルを示す用語で、
新しい木質構造用材料です。
CLTの需要拡大で森林資源の有効利用を通じた地方創生が期待されます❗
詳しくは、http://clta.jp/をご覧下さい
 

9月も終わり、10月です
この土日は、自宅で単身赴任の準備を進めました。
既に議員宿舎に入ってますが、まだまだ準備不足。
久し振りに自宅に帰ったら、愛犬ルリーが大喜び、最近息子のソファーが気に入ってるらしく、熟睡したり寝返りしたり、
見てるだけで飽きませんでした
 
   
 
9月30日は、早朝より農業基本政策検討PTで収入保険制度の検討状況の説明を聞きました
引き続き子ども元気!農山漁村で育むプロジェクト小委員会、農林部会などに出席しました。
また、主に農林水産省の政策について説明や意見交換を行いました。
夕方、防衛大臣政務官に就任された小林鷹之衆議院議員の部屋を訪ねました。
幸運なことに稲田大臣とお会いすることが出来ました
 

9月29日は、早朝より自民党農林水産骨太方針PTに出席後、午前・午後の参議院本会議に出席しました
その後、水産関係の部会に出席、夜には石井正弘参議院議員を激励する会に顔を出させていただきました
 
 
9月28日は、本当に慌ただしい一日でした
早朝より鳥獣被害対策特別委員会、捕鯨対策特別委員会などに出席しました。
引き続き参議院本会議、その後、建設関係の方々との意見交換を行いました。
写真は夜の懇談会での野菜彫刻です。極めて精緻でした
 
 
 
9月27日は、自民党のH28台風農林水産業災害対策ワーキングチーム(WT)、農林水産骨太方針プロジェクトチーム(PT)などの党務のほか、岩手県の土地改良関係者と意見交換しました
 
 

9月26日、臨時国会が開会しました。
今国会では、補正予算をはじめとした重要な案件や法案の審議が予定されています。
国会議員になって初めての本格的な国会です。
緊張感をもってしっかりと対応していく覚悟です。
党務としては、新聞出版局の役員会に出席しました。
 
9月25日は、昨年に引き続き早朝より「田んぼの学校」に参加しました。
素晴らしい晴天に恵まれ、汗を沢山流しながら、稲刈りを行いました。
参加者は70人程でしたが、親子連れ、老夫婦とお孫さんなど色々な方々と一緒に汗を流し、楽しく過ごしました
その後、クイズ大会と芋煮会に参加。質の高いクイズに唸り、美味しい芋煮と新米のおにぎり漬け物に舌鼓を打ち、午後からほぼ炎天下でソフトボール大会に出ました
さすがに身体は動かなかったですが、怪我もなく本当に楽しかったです
慌ただしい一日を終え、明日からの臨時国会開会に備えて、夜に議員宿舎に帰りました
 
 
 
 
 

2016年9月24日(土) 山形県鶴岡市で土地改良関係者と意見交換です

9月24日は、山形県鶴岡市で土地改良関係者と意見交換を行いました。
庄内平野は秋の稔りで豊かさ一杯でした。
少し曇っていましたが、懐かしい鳥海山を眺めると懐かしく感じます
意見交換では、今後の地域農業の展開方向をどのように見通し、それを実現するための土地改良の在り方などについて議論しました
 
 
 
9月23日は、瀋陽から成田に帰りました
瀋陽国際空港は、広いのですが何となく閑散としており、売店も少なく特に免税店は寂しい感じでした
成田着が14:50と定刻でしたが、この時間帯は各地からの到着ラッシュで大混雑でした。
その足で千葉県庁に出掛け、国営両総農業水利事業の関連事業の進め方について、関係者で打ち合わせを行いました。
極めて大切な打ち合わせで、関係者が熱心に議論し、農家や地域のための最善策を探るという熱意に溢れ、必ずや良い方向に向かうものと確信しました。
夜は、高校の親しい友人と旧交を温めました
 
 
 

2016年9月22日(木) 大連北駅から丹東駅まで高速鉄道で移動

9月22日は、大連北駅から丹東駅まで高速鉄道で移動しました。
丹東市党委員会副書記と意見交換した後、中朝国境を視察しました。
鴨緑江断橋(日本が建設した橋が朝鮮戦争時に米国のB29の爆撃で北朝鮮側の橋桁が破壊)、船上から国境付近を視察しました。
発展著しい中国側に比べ北朝鮮側は著しく閑散とした状況でした。
その後、丹東市から瀋陽市に高速鉄道で移動し、遼寧省党委員会副書記と意見交換を行いました
 
 
 
 
 
 

2016年9月21日(水) 北京から大連へ

9月21日は、北京から大連に移動して大連日本商工会の方々と意見交換を行いました。
遼寧省の中で日本からの進出企業が最も多い大連市における税制等の問題点が提起されました。
夕方の大連市共産党委員会副書記との会談では、訪中議員団として日本企業から提起された課題の解決に向けた大連市側の取組促進を要請しました
大連市には、現在の大連市庁舎や裁判所など当時の日本が建設した建物が今なお活用されてます。
ヤマトホテルの旗艦店や満鉄本社、満鉄病院なども現存・利用されております。
海に面した大連は、風光明媚な素晴らしい都市で、また是非とも訪れたいと思いました
 
 
 
 
 
 

2016年9月20日(火) 国会議員外交の一環で中国訪問です

9月20日、北京に来てます。2003年の訪中以来、13年振りの訪問です。
前回は農林水産省農村振興局の課長補佐時代で、日中水交流で「国際水田・水環境ネットワーク」(INWEPF)の立ち上げに当たってのプレゼンを行い、中国側の参加と協力を呼び掛けました。
今回は、日中関係の改善を目指しての国会議員外交の一環として、中連部(中国共産党対外連絡部)の招聘で要人との会談、遼寧省や吉林省の現地視察などを行う予定です
今日は、孔・外交部部長助理、唐家セン・中日交流文化協会会長、王・中連部部長助理との会談などを行いました
大変、有意義な一日でした
 
 
 
 
 
 

2016年9月17日(土) 福島県土地改良の集いで講演と質疑応答をいたしました

9月17日は、福島県土地改良の集いにお招きいただき、講演と質疑応答をいたしました
今後の農業政策、特に米政策の方向に不安を持たれている方が多いと感じました。
総論はもちろん重要ですが、個々の農家の方々が現場レベルで抱く不安や疑問に丁寧に対応していくことが大切です
午後には、北水会(岩手大学農学部同窓会)福島支部総会に出席しました
多くの先輩、後輩の前で講演し、意見交換を行いました
本当に有意義な時間でした。福島の復興をしっかりと進めなければなりません。その中で風評被害は、絶対に無くさなければならないと、色々な実話を聞いて、あらためて痛感しました❗安全安心を数値で確保している福島の農産物こそ、皆で進んでいたただきましょう
そのことが確実に福島の復興な貢献することを広めていかねばなません
 
 
 
 
 
 

2016年9月16日(金) 都内活動のあと東北土地改良建設協会の皆様と意見交換を行いました

9月16日は、都内で要請活動などの対応をした後、仙台に行きました。
東北地区の土地改良建設協会の皆様との意見交換を行いました。
東日本大震災の復興を支えていただき、地域特性に応じた旺盛な土地改良の要請にも応えていただいている皆様のご意見をしっかりとお聞きしました。
土地改良の技術力を維持向上するための対策が急がれます
 
 

2016年9月15日(木) 全土連の臨時理事会と臨時総会に出席しました

 9月15日は、全国土地改良事業団体連合会(全土連)の臨時理事会と臨時総会に出席しました。
私自身、都道府県土地改良事業団体連合会会長会議(全国水土里ネット会長会議)顧問を務めており、H28年度補正予算案やH29年度予算概算要求等について状況説明を行いました。
現場と政治の場をつなぐキャッチボールをしっかりと行い、現場が少しでも良くなるように引き続き努力してまいります
 
   
 
 
 

2016年9月14日(水) 自民党農林水産業骨太方針策定PTに出席しました

 9月14日は、自民党農林水産業骨太方針策定PTに出席しました。
議題は、「流通・加工構造について」です。
農家の所得向上に向けて、現状を徹底的に明らかにした上で、論点を整理して、課題解決に繋げていく、本当に緻密な検討を行っています。
多岐にわたる論点があり、それぞれにステークホルダーが存在するわけですが、政府が行うべきもの(規制緩和等に係る法制度の見直しなど)と、民間が行うべきものとに整理して、課題を浮き彫りにしつつ、その解決に向けて整理していくのが良いのではないかと自分なりには感じました。
私自身、勉強が足りない部分も多いのですが、しっかりと対応すべく努力してまいりたいと考えてます
 

2016年9月13日(火) 都道府県森林組合連合会代表者会議に出席しました

 9月13日は、都道府県森林組合連合会代表者会議に出席しました
戦後に造林した杉等の木材が伐採適齢期に達しています。
木材の自給率は、ひと頃10%後半まで低下したものが最近は30%台まで回復してきました。
一層の国産材の活用を図り、健全な森林管理に戻す必要があります
そのことにより、森林が持っている多面的機能が十分に発揮されるようにしていかなければなりません
夜は、栃木県の土地改良関係者の懇談会に出席しました。
 
 

2016年9月12日(月) 農林水産省の予算や制度の現状について意見交換しました

 9月12日は、農林水産省の予算や制度の現状について、担当の方々というより友人達と意見交換しました。
限りある予算の中で、色々な課題を解決するための効果的な対策に知恵を絞らなければなりません
また、夕方には官邸で行われたベトナム訪問のご報告に同席し、安倍総理とお会いしました。
 
 

2016年9月10日(土) ベトナムの現状について

 ベトナムの平均年齢は30.4歳(日本は46.5歳:国連の「World Population Prospects The 2015 Revision」)だそうです。
まだ人口ボーナス期が続くベトナムです。
ハノイの街は、バイクで溢れていました。
HONDA,YAMAHAなどの日本車が人気だそうです
農村地域の人口が全人口の約7割を占めており、経済発展とともに、我が国が直面した都市と農村との格差等の問題が顕在化してます
地球温暖化や環境問題に対する意識が高いベトナムとの協力関係を更に緊密化していく必要があります
 
 
 
 
 

2016年9月8日(木)~10日(土) 自民党二階幹事長に同行してベトナムを訪問しました

 9月8日~10日は、自民党二階幹事長に同行してベトナムを訪問しました
我が国とベトナムが共同で設置した日越大学(当面は大学院)の開学式出席が主な目的でしたが、ベトナム共産党書記長、首相、国会議長、農業・農村開発大臣と二階幹事長との会談に同席させていただきました。
経済成長が著しく、歴史的にも親日国であるベトナムとの友好関係の増進に微力ながら尽力させていただきます
 
 
 
 
 

2016年9月7日(水) 慌ただしい1日でしたが、「やまぐち水土里ネット女性の会」への出席や
自民党WTで北海道等の台風被害を説明しました


 9月7日は、朝から慌ただしく、参議院会館にお出でいただいた方々には、ご迷惑をおかけしました。
午後には「やまぐち水土里ネット女性の会」に出席し、講演しました。
多面的機能支払制度の果たす役割や中山間地域振興の方向性とともに、その中での女性の役割の重要性について話しました。
東京では北海道等の台風被害に関する自民党ワーキングチーム(WT)が開かれ、私が資料を作成して、馬籠秘書にWTで説明してもらいました
これからも事務所一体で取り組んでまいりたいと思います。
 
 


2016年9月6日(火) 自民党農林水産業骨太方針策定PTに出席しました

 9月6日は、自民党農林水産業骨太方針策定PTに出席しました。
議題は、韓国おける農業資材価格調査結果について農業法人協会よりヒアリングがあり、その後、意見交換がなされました。
本件は、マスコミで注目され広く報道されています。その後、長野に行き、多くの土地改良関係の先輩達と懇談しました
 
 

2016年9月5日(月) 引き続き「世界津波の日」制定関係で大使館回りをしました

9月5日は、東京で活動しました❗
「世界津波の日」制定関係で引き続き大使館回りをしました。
チュニジア、ジブチの大使館で津波の日関連の訓練等の行事を紹介し、参加要請を行いました。
夜は、農業土木総研(現水土総研)のかつての仲間達や先輩達と旧交を温めました 
 
 
 
 
 

2016年9月4日(日) 台風10号被害の北海道帯広の農地被害現場を調査しました

9月4日は、北海道帯広です。
前日の夜に帯広入りし、本日早朝より台風10号による農地被害の現場を調査しました。
北海道開発局、北海道道庁の方々にご案内いただき、地元選出の中川郁子先生と調査しました。
資料で見るよりも激しい災害現場でした。
至るところで道路の橋が寸断されて通行できなくなってます。
橋桁が流されたのでなく、激流で流路が変わり橋台の後方を洗掘して橋自体が川の中に取り残されているのです
また、激流が堤防を破り農地に溢れ、収穫間近の農地が泥沼或いは砂利だらけの河原と化しています。
全く言葉が出ません。
農家の方々が丹精込めて何年もかけて造ってきた耕土が一瞬にして流されています。
復旧には困難が伴うと思いますが、関係者が一致団結して前に進まなければなりません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年9月3日(土) 埼玉県深谷の高一農園さんと遠藤農園さんに伺いました

 9月3日は、埼玉県深谷の高一農園さんと遠藤農園さんにお邪魔しました。
高一さんは、ユリの生産を大々的に行ってます。1haの巨大ハウス8棟でユリを通年生産してます。
補助金でなく融資を基本として青色申告し、利益は社員にボーナスとして支給するという会社です。
毎日、社員や提携会社の方々と笑顔で仕事するのが楽しくてしようがないそうです。
その基本が安定した農業用水の確保だと強調してました。遠藤さんのお庭では農家の方々や土地改良関係者の皆様と懇談しました。
皆川元農水次官もお見えになりました。
実は、7年前に皆川元次官が関東農政局長時代に私が部下として遠藤さんのお庭に随行した経緯があり、本当に懐かしく、楽しく過ごさせていただきました
皆様に心から感謝です
 
 
 
 
 
 

2016年9月2日(金) 朝一番に自民党台風被害農林水産業対策WTに出席し、
その後、在日スーダン、セネガル、タンザニア大使館に「世界津波の日」国連決議支持のお礼に伺いました


 9月2日は、朝一番に自民党台風被害農林水産業対策WTに出席し、被害の状況を確認して今後の対策を打ち合わせました。
まだまだ被害の全容が把握できていないのが実情です。
その後、在日スーダン大使館、セネガル大使館、タンザニア大使館を訪問し、「世界津波の日」制定の国連決議支持のお礼と普及啓発プロジェクトへの参加要請をしてまいりました。
どの国も大変友好的でしたが、セネガル大使の我が国に対する熱い思いが印象的でした。
 
     
 

2016年9月1日(木) 防災の日、台風被害も甚大です。
今日は鹿児島に参りました


 9月になりました。今日は、防災の日ですね。
北海道、北東北を中心とした台風被害は甚大です。
統計を取って以来初めてということが言われますが、地球の歴史から見ると余りにも標本数が少な過ぎるということなのでしょう
今日9/1は、鹿児島に行ってきました。
「水土里サークル活動シンポジウム」に参加し、情勢報告をしてきました。
3事例の発表がありましたか、どこも取り組みのレベルが高く、関心しました。
徳之島の中学生と小学生が郷土に伝わる民謡を披露してくれました。
地域固有の伝統文化、これも多面的機能ですが、しっかりと後世に引き継いで行くことが重要です。
素晴らしい歌声におおきな元気をいただきました
   
 
 
 
 

2016年8月31日(水) 熊本県森林組合連合会要請活動にご一緒し、
夕方は国営栃木南部土地改良事業着手祝賀会に出席しました


 8月31日、熊本県森林組合連合会(前川会長)の要請活動に熊本選出の金子代議士、坂本代議士とともに同席しました。
前川会長は熊本県議で私が熊本県庁に出向していた時に大変お世話になりました
金子代議士は、ご案内のとおり農水政務官、国交副大臣等の要職を歴任され、私が農水省時代の山村振興法改正時に大変お世話になり、現在もご指導をいただいております
夕方には栃木県小山市で開催された国営栃木南部土地改良事業の着手祝賀会に出席しました
 
 
 
 

2016年8月30日(火) 国会での活動から仙台での農業農村工学会大会交流会まで慌ただしい1日でした

8月30日は、本当に慌ただしい中にも充実した一日でした。
朝8時から鳥獣害関係の合同会議、農村基盤整備議員連盟、離島振興特別委員会、国土強靭化推進本部、奄美振興特別委員会と昼過ぎまで自民党本部での会議に出席しました。
その後、議員会館で来客の対応をしてから、仙台で開催の農業農村工学会大会交流会に出席して、帰京しました。
交流会では大学の先生や多くの専門家の皆様にご挨拶しました。 
 
 
 
 
 
 

2016年8月29日(月) 世界津波の日制定支援をいただいたジンバブエ国のアブ-バスツ駐日大使に御礼

 8月29日、「世界津波の日」制定(11/5)に当たって国連総会で我が国の提案を支持していただいたジンバブエ国のアブ-バスツ駐日ジンバブエ大使にお会いして、お礼を述べてきました。
本年は「世界津波の日」の元年にあたり、我が国と国連国際防災戦略事務局(UNISDR)との連携の下、世界各地で普及啓発イベントを開催する予定です。
 
 

2016年8月29日(月) 自民党国土強靭化推進本部で土地改良支援の重要性を訴え

 8月29日は、自民党国土強靭化推進本部の下に設置された「平成28年台風による北海道被害対策委員会」と「北海道総合振興特別委員会」に出席しました。
災害復旧に向けて全力で取り組まねばなりません。
北海道特委で、私から
①査定前着工をはじめ災害復旧に当たっての国、道による市町村、土地改良区支援(技術職員)の必要性、
②当初予算確保の重要性について訴えました。
 
 
 
 
 
 


2016年8月26日(金)~28日(日) 札幌で研修会に出席しました

 8月26日~28日、札幌で研修会に出席しました。
大変有益な講話を9コマ拝聴しました。
しっかりとノートを取り、復習しながら今後の活動に活かしていきたいと思います。
研修の合間に小樽を訪れ、夜は石狩市で開催された花火を観賞しました。
大変、有意義な週末を過ごしました
北海道の台風被害の状況が明らかになってきました。
しっかりと被災者の方々に寄り添いつつ災害復旧と再度災害防止に取り組まなければなりません
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年8月26日(金) 自民党農林水産戦略調査会・農林部会合同会議に出席しました

 8月26日は、自民党農林水産戦略調査会・農林部会合同会議に出席しました。
平成29年度概算要求案の説明がなされました。
私なりに年末の予算確保に向けた決意を述べさせていただきました
本年度補正予算の対応を含め農林水産省の皆様には、本当に頑張っていただきました❗
しっかりと予算を執行し、大きな効果が得られるよう関係者一丸となって努力していかなければなりません
 
 
 
 

2016年8月25日(木) 水土里ネット北海道の臨時総会で講演を行いました

8月25日、水土里ネット北海道の臨時総会で講演を行いました。
補正予算や概算要求の内容等について話しました。その後、意見交換を行いました
現場の課題や台風被害の状況などについて率直な意見を交わすことができて、本当に有意義でした。 
 
 
 
 
 
 

2016年8月24日(水) 昼は自民党北海道総合振興特委出席、夜は、千葉県柏市の土地改良関係者と意見交換しました

 8月24日は、都内で自民党北海道総合振興特委に出席しました。
1週間に台風が3回も北海道に上陸したのは、統計をとって以来初めてとのことで、各地で甚大な被害が出ています。
まだ全容が確認されてませんが、農業被害も約9000haに及ぶとみられ、収穫を控えた農家の方々の胸中いかばかりかと、心からお見舞い申し上げます。
早期復旧に全力で取り組まねばなりません。
夜は、千葉県柏市の土地改良関係者と意見交換会を行いました。妻が花束をいただき感激でした
 
 
 

2016年8月23日(火) 新潟に国政報告に行ってまいりました

 8月23日の夕方、新潟に行って参りました。
関係者の皆様に国政報告をさせていただきました。
早速、今朝の会議の内容を報告し、予算成立後速やかな執行による効果の早期発現の重要性と、それに向けた体制整備の必要性を説明しました。
予算が確保される見通しが見えてきて、関係者の皆様の表情が本当に明るく溌剌としているのが印象的でした
 
 
 

2016年8月23日(火) 朝、自民党農林水産戦略調査会・農林部会合同会議に出席しました

8月23日、朝に自民党農林水産戦略調査会・農林部会合同会議に出席しました。
本年度第二次補正予算案で農業農村整備関係予算が1752億円と昨年度の補正予算(990億円)に比べ約1.8倍と大幅に増額される予定です。
予算不足で農地や水利施設の整備が遅れている地域の農家の皆様にとって朗報です。
24日に閣議決定されると臨時国会での審議になります。しっかりと審議し、早期成立を図ることが重要です。 
 
 
 
 

2016年8月22日(月) 広島県福山市、市長選候補者の枝広なおき さんの応援です

 8月22日は、広島県福山市に行ってきました。6月22、23日の豪雨で市街地を通る農業用水路が溢水しました。
市街化の進行に伴う農業水利施設の管理の問題を今一度掘り下げて検討する必要があります。
また福山では老朽ため池の耐震化対策も重要課題です。
現在、福山市長選真っ只中です。農山漁村振興にも造詣が深い市長候補者の枝広なおきさんを応援してまいりました
当時の大蔵省枝広さんには、農水省係長時代に大変お世話になりました

2016年8月21日(日) 川崎市秋田県人会納涼大会に出席しました

 8月21日は、仙台から川崎に移動し、川崎市秋田県人会納涼大会に出席しました
6月の総会には姉が代理出席しました。生演奏の尺八と素晴らしい民謡を聴いて、
秋田の四季それぞれに懸命かつ前向きに生きてきた郷土の先人に想いを馳せました❗
田中和徳代議士からも色々とご指導を賜りました。
秋田出身の川本県議、斎藤市議も本当に頼もしい心強い方々で、炎天の中に豊かな稔を想起させる一日でした
   
 
 
 

2016年8月20日(土) 仙台で多くの友人に会いました

 8月20日は、仙台で多くの友人に会いました
30年振りにあった友人や学生時代と外見は大きく異なるものの酒量や話し方が全く変わらない友人など、本当に懐かしかったです。と同時にこうした大切な友人達に支えられ育てていただいたのだと感謝で一杯でした
 
 

2016年8月19日(金) 夕方、明日の宮城の農村を考える会、北水会の宮城県支部総会懇親会に出席しまし

8月19日、夕方に仙台で行われた「明日の宮城の農村を考える会」に出席しました
その後、岩手大学農学部の同窓会である北水会の宮城県支部総会懇親会に出席しました。 
 
 

2016年8月19日(金) 「食の安全を考える女性の会」の皆様が議員会館を訪問

 8月19日、「食の安全を考える女性の会」の皆様が議員会館に来られました。
食の安全の確保は、量的にも質的にも我が国の大きな課題です。
この国の将来を真剣に憂い、行動を起こそうとの熱意に感動しました。
微力ながらご支援、ご協力させていただきたいと思います
 
 
 

2016年8月16日(火) 秋田の実家に帰省しました

 秋田の実家に墓参りのため帰省しました。快晴で暑い秋田でした❗  
   
 
   


2016年8月4日(木) 二階幹事長に改めてご挨拶いたしました

 8月4日、自民党二階幹事長に改めてご挨拶いたしました
自民党が国民の皆様のご期待に応え確かな成果を出せるよう、安倍総裁のもとで一致団結していかねばなりません
 
 

2016年8月3日(水) 初めての臨時国会が閉会し、要請活動開始です

 8月3日、臨時国会が閉会となりました。
3日間でしたが全てが新鮮でした。
全国各地から多くの要請が寄せられてます
8月4日には漁業関係で、幹事長室に同行して二階幹事長に要請いたしました
 
 
 
 
 

2016年8月1日(月) 参議院初登院です

 8月1日、お陰さまで初登院いたしました
皆様のご支援に感謝しつつ、しっかりと頑張ってまいります。
引き続き宜しくお願い致します
 
   
 
 

2016年7月26日(火) 参議院任期まりの農林水産省前です

 本日7月26日、いよいよ参議院の任期が始まりました
出身の農林水産省前で議員バッチを着けて記念撮影しました
気の引き締まる思いでした。
また、広島に伺い、昭和28年から3期18年を土地改良の代表として参議院議員を務められた故重政庸徳先生にご挨拶申し上げました
   
 

2016年7月26日(火) 参議院議員の任期の始まりです

 7月26日から参議院議員の任期が始まります
その前に国政で活躍された土地改良の先輩(故人であり胸像)を表敬いたしました
「和以為貴」をよく説かれた小林國司先生です
   
 


2016年7月22日(金) ようやく離陸です

 ようやく滑走路に入り、離陸出来そうです❗燃料満タン、視界良好です
皆様の思いを乗せてしっかりと頑張ってまいります�
 
 


2016年7月22日(金) 7月13日以降挨拶回りです。まずは西日本方面から

7月13日以降、まずは西日本方面から挨拶回りをしています
ご支援の御礼はもとより、今後の活動に当たってのご指導、ご協力のお願いをしております 
 
 
 
 

2016年7月20日(水) 三連休はリラックス

三連休は、家族(特に愛犬ルリー)の慰労をしました。
ペット同伴の宿に行ったのですが、ルリーが興奮して大変でした
豪華な朝食には、大満足の様子。
普段は野菜が好きなルリーも、やはり肉類から平らげてました。 
 
 
 
7月11日、後援会事務所で当選報告会を開きました。
多くの皆様のご支援に、ただただ感謝です❗
また、7月15日、総務省において当選証書が授与されました。
一層、気が引き締まる思いです 
 
 
 
 
 18日間の選挙期間が終わり、7月11日13時より、選挙結果の報告会が行われました
当選が決まり、明るい笑顔の皆さんが立錐の余地がないほど集まっていただき、多くの関係者の皆様のお祝いの言葉いただきました。
当選を祝って、万歳三唱。
進藤さんの御礼の挨拶の後、ダルマの目入れ式が行われ、お茶で乾杯
盛会のうちに報告会が終了しました。
皆様、18日間の選挙戦、お疲れ様でした。ありがとうございました!!!